息子との逢瀬

トリノに住んでる息子が試験を受けるためにローマに来ました。

でも、昨日(6日)の最終に近い列車でやってきて今日(7日)試験を受けて

明朝(8日)一番の列車で帰ってしまうスケジュールだったので

家までやってこないでローマの友人宅に泊まりました。

 

父親のところにと思っていたら時を同じくして父親はロンドンへ。

留守のところに行くのは嫌だったのでしょうか?

鍵は私も持っていることを思いつかなかったのか。

とにかく、今夜だけ会える時間があったのでガールフレンドともども

三人で和食ということになりローマへ迎えに行きました。

 

会うなり喧嘩。

きびすを返していってしまった。

 

私の車を運転したい息子の要求を聞き入れなかったから。

同時に街の反対側にいるガールフレンドを迎えに行くという息子に

今はラッシュ時だから地下鉄で来てもらったら?と言ったことにも不満だったようで

それはGFを蔑ろにしたというよりローマの町のことを私のほうがよく知っていることへの反発かな?

あるいは昨夜2時間しか寝ないで試験に出掛けて

しかも午後の試験の時間がその場で1時間以上も短縮されてしまって

全ての問題を解く時間がなかったから私と合う前から苛立っていたのかも。

 

とにかく母親は辛抱が何より肝心。

まずはGFとコンタクトをとってどこで会えるか再確認して

息子にチャット、「GFの居場所がわかったから一緒に迎えに行こう」

「さっきはパニクってごめんね。」

などと書いて待っていたらチャット上に自分の居場所を表示。

そちらへ車を向けて着いたらハンドルを彼に渡してなんとなく仲直り。

 

GFにも辛く当たっていたようで彼女が電話をしても返事をしない。

そこで私が直接電話連絡をとって、彼女が地下鉄に乗っていることが判明。

そこですかさず当初予定していた和食レストラン

あいも変わらず「おかあさん」へ行くことに。

 

ものすごいラッシュの中を息子が運転してやっとGFと合流。

まだレストランの開店には時間があったので食前酒をとりにビストロへ。

その頃はもうすっかりいい雰囲気。

若者二人はスピリッツ、私はビールでサラミやチーズの盛り合わせ、

ポテトチップス、グリーンオリーブ、ピーナッツなどをつまみ

他愛のないことを喋りながら小一時間が経ちました。

 

そこから歩いて10分ほどのおかあさんへ。

和食レストランには慣れていないGF、しかも彼女はベジタリアン。

そこで料理の内容・材料を知っている私が全て彼女のために注文し、

参考までに枝豆(量が多いので三人で分けた)、揚げ出し豆腐、かっぱ巻きとおしんこ巻き、

お好み焼き(イカもブタ肉もなにも入っていないもの)

 

息子には餃子、天ぷらうどん、揚げ出し豆腐(私とシェア)

舟盛り(刺し身と寿司の盛り合わせ、私とシェア)

追加握りトロ、タコ、イカ(日本なら定番のタコ、イカが舟盛りに入っていないのは

やっぱりイタリア人にはあまり一般的じゃないのかも?)

 

アサヒビールとサッポロビールを空けていよいよ最後のDolce(甘いもの)

抹茶入りチーズケーキ

抹茶入りトルタ

三色団子?串団子?三人ともこれが一番気に入りました。

 

梅酒も飲んで三人共上機嫌。

GFも和食をとっても気に入ってくれたし

息子ももちろん好きなものを食べて仲直りできて幸せ。

わたしは。。。

言わずもがな^^

 

Paoloがこの夜ロンドンから帰ってくるのだけれど迎えはすでに手配しているし

空港での出迎えのサプライズはしないでおこうと決めました。

なぜなら少しビールや梅酒

(お会計の時にまた梅酒をサービスしてくれたのでひとり2杯ずつ飲みました。)

を飲んだ私が家までちゃんとたどり着けるかGFが随分と心配していたので

まっすぐ帰ってそのことを知らせてあげたほうが良いと思ったから。

 

別れ際に息子が「Scusa=ごめん」

「Ti voglio bene=I love you」とわたし。

GFもホッとした様子。^^

こうして約5ヶ月ぶりの息子との逢瀬は終わりました。

 

