冷たい大使館

まだイタリアに住みはじめて間もない頃、

何かの申請に行ったか問い合わせをしたか

とにかくローマの在イタリア日本大使館と 関わった時に

大使館は当てにならないと言うか、

ここに住む日本人の助けにはなってくれそうもないという印象を受けたのでした。

 

とにかくそれ以降はどんな手続きにしても全く期待しないで行ったので、

特に腹を立てることもなく 今日に至っておりますが、

今年の11月に10年旅券が切れるので、

ローマ市内の交通量が少ない8月に更新手続きに行こうと決めました。

 

大使館のホームページによると遠隔地に住んでいるものは、

午前11時までに手続きをすれば 当日受領できる

とあったので 電話でその確認を取ろうとしましたが、

返答してくれた女性大使館員の答えは

木で鼻をくくるというのでしょうか

まるで氷のように冷たい言い方で、マニュアルを読んでいるだけのような返答でした。

 

「ローマ県内に住む方はその対象になっておりません」

私「あのー、お向かいの家はすでにフロジノーネ県という結構な遠隔地に住んでいるのですが」

「 ローマ圏内に住む方はその対象にはなっておりません」

私「10年前には確か当日支給していただいたように覚えているのですが」

「 ローマ圏内に住む方はその対象にはなっておりません」

 

こちらが穏やかに話をしているのだから

もしもイタリア人なら「すみませんねぇ、そういう規則になっているので…」

「 猛暑の中を何度も来ていただくのは恐縮ですが…」

などなど、何か人間的な言葉が聞けるものですが、

問題の解決にはならなくても、こちらの気が済むような話の仕方をしてくれるものです。

 

もちろん必ずしもそうとは言えませんが、

同じ日本人で祖国を遠く離れて住んでいる者同士、

最低限のリスペクトと言うか、

何か最低限の心根というものが感じられるような話し方はできないものでしょうか?

 

早くロボットがこういう仕事を担当してくれればいいなと思います。

だったらこちらも腹の立つ度合いが少なくて済むでしょうから。

長かったトンネル

写真は2ヶ月ほど前のコンペ、

ローマのパルコ・ディ・メディチというコースです。

—————————————-

 

時々、ゴルフの絶不調を訴えていますが、今回のは長かったぁ。

そして、まだ完全に立ち直っていないかもしれないけれど

少なくともあの恐怖感はなくなった気がします。

 

初打を打つところはティーイングラウンドと言って

ゴルフをなさらない方々でもテレビなどで見ることがあると思いますが、

あそこに立って、クラブを振り上げる、

そして切り返しの時にものすごい恐怖感に襲われて

クラブをどんなふうに下ろして良いのかわからなくなり

でも、止まってもいられないから引き下ろすんだけど、

もうその動きはめちゃくちゃで、クラブヘッドは方向が決まらないし

ボールを捕まえられずにまたしても前方に飛んだり

左下に転がったり、意味なく天ぷらになってしまったり…

 

趣味のことだから、仕事や健康上のことじゃないのだから

悩むと言ってもたかが知れていると思われるでしょうが、

ゴルキチたちは一日中ゴルフのことを考えているわけで、

そのゴルフが不調なら、しかも単なる不調ではなく病に近い状態では

他の日常生活に置いても気が休まらず不安な日々を過ごしました。

 

イタリア人たちは不調のときはゴルフから遠ざかるのが良いといいますが、

私はそういう時に遠ざかってしまったらもう戻れなくなるのじゃないかと思って、

なんとか続けてきました。

と言ってもひところに比べるとかなりその頻度は落ちています。

 

今までは本当に通勤するかのようにほぼ毎日行っていたものですが、

最近は天候に左右され、怠けぐせも手伝って

雨だから行かない、猛暑だから行かない、チョット用があるから…

と、自分で自分に言いきかせるようにして家の中でゴロゴロしていることが多い。

 

でも、やっとここ数日もとのスイングが戻ってきたように思う。

手応えが、もうあきらめていた感触が戻ってきて嬉しい。

 

Youtubeのレッスンを一日中見たり、実際にコーチにもついて

自分でも練習場で何百球ものボールを打ったりしたし、

不調でもコンペに参加して気持ちを盛り立てたりしてきた。

「こんなKeikoを見たことがない。」と幾人もの人に言われて

本当にもうもとには戻らないのではないかと思っていたこともあったけれど

この一週間、そこそこの成績でラウンドできている。

 

今日は久々に上手な男性二人とラウンドして、なにも賭けないけれど

勝敗を競ったら彼らに圧勝してしまった。

不調続きの私に少しハンデをおまけしてくれたのもあったけれど、

公式コンペにもまさる嬉しい勝利だった。