マッチプレー

今日はあのサングラスの大男との1対1の対決です。(笑)

もともとはこれがゴルフの形だったそうですが、最近はプロの試合でも少なくなってきましたね。

なんでもテレビの放送が大きく影響しているそうです。人気のプロが早々に負けたりすると視聴率が保てないし、放送時間の問題もあるようで。

ま、そんな話は我々アマには関係なくマッチが終わったあとも18ホールまでしっかりプレーするのだし。^^

 

で、きょうは・・・

出だしからさっぱりでした。言い訳がましいですが疲れは最高潮に達しています。頭痛薬とビタミンを飲んでなんとかしのいでいますが・・・

昨日のダブルでは私が応戦して (ここだけの話シルバーノさんは9ホールだけなんとか点数を稼いでくれたもののあとは全く貢献無く、そう言えばポーランド側も彼女がほとんどの点数を稼いでいたレディースデイでした) なんとか持ちこたえたのでAndy大男も兜の緒を締めてのプレーで、いきなり2点取られました。

3ホール目では彼のミスと私の幸運とが重なって1点取り戻し・・・

こんな感じでなんとかこの日も15ホールまで持ちこたえましたが結局負けてしまいました。

Andyさんは優しい方で後半は自分が点数を稼ぐごとに「Sorry,sorry」と。でも、振り向いたらすぐに相棒とガッツポーズをとっていましたが。(笑)

シルバーノさんも同時点で退散。

 

この日の夕食はまず6時に表彰式をしてその後クラブハウスのレストランで夕食、食後にこちらでは有名なバンドの演奏会があるので上着着用、という連絡が事前にあったので我々数人は6時にやってくるとまだほとんど人影なし。

きっとまた時間の変更があったのでしょうが連絡不行き届き。

とりあえずそこにいたものだけで記念撮影。

後ろに見えているように今回はポーランド勢の大賞。51対22ですもんねぇ。

おかしなことにイタリア勢で勝ったのはほとんどハンデの高い初心者ばかり。^^

この写真のお二人はどちらも勝者。最初に勝者二人だけの写真を撮って私も仲間に入れてくれました。^^

時間が来るまで、そしてレストランの準備が整うまで屋外で演奏者たちの練習風景を見たり聞いたり。 「ウン、なかなか行けそうな人たち」

やっと食事です、え?その前に表彰式じゃなかったの???

 

フォアグラをベースに少しアレンジしたアンティパスト、そうそうこの前にグラスを逆さにした上に一口大のアンティパストも乗っかっていました。

 

 

 

その後野菜サラダがでてきてこのポテト。

すごいピンぼけでごめんなさい。野菜とポテトをこちらではたくさん召し上がるようです。

 

 

メインディッシュは柔らかく煮込んだお肉でした。

 

 

 

カラッファに入ったお水。

すでに皆がついでしまったのでミルティッリが少しだけ残っていますがこんな感じで清涼感ある演出。

この周りの森では野生のミルティッリがたくさん取れるそうで、羨ましいです。しかもすごい大粒なんですよぉ。

このデザートはちょっとペザンテ=重い、とこちらでは言います。コテコテしすぎという感じでしょうか?

ほとんど残しました。

 

 

さて、いよいよ表彰式?

外に出て全員で記念撮影をしてトロフィーの交換。(拍手をしていたので写真は無し。)

トロフィーがイタリアからポーランドへ渡ってしまいました。10月にはイタリアでのライダーカップがあるので取り戻せるよう頑張りまっす。

すっかり暗くなっていよいよ演奏会です。

アコーディオンがメインで、ピアノとウッドベースというトリオ。

我々の年代にふさわしい曲目ばかりで皆盛り上がっていました。

最後にはイタリアの曲を数曲、ボラーレやオー・ソレ・ミオを大声で歌いました。

素敵な友人の笑顔でこの日を閉めることにしましょう。

 

 

 

 

 

 

4BALL

コンペには色んなスタイルがあって

4BALLと言うのは二人一組で、それぞれが自分のボールで最後までプレーして、二人のうちの良い結果をスコアに残すというものです。

つまりパー4で、Aさんが4打、Bさんが5打で上がったらそのチームの成績はAさんの4打を記入します。ただし、Bさんにはハンデがあって1打余分にストロークできるという場合は同点になるのでどちらのスコアでも同じです。AさんもBさんも4打で上がったらBさんのスコアは事実上3打扱いになるのでBさんのスコアを記入します。

この日の組み合わせは

 サングラスのお二人がポーランド人。

左端はシルバーノさんという私の相棒。この中で何故か私が一番うまいとされており、私がシルバーノさんとAnnaと呼ばれていた(本当はもっと難しい名前)彼女に4打のハンデを右の大きなAndyさんに1打のハンデをあげました。これはヨーロッパゴルフ協会のハンデに基づくものです。

ですが!このお二人実際の技量はハンデよりうんと上。

彼女は絶対にミスをしないタイプ。彼は当たればパー5でもツーオンしそうな飛距離。

シルバーノさんはこれまでずっと我流でプレーしてきた感じのスイング。^^

私はすでに二日間、好プレーが続いたもののここに来てドット疲れが・・・

言い訳がゴルファーらしくなってきたでしょう?(笑)

15ホールで負けが決定してしまいました。(シュン)

 

今までは彼らがイタリアに来た時に参加していたのですが、幸運にもいつも楽勝だったのです。それが今回は・・・

翌日は1対1のマッチプレーです。さてどうなることか。

 

とりあえずは夕食です。(笑)

今日はバスで近郊の町にある有名なレストランへ行くことになっています。

それが遠い!

