陽介の初体験

2月9日以来、毎日自分で学校にバイクで通っている陽介ですが、
午後も時々友達のうちへ行ったり近所をぐるっとまわってきたり、
とにかく今はバイクに乗るのが楽しくて仕方ないみたいです。

昨日の日曜日には父親と一緒にミニバイクのサーキットへ。
よく飽きないもんだ。

さて、今日も午後5時過ぎ、ちょっと出かけるといったので、
暗くならないうちに帰る事を条件に送り出しました。

帰ってきたときの最初の言葉は「カラビニエーリ(憲兵)にとめられちゃった。」

こちらでは頻繁に警察官の検問があります。
特に事件がおきたというわけではなく、ただの抜き打ち検査です。
ま、そうでもしないとこんな田舎の警官たちは暇で退屈でしょうがないだろうと思います。(笑)

でも、感じの悪い警官にあたったりすると何となく気分が悪くなってしまいます。
とにかく陽介は免許取得後、5日目にして早くも検問の洗礼を受けたということです。

Ben venuto nel nostro mondo!=われわれの世界へようこそ!

またひとつ大人の仲間入りをしたね。

白髪が増える

イタリアの母親たちは、子どもが14歳になると急に白髪が増えます。

なぜなら50ccのバイクに乗れるようになるからです。

うちの子も14歳になって1ヶ月あまり、今日試験を受けに行きました。
今しがた電話が入り、すでに免許証を受け取ったということです。

ここ2週間ほど父親に伴われてローマまで受講に通っていました。


住んでいる地域では人数が集まるまで試験の予定が無く、いつになるかわからないからです。
小さい頃から興味のあった彼は、たいていのことはすでに覚えていましたが、
試験を受けるためにやはり一通りの法規を勉強したのです。

この学科試験は普通自動車の試験と全く同じです。
そして50ccの場合は実地試験はないということです。

小学校に上がったときからサイズに合ったバイクをサーキットで運転してきた彼には
実地試験の必要はないでしょうが、やはり一応の試験はしたほうがいいと思うのですがねぇ。

とにかくこれで、お天気のいい日は彼は自分でバイクに乗って学校へ行くことでしょう。
友達のうちへ行くのも好きな時に(私はいつでも彼の好きな時におくっていましたが)
いけるし、父親とミニツーリングもこれまでのように裏道だけではなく堂々と??

私にも自由な時間が増えてうれしいけれど、帰宅するまで心配でしょうがないのだろうなぁ。
そしてそういうのを我慢するのが親の修行なんだろうなぁと思います。

そういう我慢があってこそ、息子の満面の笑顔がより輝いて見えるのでしょう。