メルマガ イタリア人の勘違い

 

タイトル

N.014   イタリア人の勘違い


 

今日はとっても短い記事ですが、今じゃなきゃ面白くないの で書きました。

日本の皆さんは冬至が12月21〜23日だってご存知です よね?

 

ちなみに2019年は12月22日だそうです。

 

ところが、多くのイタリア人は冬至、1年で一番日が短いの が

12月13日だと思っているのです。

なぜならその日はサンタ・ルチアという聖人に捧げられた日 だからです。

サンタ・ルチアは知覚の守護聖人。

目の不自由な方々の聖人なのです。

だから、暗闇ということで、彼女に捧げられた日が

一年で最も日が短い、暗い時間が多いというふうに捉えてい るのです。

 

友人がそう言うので夏至や春分の日、秋分の日のことを話し たら

すぐに納得はしてくれましたが、

そして、おそらく学校でもそういうことは習ったはずです が、

カトリックの行事と深く関わり合って育った彼女たちには

昔からの言い伝えのほうが重みがあるのでしょうね。

 

ほんの些細な勘違い、もしかしたら我々日本人にも何某か

こういった習慣や勘違いがあるかもしれませんね。

 

こちらではそろそろ大掃除の季節です。

 

クリスマスと復活祭の前には大掃除をいたします。

日本はもう少し先ですね。

 

今朝、ゴルフ場で初めて氷が貼っているのを見かけました。

ただ、まだ山頂に雪は見当たりません。

 

例年に比べてこれまでは暖かかったということですが、

この先、おそらく帳尻を合わせるように寒気がやってくるの でしょう。

 

どうかみなさまも風邪など召しませんように。

2019年 12月 12日 Keiko