ちょっとうれしい日

パルコディローマ

今日は、ローマのParco di Romaというゴルフ場へ行ってきました。

例のシニアコンペです。

で、まず朝一番に嬉しいことが。

わたしは、日中はそうでもないのに、朝方は頻繁にトイレに行きます。

そこで、高速道路のサービスエリアにもよく立ち寄ります。

今朝、行ってみたら、丁度お掃除中でした。

「入っていいですか?」と、声をかけたらお仕事中の若い女性が

「どうぞどうぞ」

数年前なら外に『清掃中』の看板を出して入れてくれなかったものです。

しかも、私が入った直後に手を乾燥させる機械を作動させて

きっと、私の発する様々な音を消音してくれようとしたのだと思います。

外に出たらお礼を言おうと思っていたら、

なんと彼女は遠くに控えていて、最後まで気持ちの良い方でした。

後ろから「ボンジョルノ!」と、声をかけて車に戻りましたが、

朝一に、とっても嬉しい思いをしました。

 

さて、このゴルフ場はそもそも元貴族が作ったと言われ、

会員もそれなりの方々が名を連ねており、一見さんお断りのようなところでした。

でも、経営に行き詰まり、昨年は破産したということで、閉鎖の危機に至っておりました。

そこに救世主が現れて、今は再建の真っ最中。

そんな事情で、ここでのシニアコンペはたしか3年ぶり?

 

何よりもの変化は、スタッフが皆親切になったこと。

以前は、受付といい、Barの係員といい、

みんな木で鼻をくくったような人たちばかりでした。

ところが、今日はすべての人々が、気持ちよく接客してくれました。

 

人間にとって、日々の生活の中で、一番嬉しいことは

素敵な人たちに出会うことですよね。

 

私の成績は、今シーズンで一番少ない点数でした。(汗)

ただ、 成績には繋がらなかったけれど、プレーそのものは悪くなく、

失敗しても、気持ちのいい失敗でした。(わかるかなぁ?)

 

一緒にラウンドした二人の上級者たちが何度も褒めてくれたことでも

プレーがそんなに悪くなかったと言えるでしょう。

でも、まだまだ私は未熟者で、手に負えないシチュエーションに出くわしたりしたのでした。

そのあたりも、ご一緒した上級者がしっかり教えてくれたので、次回からはなんとかなるでしょう。(楽天家)

 

ということで、入賞は逃しましたが、くじ引きでクロスタータをゲットし、

久々の秋晴れの中での、親しい人たちとのラウンド、悪くない一日でした。

くじ引き