8年目にして

ゴルフを初めて8年。

つい先ごろまで約2ヶ月ほどにわたって絶不調、

底のない どこまで落ちるかわからないような文字通りの地獄を体験したわけですが、

やっと、復活したようです。

この地獄体験は今になってみると何か必要なことだったようにも思います。

 

過日は同伴者のスイングがうまくいかずめげていましたが

これまでと違って本当に自分の体験からアドバイスすることができたし

初心に戻ってコーチのレッスンを受けたことや

You Tubeで、いやというほどスイングのレッスンビデオを見て某がわかったように思います。

 

もちろん中部銀次郎氏によればゴルフの80%は心。

あとの20%の中に体と技があるのです。

だから技が思わしくなかった私はただ20%のなん分の一かで悩んでいたという事にもなるのですが。。。

 

でも、技の面で今まで思いもよらなかったことが分かりました。

これを細かく皆様に理解していただけるように説明することはほぼ不可能なので省きますが、

今回参考にさせていただいたのは三觜 喜一さんと桑田泉さんのレッスン。

両者ほどではありませんが芹澤 信雄さんのレッスンも。

 

とにかくヘッドアップをほぼ完全に制御というかヘッドアップしなくなりました。

ボールそのものではなくボールを視野に入れたまま

顔というか頭は右に残ったままスイングできるようになったのです。

アイキャッチ画像に載せた写真を撮った時には実はまだ自分の中で消化出来ていなくて

コーチに言われるままにスイングしていたわけですが、

それを自分で再現できるようになりました。

 

まだ完成していませんが長雨のあと、今日ウズウズしながら練習場へ行きました。

そして試してみたら、なんと飛距離もぐんと伸びています。

これまで体重移動ができずにスイングが終わってもよく右足に残っていたのですが

このスイングに気づいてからはクラブヘッドに引っ張られて

体重も最後には綺麗に左に乗っかります。

 

ただ、練習場と本場のコースではグラウンドの状態が違うので

ラウンド中はまだそんなに飛距離は違いませんが

つい先ごろまでスイングすること自体が怖かった自分が嘘のようです。

 

怖くて7番アイアンで刻んでいたところも今日は思い切って

3番や5番のフェアウエイウッドでチャレンジ。

そういう気持ちになれたことが嬉しいです。

 

まだ、時々意味不明のショット(主にシャンク)が出ますが、(汗)

どうやら暗くて長いトンネルからほぼ抜け出せたようです。

少なくとも目の前にトンネルの出口の大きな明かりが見えています。(嬉)

救世主?

ゴルフ話題が続いて申し訳無いのですが、
ハチ刺されの時のようにドキュメンタリーみたいに
今の不調を記録しておきたいと思っているのでお許し下さい。

 

私の初めてのリタイアは今トリノから戻っている息子が
昨夜隣町で知り合ったゴルファーも知っていたということで
ちょっとした出来事になっています。(汗)

でも懲りずに今日も昨日のレッスンを忘れないうちにと行ってきました。

誰もいないようなので練習場の人工マットではなく
ラウンドして試してみようとひとりでスタートしました。

初球は左へのチーピン。

マリガンと言って第1ホールの初球のみ打ち直しが出来るという習わしがあるので
(もちろんコンペではだめですよ。)
2球目を試したら谷を越えて向こうの丘の上に届きました。

調子の良い時にはその丘を超えるのですが贅沢を言ってる場合ではありません。

ここはパー5で長いので当然2打目はフェアウェイウッド。

5wで昨日教わったようにスイングしたら左下へ転がって行きました。

やはりToshiさんのご指摘どおりウッドには向かないスイングのようです。

次回コーチに尋ねてみます。
(ボールの位置をもっと左寄りにしてスイングは同じだそうです。書き足し)

でもなんとか4打目でカラーに乗りました。
そこから3パットしましたが、病み上がりとしてはまぁまぁ。(笑)

グリーン上から後からやってくる人が見えました。
でも誰だかわからないので2ホールへ進みました。

相変わらず3wでのティーショットですが、なかなかいい当たりで
ほっとしていたら後ろからの人が良く知っている
(時々エノキダケやシイタケをくれる)グァルティエーロさんだとわかりました。

そこで彼のティーショットを待ってご一緒しました。
絶不調だけれど良いかとことわって。

そんなの僕が治してあげるよ!と心強いお言葉。

で、自分のボールの所に行ったら190mほど飛んでいて
グァルティエーロさんが 「良く飛んでいるじゃない。」

「いやぁ、実は昨日初めてリタイアしたんですよ。」と私。

彼は、昨日は県外のコースでのコンペでご存知なかったのです。

2打目、方向(アライメント)を治していただきました。
そのせいかグリーン手前のいいところにつけて3オン2パット。
ボギーでニッコリ。

はい、あとははしょりますね。(笑)

とにかくボールの位置や足場によって、また転がしたいのか上げたいのか、
状況によってどう対処したら良いのかということを
12ホールまで親切に教えて頂きました。

おかげでプレーもそんなに悪くなかったしなんとなく気分も晴れて、
自分では気が付かなかったのですがバッグを仕舞おうと
駐車場に向かったところでダニエラさんという方に出会ったら
開口一番「見つかった?」私は一瞬?

「昨日無くしたと言っていたあなたのスイング、見つかったんでしょう?」

「あゝそうね、はい、見つかりました。ありがとう」

「だと思ったわ。口が笑ってるもの。」

 

で、バッグとカートを積み終わったら今度はダニエラさんのご主人に出合い、
同じ事を言われて驚きました。

さすが長年連れ添っておられるだけあって全く同じフレーズだったのですよ!

その後グァルティエーロさんにスプマンテまでご馳走になってるんるんで帰って来ました。

絶好調時期に戻るにはまだ時間がかかるでしょうが
友人たちに励まされてまだもうしばらくは続けられそうです。

リタイヤ

 

(写真は数日前に撮影、真夏にこんなにコースが緑なのは初めてです。)

 

いやぁ、今日は参りました。

これまでの約8年間でコンペを途中でリタイヤしたのは

4年ほど前に足だったか腰だったかの痛みで続けられなかった時のみ。

 

どんなに成績が悪くても、最後までがんばってスコア表を提出していたのですが、

今日はとにかくティーショットからしてめちゃくちゃ、

頼みの7番アイアンですら思うような距離も出ず、

パットはホールをかするもののオーバーでスリーパット続出、

同伴者たちに申し訳ないので前半が終わったところでリタイヤしました。

 

よく、出来が悪いとあるいは入賞できそうにないと放り出して行ってしまう人がいますが

決してそういうことではありません。

 

二人の第1カテゴリーの方々と私と同じ第3カテゴリーの方と4人でラウンドしたのですが、

どうにもこうにもH1(パー5)=8打、H2(パー4)=5打、H3(パー3)=6打でX,

H4(パー4)=7打、H5(パー3)=4打、H6からH9まで全てX.

 

メンバーはみな良く知っている人たちだったので

私の調子の良い時も知ってくれているから「どんまいどんまい」に始まり

そのうち「ちゃんと朝食食べたの?」とか、

「あれ?今日はKeikoは来なかったの?妹さんが来たみたい。」とか、

いろいろと元気づけてくれるのだけれど

なんだかそういう言葉を苦心して探してくれているのが余計申し訳ない気がして…

 

後ろのチームも迫ってくるし、

あまり多くの方々に迷惑がかからないうちにリタイヤしたというわけです。

 

リタイヤを告げたら皆もわかってくれて素直に受け止めてくれました。

その後はすぐにクラブハウスのレストランに行って食事をし、

(私には珍しく朝食抜きだったので(笑)

食後に練習場へ向かいました。

 

そこで、練習場から出てきた私の最初のコーチに出会ったので

「30分ほどお時間取れますか?」と聞いたらOKだったので

5年ぶりくらいにガブリエッレというコーチにレッスンを受けました。

本当に藁にもすがる思いだったのでラッキーでした。

コーチは昼食を先に伸ばして見てくれたのです。

 

久々の彼のレッスンは昔とはかなり違っていました。

毎日いろんな人たちにレッスンをしてきた彼の成長ぶりもあるでしょうし、

なにも知らなかった私が多少はゴルフのことがわかってきて

コーチの言わんとすることがより理解できるようになってきたこともあるでしょう。

 

ここ2年ほどレッスンを受けているピエロコーチとは全く違ったアドレスにスイング、

でも、とても楽に打てるいい方法を教えていただきました。

 

ゴルフスイングはゴルファーの数だけあっていいという人がいます。

だったらコーチの教えることもコーチの数だけあってしかりですよね?^^

この次はまたもうひとりのうちのコーチについてみて

冬場になったらまたピエロコーチのところに戻りたいと思っています。

夏場は遠征が多くて超忙しい人ですから。

 

色んな形を教えてもらってそれなりに再現できるようになったことは

若干成長したのかなぁという思いです。

昔はよく肩を思いっきり後ろに回されてい痛いほどだったのですが、

もしかしたらシニア用のスイングを適用してくれたかな?^^;

