今年も…

これはメルマガで発行済み(8月9日19:00イタリア時間)の記事です。

 

今年もハチに刺されてしまいました。

本日、8月9日11:55

外出先から戻って日差しが強いのでパティオの日傘(ビーチ パラソル)を開けようとしてすぐに

右腕にチクっと痛みを感じました。

数日前からその付近にハチが居るのは分かっていたのですがま だ巣を突き止めていませんでした。

 

最初の痛みに身を交わしたのですが次の瞬間、数倍もの痛み を左手に感じました。

そこですぐに家の中に避難しました。

 

家に入ってすぐに水道水で痛みのひどい左手の刺されたと思 えるあたりを

絞るようにして洗い流し、その後虫さされ用の薬をつけまし た。

ただ、私はひどいアレルギー症なので念の為に抗ヒスタミン 剤を服用し、

更に抗ヒスタミン剤含有の軟膏も塗りました。

人差し指と中指の間に赤い点がみえますか?

刺されて5分ほどの写真です。

 

その後で確認のためにPCで、ハチに刺された後の対処法を確 認しました。

一番大切なのは局所症状なのか全身症状なのかということ で、

後者ならすぐに病院へ行くべきですが、私の場合はまず普通 のミツバチ

(まみるさんからの指摘でアシナガバチと判明)だと思うし

局所症状で、痛みは刺されたところだけだし吐き気もないの でまずは一安心。

 

落ち着いてさらなる対処法を。

冷やすと血管が収縮し毒が血管に入るのを遅らせるらしいの で冷凍庫から

保冷剤を取り出して幹部に当てました。

早急にいろいろと対処したつもりですがやはり腫れてきまし た。

写真は15分後のものです。まだ焼けたような痛みです。

 

お昼どきだったので、買ってきた甘海老の刺し身とイカソー メンを作って食べようとした時の写真。

刺されてからほぼ40分が経ちました。

ご覧のように腫れは小指を除く殆どの範囲に広がってきまし た。

内側も腫れています。

この頃から痛みが痒みに変化しました。

ちなみに右手内側は、

60分後には

ついに小指の付け根にも、そして手首の上の方にも腫れが広 がってきました。

1時間半後、

もうパンパンです。

これだけしか握れません。

と、ここまで書いてきて再度観察したら

腫れはますますひどくなっています。

手首の上、肘までの半分近くまで腫れています。

すでに刺されてから5時間40分が経過しています。

写真のサイズ直しやら、テレビを見ながらの作業で

さらに何度も飲み物やおつまみを台所へ取りに行ったりで随 分書くのに時間がかかっていますね。(汗)

 

ますます握れなくなっています。

痒みもひどいです。

ま、とにかく心配するようなケースでないことは確かなよう なのでこの辺で。

おそらく今夜は眠っているうちにかきむしってしまうかも。

 

そうそう、メルマガを書き始める前に蜂の巣の在り処を突き 止めました。

小さな鉢の下に…

この鉢、結構頻繁に移動させていたのですが、今まで気が付 きませんでした。

白い泡状のは殺虫剤です。

ハチには申し訳ありませんが場所を間違ってもらっ ちゃぁ困るんですよね。

お隣には養蜂場もあるのだからできればそちらに行ってくだ さいね。

 

いつもはすぐそばを通っていてもなにもしないのに今日はご 機嫌斜めだったのね。

ハチのおかげでこういう実りに巡り会えるのだから決して嫌いじゃないけれ ど、いじわるしないでほしいなぁ。

小さいけれどあまーい甲州なし。

(この写真はメルマガには載せませんでした。すももが家にあるって知らなかったかも(笑)