いたずらっ子たち

Rudy

状況を説明しなければならないでしょう。

いつもRudyは私と一緒に寝ます。

でも、掛け布団の上に、です。

暑がりのワンコは決して掛け布団の中になんかいられません。

(一部、掛け布団を使うワンコがいるようですが、我が家では皆無です)

では、この写真は?

ベッドメーキングしている最中に、止めるのも聞かずに

ベッドに駆け上り、「降りなさい!」と何度行っても聞かないものだから、

上から、ベッドカバーと彼専用のバスタオルをかけたのに、

意地を張ってその下に留まっているところです。(笑)

最初は鼻先だけだしていたのですが、だんだん露出してきました。

でも、こんな可愛い子を叱れませんよね〜(汗)

 

さてこちらは、

エンネとジーの双子姉妹。

どこにいるかといえば、

煙突の下には、ペレットストーブがあるのです。

そこで、彼女達が選んだ場所は、暖かい風がふんわりと舞い上がる絶好の場所。

よく分かってるのよね〜。

下が硬いかと思って、ひと頃座布団を置いてあげたら無関心。

それをとったらまたここに!

ニャンズの気持ちはわかりまシェーン!

Keiko

italia-keiko.net

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

いたずらっ子たち」への2件のフィードバック

  1. かまってワンコと、お構いなくニャンズ、でしょうか?
    どっちも可愛からどっちでも許します(^^)v
    猫は冬は暖かいところ、夏は涼しいところがわかるみたいですね。
    どんなアンテナが立っているやら?

    1. >かまってワンコと、お構いなくニャンズ、でしょうか?
      いえいえ真逆だと思います
      Rudyは、できれば放って置いて欲しい。
      ニャンズ(中でもエンネとオット)は、できれば活用できるものは活用したい。
      マンマのお腹も暖かいけれど、Rudyのそれも悪くない。と判断したものと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください