コスモス(バラ)とギボウシ

ギボウシはいつも咲がままにしていたので切り花として飾ったことはありませんでした。

ところが今年は大きな方の株に花穂がつかなかったので貴重なたった二本の花穂に花が付いた時に切り取りました。

室内の方が長持ちしそうだから。

そして同じ日にコスモスがまたまたこんなに綺麗に咲いていたので一緒に活けました。

 

バラとギボウシ、今まで一緒に活けたことのないコンビですが悪くないでしょう?

こちらは一日後

 

こちらは栗の花です。

日本でもお住まいの地域によっては見たことがない方もおられると思います。

 

写真で少し白っぽく見えるのは全て栗の花です。

つまり我がゴルフ場にはたーくさんの栗の木が植わっているということです。

シーズンにはたくさんの栗が落ちるがままになっていてもちろん拾っても良いのですが

残念ながらかなり小粒で内部に渋皮が入り組んでいるのであまり美味しいとは言えません。

 

こちらは野イチゴ。

以前にも言いましたが我がゴルフ場にはホールごとにいろんな果実やフルーツが

植わっているのですがここは4ホール。

他の場所にも少しはありますがここにはたくさんの野イチゴが植わっていて

約1ヶ月ほどにわたって美味しい、甘くて香りの良い野イチゴを味わうことができます。

 

こちらは12ホール。

うちで一番簡単だと言われているホール(hcp18)なのですが、

どっこい左へのドッグレッグ。

グリーンの前にはグリーンをほぼ覆ってしまうバンカーがあって、

グリーンの後方と左にもバンカーという多くのゴルファーにとってこれが一番簡単なホールのなの?

と首をかしげるホールです。

そこが今、雪が降ったように白くなっていますが犯人はこのシロツメグサ。

除草剤を使えない我がゴルフ場ならではの光景でしょうね。

 

さて、こちらはマッシミリアーノさん、Paoloの同僚です。

Paoloの新しいオフィスの近くにある日本料理レストランで

ラーメンに出会って以来、毎回絶対にラーメンを食べるという方。(笑)

この日は私が枝豆の美味しさを教えたので多分次回からは

ラーメンを待つ時間まちに、この枝豆を注文するんじゃないかなぁ?(笑)

 

今日は話題がいろいろ。

最後に私の昼寝風景。息子は好んでこういう姿を写真に撮ります。

恥ずかしい姿を公開したのは私じゃなくワンにゃんを見て欲しかったから。

ここにはRudyとエンネだけが写っていますが

時にはプラス私の背中にオットかmomo、もしくはジー。

そしてソファの背もたれにもニャンズが…という日常なのです。

そこで我が家では私は時々「白雪姫」と呼ばれています。

決して可愛いとかそういうのではなく動物たちに取り囲まれているということで(^_^;)

バラ達その2

一部の方におまたせしていましたバラ第2弾でございます。

肥料無しの我が家のバラたち、かなり疲れてきてますねぇ。(汗)

 

 

ここからはバラの名脇役たちです。

ペラペラヨメナ

こぼれ種から咲いたビオラ

マルゲリータとしておきましょう詳しい名前は知りません

なでしこ

ヒューケラ

年を越したビオラ

キンシバイ

キンシバイ

スモークツリー

脇役のほうが大きくなっちゃった。(笑)

 

他所様のバラの美しさを見て改めて我が家のバラたちの可哀想な姿に心が痛みます。

この冬は頑張るぞ。とりあえずお礼肥かな (^_^;)

 

 

バラたち

今日は写真のみでバラをご覧ください。

ワンクリックで少し大きくなります。

バラたちと…

(iso100?だったかな?)(iso200で明度マイナス1だったかも)

以上3枚はコスモス  私の大切な大切なバラ。

アストロノミーア  日本ではピンクサクリーナと呼ばれている。

以上2枚はスパニッシュビューティー  今年は花数は少ないけれど大輪。

そろそろ植え替えどきかも?

パレロワイヤル  まだこんなふうに固まっています。

アラスカ。

オールドブラッシュチャイナ またまたボケボケ

 

ロベリア、数年ぶりにお迎えしました。もうひと株を玄関前のボーダー花壇に。

すでに満開を過ぎた時点で購入。八重のブーゲンビリアが新鮮だったので。

しかもスタンダード仕立てを見たのはこれが初めて。

17ユーロはちょっと痛かったけれど逃すわけにはいかなかった。

フジの2番花。

ニセアカシア、フジと共にいい香りを放ってくれています。

暑いのがお好き?

ニューヨーカーです。

この暑いのに、まだ8月だと言うのにこんなに花をつけちゃって。

もちろん春にはもっとたくさん咲きましたが8月ですよぉ!

この暑さですよぉ!

 

花が咲いているだけでなく新しいシュートも伸びています。

ニューヨークって暑いのかしら???(笑)

 

でも、実はニューヨーカーだけじゃないんです。

コスモス(バラ)も8月中に数輪咲いていましたし、グラミス・キャッスルもまた咲き始め沢山の蕾が上がっています。グラミス・キャッスルは今年の目玉でした。

ポーランドへ経つ前に、植木鉢をすべて北側に移したのが良かったのかもしれません。

もしばらくはここにいてもらう事にします。

 

でも、地植えのバラがなん株かだめになってしまいました。

地植えのは移動できませんからね。

咲いていたのよ

うわっ、まったくピントがあってませんね。

とにかくこのオールド・ブラッシュ・チャイナ。

今年も一番乗りでした。

3月の終わりごろにすでに咲いているのを見て慌てて撮影しました。

蕾ができてだんだん膨らんで・・・という過程を一気に飛ばして開花という感じでした。(笑)

 

こんな無残な姿をお見せしていいのかどうか・・・つまり満開の時期はとうに過ぎてしまったということです。
毎朝、わっ、咲いてる、どんどん咲いてる、きれい!と思いながら日は過ぎて・・・

 

 

この真っ白なツバキも同じこと。

咲いてるなぁ、きれいだなぁと思いながら日は過ぎて・・

満開時はそれは見事でしたが今は下の方に散ってしまった花が山盛りです。(笑)

 

こちらは苺の花。

 

 

 

 

 

薔薇の根本にこぼれ種で増えたビオラが。

 

 

 

 

↑ 名前をど忘れ。冬場、枯れ込んでしまったかに見えていましたが元気に満開。

色の鮮やかな方はピカサが勝手に色鉛筆描に編集してくれたものです。
いつもは削除してしまうのですが、今回はいたく気に入りました。^^

そんなわけで庭が色づいてきました。なまけないで庭報告しなくちゃね。

 

 

バラのつぼみ

ばらが大好きなお友達に見せようと、

今朝(19日)早くに写真を撮りました。

それから草刈をして、小さな鉢物の植え替えをたーくさんして、霜よけ小屋の中を整頓して、

午後も同じようなことを続けて、カビ予防の薬をまいて・・・

よく見るとほかにもつぼみがついていました。

しかもこの写真より大きいつぼみも発見。

誰かなぁ、今春最初に顔を見せてくれるのは。