Miracolo!

氷雨の降る中、ジーを獣医さんへ連れて行きました。

エコーで大きな胆石を見つけてちょうど一ヶ月。

この一ヶ月の間、ペットフードを獣医さんが推奨したものに変更して

チューブ入りの薬を朝晩与えていました。

プラス、胆石に良いと評判のFiuggiの水。

 

ジーの様子も良くなって粗相をしなくなったし、2週間目ぐらいからは薬が入っていても

他の猫よりも積極的に食事をとるようになりました。

 

できることはやったわけで、少しでも胆石が小さくなって手術を回避できれば良いなぁと

祈るような気持ちで、車が嫌いなのか檻に入れられたことをぼやいているのか

ずーっと鳴き続けるジーに話しかけながら獣医さんの診療所につきました。

 

雨のせいか待合室には誰もいなくてすぐに診察を受けられるかと思ったら

私の後に来た方が小さな蛇を連れて来ていて

(この診療所を持つ獣医さんは鳥類と爬虫類の権威だそうで遠くからひとがやってきます。)

今その獣医さんが旅行中なのでジーとmomoがお世話になっているバルバラ先生が

その方の応対をしている間またもや待たされてしまいましたが、程なくジーの番になりました。

 

すぐにエコーでの診察になりましたが不思議なことに胆石が見つからないのです。

最初は私が前足を持ち上げて立つ格好で診察、

次に腹ばいにして、右向きから左に向きを変えたり、

今度はお腹を上に向けて診察したり…

ジーはmomoに比べるとおとなしくされるがままになってくれていたので助かりましたが

先生は首を傾げて「無くなってる、奇跡としか言いようがないわ。どこにも見当たらない。」

 

一ヶ月前にこのblogにも載せたようにしっかりと大きな胆石が写っていたのに

全く姿を消してしまったのです!

先生も私も半信半疑ですが無いものはないので、

念のために一ヶ月後に再度見ていただくことにして帰ってきました。

 

バンザ〜〜〜〜イ

 

*miracoloはお察しの通り奇跡という意味です。

momo回復

みなさま大変ご心配をお掛けしましたmomoですが、

今朝方再検診に連れて行ってきました。

またもやエコーでの検査でしたが、とても良くなっていると先生もご満足でした。

前回は私にはおっしゃらなかったのですが、

胆石の他にやはり膀胱炎も併発していたらしいのです。

その膀胱炎はすっかり良くなったそうですし、胆石も見当たらなくなっていました。

薬とキャットフードのおかげでしょうか。

もう、これで来なくていいとおっしゃったのですが、

私が心配そうな顔をしていたからでしょうか

一週間後に念のためにもう一度来なさいということで帰ってきました。

は〜、やれやれです。

 

来週の火曜日にはジーの再検査が待っています。

さて、どういう結果が出ますでしょうか。

momoも胆石

今朝、再度獣医さんにmomoを連れて行って来ました。

39.6度の熱。

注射が効いているうちはいいけれど効き目が薄れると熱が出るようです。

でも、今日は車中でチッチをしなかったのでついにエコグラフィーを

撮ることが出きました!

 

結果は。。。

 

ジーと同じく胆石だそうです。

ただまだほんの小さなものだそうで、今日注射を打っていただいて

次の金曜日にまた見てもらうことになりました。

 

4匹のうち2匹が胆石ということで原因は食べ物にあるのではないかと思って

どのように対処したらいいかと尋ねたら

ふさわしいキャットフードを指示してくださったので早速買ってきました。

今まではPULINA ONEというのをメインに時々は他のメーカーのもあげていました。

 

Hanaが避妊手術のあと、急に太りだしたので

ニャンズもみな避妊手術を受けているから

PULINA ONEのシリーズの(避妊した猫用)というのを買っていたのですが

このメーカーのを長く食べ続けると胆石になる例が多く報告されているのだそうです。

そんなこととはつゆ知らず、スーパーで手に入るし、

スーパーで売っているペットフードの中では軍を抜いて高価だし、

別の獣医さんはこれでもいいと言っていたので続けていましたが

本日獣医さんに指示されたのはRoyal CaninのUrinary(尿)というシリーズ。

カリカリもあるしペーストもあり両方買ってきました。

普段はカリカリでいいのですが今はジーに投薬中で

カリカリには薬が混ざらないからペーストを先に少量与えてその後にカリカリをあげています。

他の猫たちと全く違うものをあげると気になるようなので同じに見せかけています。

 

momoにも同じ薬をあげるのかと思ったらまだごく小さいからでしょうか

投薬の指示はありませんでした。

今日の注射の効果が2週間ぐらい持続するそうです。

 

また、 私の所属するゴルフ場があるFiuggioの街には

まさしく胆石に効果があるというミネラルウォーターが出るので

2週間ほど前に薬局(薬局で売られるほどその効果が世界的に知られている)

で買ってきてすべてのニャンズに飲ませています。

 

Rudyも同じメーカーのものを食べていたので

彼にも今日Royal Caninのを買ってきました。

来年からRudyはシニアシリーズのペットフードにしなければならないそうです。

 

まぁ、原因がわかってホッとしました。

原因不明の高熱ではこの先どのように対処していいかわからなかったから。

 

ジーもおそらく初期の頃には今のmomoと同じように熱もあっただろうし

元気のないときもあったのでしょう。

それに気が付かないで長く放置したから家の中にお漏らしするようになったわけで

責任を痛感しています。

可哀想によほど辛かったのでしょう。

これからはもっとよく観察するように心がけます。

 

まだジーのその後がどうなっているのかわかりませんが

とりあえずmomoに関してはあまり心配はいらないようなので

どうかみなさまご安心くださいね。

 

 

Gに胆石

数カ月前からジーが家のあちこちに粗相をするようになっていたのですが、

何故か私には精神的なことのように思えてふだんよりもコミュニケーションを

多くとるようにこころがけていました。

 

Rudyの獣医さんでの検診の際にジーのことを話したのですが、

獣医さんは特に指示をくださったわけではなく

「そういうねこもいるから仕方ないよね。」みたいな感触でした。

それでも、「時々尿がピンクいろなんです。」と言ったら

「もしかしたら膀胱炎が疑われるね。」ということだったので

数日前にまたかなりピンク色の尿を見つけたのでジーを獣医さんのところへ連れて行きました。

今はそういう検査にはエコグラフィーを使うそうでたまたまその日には専門の方がいなかったので

今朝、再度連れて行ってきました。

予め、朝食抜きでということだったので私も他の猫たちも

今朝は朝食を昼ごろとることになりました。

 

エコグラフィーはまるで自分が妊娠した時のような画面です。(笑)

検査を始めてすぐに獣医さんが「胆石ですね、かなり大きな。」とおっしゃいました。

可哀想にそのせいで気持ちが悪くてあちこちに粗相をしていたのです。

もっと早くに検査を受けさせていれば 小さなうちに早く治療できたでしょうに。

今は手術する範囲の一歩手前だそうです。

一ヶ月間投薬してみて変化がなければ手術ということになるようですが、

できれば薬でなんとか回復に向かってくれることを祈るばかりです。