Tivoli

Tivoliへ行ったのは何年ぶりでしょうか?

思い出せないくらい以前のことです。

 

Segni(セーニ)近郊は前回ご紹介したし、

ローマはPaoloがしっかりご案内したし、

ふと思い出して、Tivoliを提案しました。

 

噴水庭園がすばらしいことで世界的に有名なエステ家の別荘があるところ。

そして、1740年から開業しているSibillaというステキなレストランのあるところ。

歴代の法王様方や世界中の重鎮、そして我が国の天皇陛下もお越しになったところ。

忙しいツアーなどでは近寄ることもできませんが、

青花さんたちはいつもゆったりとその地の雰囲気を楽しむ方々。だから。。。

 

長年行かないと道路事情駐車場の事情が変わっているのでそのあたりは前日に調べておきました。

庭園に一番近い駐車場についたらそこはレストランにも近いところだったのです。

レストランの名前が見えるかな?

横に見えている遺跡は「ベスタの神殿」それぞれの街で一番重要な神殿でした。

その文化財がレストランの庭に存在する、イタリアならですね。

元若者たちが撮影に一生懸命。

はい、振り向いて!

ローマにたくさんある水飲み場がここにも。

ではいくつか噴水の写真を。

あら、この2つだけ?上はヴィーナスの噴水、下は百の噴水と呼ばれています。

この日は晴天でいささか暑かったので早々に引き上げました。

先程遠くに見えていたヴェスタの神殿。

ここは断崖の上になっているので下の方に小さな滝などが見えます。

若くてハンサムなウエイターさんがメニューを持ってきてくれました。

しかもとっても丁寧な言葉遣いにちょっと戸惑う私達。(笑)

海の幸の前菜と山の幸の前菜を取りました。

写真はどちらも山の方、海のほうが出てきた頃にはテーブルが一杯で

取り分けたり片付けたりに忙しくて写真も撮りませんでした。

 

紫のじゃがいもで作ったというニョッキは見た目がこんにゃくのようで一瞬ドッキリ。

ここは山の上の街ですが、格のあるレストランにはほぼいつも新鮮な魚介類が入っています。

マグロのタタキやタイのカルパッチョに感動。。。

(したのは私だけで皆さんはもうお腹がはちきれそうと(笑)

 

最後に天皇陛下のご来店記念の大理石の石版を見に行ったらなんと上皇様のものでした。

私の記憶の中では皇太子様でしたが、ひと世代いやふた世代?違っておりました。^^

ゴルフ〜〜〜

青花さん御一行との二日目は、ゴルフ〜〜〜!

 

雨天決行という心構えだったのが幸いしてか雨は降らず。

みなの日頃の行いがこういう時に物を言うのでしょう。^^

気持ち良い雨粒が3つほど落ちましたが、逆に暑くなくて幸いでした。

19ホール目、つまりラウンド後のビールで乾杯時には寒さを感じるほどでした。

 

同行されたW氏の奥様は、ご主人のゴルフを見ることはあっても

まだご自分はやったことが無いそうで(すでにクラブ一式はお持ちなのだそうですが)

もしも退屈なさったら申し訳ないと思って引っ張り込みました。(笑)

 

こちらでは年に1回、5人でのプレーがあります。

4年でスクランブルプレー(一番いい条件のボールをみなで打っていく)をし、

まだゴルフ未経験の方にパターを手伝っていただくというスタイルです。

我々も5人。そして、一人は未経験者。

絶好のラウンドタイプでしょ?

つまり我々の中ででき具合をとやかく言うのではなく、

我々5人とコース(パーおじさん)との戦いです。

 

我がゴルフ場はパー70。

私の公式ハンデの半分以内で収まれば我々の勝ちかな?と思っていましたが、

なんと!9パー、9ボギーで回ったので9オーバー。

私のこのゴルフ場でのハンデは29(恥)なのでゆうゆう我々の勝ち!となりました。

 

嬉しいことにW氏の奥様もとても楽しんでくださり

これを機に本格的にお始めになるかもしれません。

 

私自身は、このところ絶好調だったのに、この日はあがってしまったか

いいとこを見せようという下心が災いしたのかさっぱりな有様でした。

一番の貢献者は青花さんでした。

気持ちの良いショットを次から次に繰り出し、ご主人もタジタジ。(笑)

最初から最後まで笑い声の耐えないラウンドとなりました。

 

では、次回はTIvoli行。

ゴルフ場では写真を撮らなかったので

アイキャッチ写真はTivoliの街を行く奥様方です。

I