祝復活祭

今日4月1日は今年2018年の復活祭でした。(毎年変わるからね)

何故か復活祭はお天気が悪いことが多いのです。

ま、季節的に(3月下旬から4月中頃)天候は不順なのですが

みなが春めいてきた陽気に誘われて外に出たい時だけに

お天気が悪いとそのがっかり度も倍増します。

今年も天気予報では雨になっていたのですが、幸い好天気になりました。

 

我が家は敬虔なカトリック信者ではないのですが

Paoloも代理店を締めていて暇だし、私は明日コンペがあるので

今日はNOゴルフデーに決めていたのでまたローマへ行ってきました。

 

昼食はあいも変わらず「おかあさん」(笑)

今日こそは食べたものを全部撮影しようと張り切っていたのに

撮れたのは、

ビールと枝豆 デジタルメニュー

この2つのみ。(笑)

後はメニューを選ぶことや、前回きた時にblogにした記事を見てもらったりで

すっかり写真のことは忘れてしまいました。

食べたのは餃子と枝豆で始まり、鮭のたたきとイカの鉄板焼き、そして寿司盛り合わせ。

 

食後にはボルゲーゼ公園地下の駐車場からゴルフカートで町を散策。

いいお天気なのでボルゲーゼ公園は沢山の人出で賑わっていました。

もちろんその他の場所もツーリストや地元の人達でいっぱい。

ボルゲーゼ公園 ジジババセルフィー

フラミニオ広場

フラミニオ広場

アラ・パチス アラ・パチス2

こういう大きくて四角張っていて白っぽい建物はムッソリーニの時代のもの。

彼がいなかったら今でもフォロ・ロマーノに羊飼いたちが居座っていたことでしょう。(笑)

 

こういうことで、ジジババも復活祭の休日をそれなりに楽しんだのでした。

 

 

復活祭・食事編

今年は復活祭らしい食事になりました。

多少の地域差はあるにしても、おおかたの地方で復活祭の典型的な食べ物は子羊の料理です。

Agniello(アニエッロ)と呼ばれる子羊は、まだほんとうにちいさくて、

だから肉は柔らかいし、きつい匂いもないしおいしいです。

ロンバータ(骨付きステーキ)といっても一切れが一口大ほどしかありませんので、

それらをたくさん用意してスパイスを効かせてオーブンで料理します。

まず塩をしてスパイスとともに白ワインに半日ほど漬け込むのですが、今年はビールを使いました。

付け合せはポテトをやはリオーブンで焼いたもの。

もう一品カルチョーフィ(アーティチョーク)のローマ風煮込みも作りました。

最後は、例によって少し不細工な私の作ったクロスタータ(ジャム入りタルト)。

ジャムは今回1ヶ月ほど前に作ったオレンジマーマレードを使いました。

あまりうまく出来なかったから早く使ってしまいたかったので。

そして、ソレントからPaoloが買ってきたばかりのリモンチェッロ。

なんだかここ数日テレビのニュースで話していたのとおんなじメニューになりました。