みなコンペで疲れているのにこんな遠出をしなくても・・・と文句がでていました。

 

 

 

何やら古めかしい建物。

 

 

赤い首飾りはポーランド側の主催者からの贈り物、だから女性は皆同じものをつけているのです。

 

 

 

 

こういう湖の畔のレストランなのですが散策するでもなく、着いたらすぐに席についてすっごく待たされて、ビールは二人に1本でその後は追加料金で、スープと野菜サラダと七面鳥の丸焼きにデザートというあっさりしたメニューで「わざわざここまで来なくちゃいけなかったのぉ」と更に文句が高まっていました。(笑)

どれもこれもとっても美味しかったのですよ。

同じメニューをクラブハウスで頂いてさっさと次の料理が出ていたらみんな大満足だったと思うのですが・・・

ホテルに着いたらまた11時を回っていて私は慣れているけれど、多くが寝不足をぼやいていました。

 

 

 

下見

今日はライダーカップ開催地、つまり泊まっているゴルフ場の下見の日です。

朝食を取りに行ったら昨日のメンバーが揃っていたのでまたそこに加わり、この日のラウンドも一緒にすることになりました。本当は仲良しさんたちと回りたかったんだけど・・・

ま、女性は一人だったし、メンバーの中では一番プレーも安定していたし、言いたいことを言って過ごした一日でした。(笑)

コース周辺にはご覧のような可愛らしい家がたくさん立っていてKalinowePola村と呼ばれています。

 これぞれ国旗を立てているのでどこの方々かよくわかります。庭がコースに続いているのでそのままコースに出られそうです。日光浴をしている方もおられましたがボールが飛んできたりしないのでしょうか?

 

我々は朝一番にスタートしたので午後は他のメンバーが終わるのをビールを飲んだりおしゃべりしたり日光浴をしたりして過ごしました。

 

 

この日の夕食は歓迎バーベキュウです。その開始の時刻がコロコロ変わって・・・

我々日本人には我慢できないところですね。変更の連絡がすべてのメンバーに行き届いているのかその辺が気になる私です。

案の定、きっかりにやってきたらすでに食べ始めている人がいました。(笑)

  今回はイタリアから60名近い参加者があって過去最高の人数だそうです。

バーベキュウを担当しているのはレストランのチーフのようで朝食から夕食まですべて彼が手配していました。

とっても美味しいウインナーがあってすぐに終わってしまったので次のが焼ける前にイケメンチーフを写真にとって「焼けたら私に1つ残しておいてね」とお願いしたら、なんとサラダ付きでお皿に盛って届けてくれました。(嬉)もちろん友人に半分取られましたが。(笑)

 

 

 

 

 

 

3時間ほどワイワイガヤガヤ。

寒くなってきたのでクラブハウス内に入ってまたおしゃべり。

でも、私は一人部屋なのをいいことに早々に引き上げました。9時半だったかな?

また少しチャットしてゲームして早めに寝ました。翌日はいよいよ対戦です。

 

 

 

ただいまぁ

8月1日の朝、3時半に帰宅したのですがぐーたらしてました。(汗)

 

友人ご夫妻の車で空港に向かいチェックインも時間つぶしもずっと一緒だったので写真を撮ることを忘れていました。

やっと機内で一人になり、(実は隣り合わせの席でしたがご覧のようにガラガラの機内で3列空いているところに移動したもので)スマホを取り出しました。

今回はエアーベルリンで、小さいながらもモニターも付いた新しい機体です。席もそんなに狭く感じませんでした。

ポーランドへ行くのですが、ワルシャワよりもベルリンに近い地域なので目的地はベルリンのテーゲル空港です。

 

出発予定時刻は20:10だったのですが少し遅れたし滑走路にでたこの時はすでに9時前だったのだろうと思います。

まだ夕陽が残っていました。

 

 

 

かなりの角度で上昇しています。

飛行のこの状態を嫌う方が多いんですよね。

 

 

すっかり上空に上がったらまだこんなに明るいのでした。

 

眼下に小さな雲海が見えます。

 

 

 

いよいよ夕陽も最後です。

 

 

 

ベルリンの上空です。

ここはかつては東ドイツだったところ。

おそらくフランクフルトなどではもっと夜も明るいのだろうと思います。

 

無事着陸しました。

空いていたし、シチュアートが若い二人の美男で、格安便なので飲食は実費でしたがビールとスペイン風のおつまみをとって快適な飛行でした。^^

 

ただ、ここからバスで2時間半、しかも途中のドライブインでもう一つの空港に降り立ったメンバー達と落ち合ったりしてホテル(コテージ)についたのは小雨の降る真夜中の3時前。

荷物の整理をしてベッドに入ったのは4時。

翌日は10時にまたバスで別のゴルフ場へ出かけます。
それも片道ゆうに2時間半。(あ~あ)

シャッターがおりていてイマイチですが、シャッターを上げると大きなガラス戸の可愛い建物です。
二部屋が1件のコテージであいだのドアを開けると家族向きになった仕様です。

 

 

  エアコンはFujitsu製でした!

殆どの方が一週間単位で利用されるようなので収納庫も充実していてアイロンもアイロン台も備わっていました。金庫も収納庫な内の上部にセットされています。シャワールームが一番気に入ったかなぁ,広くて清潔感があって少しシャワーの出口に石灰がこびりついていましたが・・・(笑)

そうですね、施設の作りはいいのですが清掃がいまいちでした。初日のみなんとなく片付いてベッドメークもしていたようですがあとはバスタオルの交換と飲料水の補給だけ、それも4日めには忘れられていて困りました。

 

コテージ周辺はご覧のように白と黒の砂利が敷き詰められていてとても和風な印象でした。ただし靴によってはこの砂利やその粉を部屋に持ちこむことになり部屋が汚れます。

以上往路とホテルなどの報告でした。

明日からはゴルフの話になってしまいますが・・・