息子との逢瀬

トリノに住んでる息子が試験を受けるためにローマに来ました。

でも、昨日(6日)の最終に近い列車でやってきて今日(7日)試験を受けて

明朝(8日)一番の列車で帰ってしまうスケジュールだったので

家までやってこないでローマの友人宅に泊まりました。

 

父親のところにと思っていたら時を同じくして父親はロンドンへ。

留守のところに行くのは嫌だったのでしょうか?

鍵は私も持っていることを思いつかなかったのか。

とにかく、今夜だけ会える時間があったのでガールフレンドともども

三人で和食ということになりローマへ迎えに行きました。

 

会うなり喧嘩。

きびすを返していってしまった。

 

私の車を運転したい息子の要求を聞き入れなかったから。

同時に街の反対側にいるガールフレンドを迎えに行くという息子に

今はラッシュ時だから地下鉄で来てもらったら?と言ったことにも不満だったようで

それはGFを蔑ろにしたというよりローマの町のことを私のほうがよく知っていることへの反発かな?

あるいは昨夜2時間しか寝ないで試験に出掛けて

しかも午後の試験の時間がその場で1時間以上も短縮されてしまって

全ての問題を解く時間がなかったから私と合う前から苛立っていたのかも。

 

とにかく母親は辛抱が何より肝心。

まずはGFとコンタクトをとってどこで会えるか再確認して

息子にチャット、「GFの居場所がわかったから一緒に迎えに行こう」

「さっきはパニクってごめんね。」

などと書いて待っていたらチャット上に自分の居場所を表示。

そちらへ車を向けて着いたらハンドルを彼に渡してなんとなく仲直り。

 

GFにも辛く当たっていたようで彼女が電話をしても返事をしない。

そこで私が直接電話連絡をとって、彼女が地下鉄に乗っていることが判明。

そこですかさず当初予定していた和食レストラン

あいも変わらず「おかあさん」へ行くことに。

 

ものすごいラッシュの中を息子が運転してやっとGFと合流。

まだレストランの開店には時間があったので食前酒をとりにビストロへ。

その頃はもうすっかりいい雰囲気。

若者二人はスピリッツ、私はビールでサラミやチーズの盛り合わせ、

ポテトチップス、グリーンオリーブ、ピーナッツなどをつまみ

他愛のないことを喋りながら小一時間が経ちました。

 

そこから歩いて10分ほどのおかあさんへ。

和食レストランには慣れていないGF、しかも彼女はベジタリアン。

そこで料理の内容・材料を知っている私が全て彼女のために注文し、

参考までに枝豆(量が多いので三人で分けた)、揚げ出し豆腐、かっぱ巻きとおしんこ巻き、

お好み焼き(イカもブタ肉もなにも入っていないもの)

 

息子には餃子、天ぷらうどん、揚げ出し豆腐(私とシェア)

舟盛り(刺し身と寿司の盛り合わせ、私とシェア)

追加握りトロ、タコ、イカ(日本なら定番のタコ、イカが舟盛りに入っていないのは

やっぱりイタリア人にはあまり一般的じゃないのかも?)

 

アサヒビールとサッポロビールを空けていよいよ最後のDolce(甘いもの)

抹茶入りチーズケーキ

抹茶入りトルタ

三色団子?串団子?三人ともこれが一番気に入りました。

 

梅酒も飲んで三人共上機嫌。

GFも和食をとっても気に入ってくれたし

息子ももちろん好きなものを食べて仲直りできて幸せ。

わたしは。。。

言わずもがな^^

 

Paoloがこの夜ロンドンから帰ってくるのだけれど迎えはすでに手配しているし

空港での出迎えのサプライズはしないでおこうと決めました。

なぜなら少しビールや梅酒

(お会計の時にまた梅酒をサービスしてくれたのでひとり2杯ずつ飲みました。)

を飲んだ私が家までちゃんとたどり着けるかGFが随分と心配していたので

まっすぐ帰ってそのことを知らせてあげたほうが良いと思ったから。

 

別れ際に息子が「Scusa=ごめん」

「Ti voglio bene=I love you」とわたし。

GFもホッとした様子。^^

こうして約5ヶ月ぶりの息子との逢瀬は終わりました。

 

おめでとうPaolo

Paoloの誕生日は24日でしたがローマが雪でパニックになった情報のほうが緊急な気がして。。。

満65歳、サラリーマンならとっくに定年ですね。

Paoloの辞書には定年という言葉はないようです。(笑)

彼の父親も70歳位まで現役でした。

父親よりも健康管理に気をつけているPaolo、きっと父親よりも現役を貫くことでしょう。

 

親子三人揃っての食事はクリスマスの一週間前に

あの、大きな粉ひき機があるレストランに行って以来です。

 

今回はPaoloの事務所の近く(ヴァティカン美術館の前)にある和食レストラン「おかあさん」

割とリーズルナブルなレストランで最近は土・日は予約を入れないと席が取れません。

予約の電話を入れた時も「8時か9時40分のどちらかです」と言われたほど。

私のほかはみなイタリア(もしくは他の国の)人達。

小さな小さなケーキがやって来ました。

餃子、カレーうどん、イカ入りお好み焼き、枝豆、刺し身とお寿司の舟盛り、お母さんオリジナルの巻きずし一本、もうひとつのケーキ、サッポロビール500mlを3缶、梅酒を各自、150ユーロなり。

以上、全く写真を撮るのを忘れていました。

 

三人ともお腹がいっぱい、好きなものが食べられてみんなおいしくて

三人ともとっても幸せ。