息子と二人

うちの息子をご存じの方も多いですが、きっとどちらかというといい印象を持ってくださっていると思います。

事実、今まで息子に関してマイナスな事は噂すら聞いたことがありません。

でも、典型的な内弁慶なのです。

我々両親に対して許せないと思っていることが最低2つあります。

ひとつは陽介(Yoske)という名をつけたこと。

ごく普通のイタリア人の、誰もが一度聞いただけでわかる名前が欲しかったようです。(汗)

 

もうひとつは中学に上がった年に今の家に引っ越したこと。

中学も変わったしそれまでの友人たちと遠のいてしまったこと。

もちろん新しい学校で新しい友人たちができたものの、しばらくはかなり寂しかったのでしょうね。

毎日のように昔の友達のいるところへ送り迎えはしていたのですが…

 

そういう下地があるからかどうか、何か気に入らないことがあると猛り狂います。

何か一言、彼にとって間違った言葉や態度を取ると大きな声でそれを非難します。

思春期だからとこちらが我慢していたのがいけなかったのでしょうか?

26歳の今もあまり変わりません。

 

でも、普段はとても優しい子なのです。

パスタを作ってくれたり背中をさすってくれたり、自分の友人たちのことをあれこれ話して聞かせてくれたり。

私にだけではなく友人たちにもいつも奉仕、アマゾンのアカウントを持たない友人のために自分の名で品物を取り寄せたけれど家に配達してくれなかったので今日も隣町まで行ったり…

 

そんな難しい息子だから言い争いをしないで一日が過ぎるととても嬉しいです。

今日はそんな平穏な一日でした。

一緒に昼食をとり、たくさんのヴィデオを一緒に見ました。

きっと一般的な息子さんならいい年をして母親とこんなふうには過ごさないでしょう。

もっと距離を置いているんじゃないかと思います。

きっとうちの息子はまだ中身が子供なのでしょうね。

良い親になる講座

「良い親になる講座」なんていうのがあるのでしょうか?

でも親になってからでは遅い気がします。

せめて高校の最終学年で心の準備をさせなくては?

結婚するときには集中講座に通って合格点を取らない限り子供を作ってはいけないことにするとか?

 

馬鹿なことを言っているのはわかっています。

 

でも、息子と口論をするといつも100%息子に理があるように思えるのです。

これはまだ自分自身が子供だからでしょうか?

 

だったら大人になる講座が必要ですね。

 

年齢で成人だと決めるのではなくて人間としてのキャパシティーというか

ものの考え方や、対処の仕方やそういうことで大人の基準を決めるべきなのではないでしょうか?

ひとり

一人でいるのが大好きな私。

いつも日曜日息子と主人を送り出して万歳をするほど一人でいるのがすき。

でも。。。今夜はちょっと違う。

主人は火曜日から出張で明日の夜にならないと帰ってこない。

そして息子はといえば、初めて友達とピッツェリーア(ピザやさん)へ行ってしまった。

わたしも高校生の頃お好み焼きやさんへ行ったから、

そろそろそういうところへ出入りするのも当たり前だと思う。

父親に電話で話したら、「今はじめなきゃ手遅れだ」といっていた。(笑)

でも、せめてどんなピッツェリーアなのか見たかった。

息子は友達との待ち合わせの場所に着く前にここで降ろしてくれといって車を降りていった。

そりゃぁ、年頃だし友達は近くだからバイクできているんだろうし、

こんなおかんが後ろからついてきたのでは面目丸つぶれだとは思うけれど、

土曜の夜、混雑した道路際で、そそくさと別れていった息子。

今生の別れのような気がして泣けてきた。

うちにつくと、なぜかKenとHanaが、家の中に入りたがった。

わたしも気がまぎれるだろうから入れてやった。

今夜はきっとゆっくりゆっくりと夜がふけるのだろう。

 

1時間半後。。。。

電話をくれました。

「マァ(mamma)、10時に家を出て僕を下ろしたところへ来てくれればいいよ。

ここは10時半になるとみんな追い出されるんだって。」

 

いい子です。

親ばかとお笑いください。