RudyとTorinoへ

アイキャッチ画像は、タップダンスを披露する方。

——————————————

12日土曜日の早朝 3:00,息子の住むトリノへ向かいました。

眠気と霧とナビの不具合に悩まされた往路、晴天で快適な昼間の帰路。

対象的な行き帰り、兎にも角にも印象的な体験でした。

詳しくは「出たきり邦人」の方にアップしましたが、ここでは写真で見ていただきましょう。

9時間ほどかけてやっとたどり着きました。で、ようやく陽介と再会。

ニモツをおいたらすぐにRudyのために散歩に出かけました。

そしたら2週間に一回という骨董市に出会いました。

市の間にあるレストランやBarの客席にはひとがいっぱい。

そう言えばトリノはイタリアで4番目に人口の多い都市のようです。

 

ローマ時代の遺跡を利用したオブジェ。

ユネスコの世界遺産に認定されているサボイア家の王宮

いくつかの観光名所を外から観覧。内側はまたの機会に。

陽介が子供に戻って駆け寄っていったピカチュー、撮影後に2ユーロ取られた。(笑)

自然も豊かな街でした。

約2時間、Rudyに引っ張られながら歩き続けました。

途中Barの野外席で休憩したらちゃんとRudyのために水も持ってきてくれました。

1泊だけの短い滞在でしたが、小さな町なのでほぼ回った感があります。

次回はRudyをどこかに預けてゆっくり美術館なども見てきたいと思います。