 

今日教わったのはアドレスは少しハンドファーストでグリップが左腰の先に出るような格好。

肩を地面と平行には回さずに左肩が下がる感じ。

そして左腕が飛球線と同じくらいの高さまで回ったらそこまで、

その後少し両腕を上げる。

その両腕を下ろすときに一気に腰を水平に左へ旋回させる。

この時腰の旋回が止まったらチーピンや引っ掛けになってしまうとのこと。

左腕は昨日から気にしてほぼ伸ばしているので注意は受けませんでした。

 

一番矯正されたのはグリップです。

ゴルフをはじめてからの数年はスライスに悩まされ続けたので

それを修正するためにかなりストロンググリップにしていたのです。

もう拳がみんな見えてしまうくらい(汗)

そうするとバックスイングの始まった時にすぐにインサイドに入ってしまって

うまくいけばドロー、そうでないと引っ掛けになったのです。

何事もあまり極端なのはいけませんね。

 

とにかくグリップの悩みはずっと持ち続けていたので

(方向だけでなく握り方もオーバーラッピングにはじまり、

ベースボールグリップの時もありました。

ここ数年はインターロッキングでやってきましたがトップでたまに

右手を一度解いて握り直すようなことも…)

もう一度白紙に戻ってスクエアグリップでインターロッキングで練習するようにします。

ハンドファーストはピエロコーチに会うまではずっとそうしていたのです。

でも、ピエロコーチがそれは嫌い?なので、

センターで構えることにやっと慣れてきたところでしたが。。。

 

コーチがさった後にセンターで構えて、

残りは今日教わったスイングを試してみたらそれでも大丈夫そうでした。

でも、ハンドファーストのほうがよりスムーズだったようにも思います。

 

9ホールラウンドした後のレッスンでまた75球続けて打ったので

左手が痛くなってきたので今日は終わりにしました。

 

今日は曇天で時々傘が必要なくらい降ったりやんだり。

快晴だったらもう少し気持ちよくプレー出来たかも?

そんなことに左右されるようではまだまだですね。

Bra bra bra…

Bra bra bra…

ぶつぶつぶつ…といったところかな?

まぁ、早い話がぼやきですわ。(笑)

意味のない話を延々とする人にも使いますが、

今日の私が何をぼやいているかといえばゴルフのこと。^^;

 

いつも言ってるようにゴルフは厄介なスポーツです。

ま、他のスポーツをあまり知らない私には他と比較できませんが

いろんなスポーツを経験した方々もゴルフは厄介だと言っています。

 

何が厄介かといえば、こんなにも難しいので

頭のかながゴルフのことで一杯になってしまうのですよね。

どこにいても何をやっていてもゴルフのことが気になってしまいます。

 

また、他のスポーツには辞めどきがはっきりわかるものが多いと思います。

体力が無くなったから=年が相応しなくなったから

単に飽きたから=頂上にたどりついてしまった?

経済力が続かないから、(船やモータースポーツなど?)

 

ゴルフの場合、上のどれにも当てはまらないのです。

いくつになっても、体力がなくてもそれなりにプレーはできる。

絶対に頂上にはたどり着かない。

お金はかかるけれど、それなりに自制すればなんとかなる、
特にイタリアの場合ジムに通うのとそんなに変わらない。

だからズルズルといつまでもやってしまうのです。

 

でも、スランプに陥ると本当に厄介です。

特効薬がないのです。

おそらくどんなスポーツでもそうなのでしょうが、

私はゴルフしか知らないからゴルフの場合で話を勧めますが、

何時間コーチレッスンを受けても全く改善されなかったり、

そうかと思うと友人の一声ですっかり回復したりして

何なの?!いったい。ということになるのです。

 

もちろんコーチはプロなので大きな視野から改善を図ってくれるのでしょうが、

こちらの身になればすぐに効果のある方が嬉しいのです。(汗)

 

とにかく私の得意とするところはドライブなので

不調なときにはこのドライブが左右に曲がったり

正確には初めてから5年ほどはいつもスライスだったのが

2年ほど前からイタリアではガンチョと呼ぶのですが、

極端な左へのショット、フックかな?が多くなりました。

 

まっすぐ飛んでくれたらたいていボギーオンするのですが、

左右の木の下や深いラフに入ってしまうと

まず、一打は救済に消えてしまい、距離不足で

グリーンまでもう一打必要になってしまうことが多く、

つまり一度ミスショットをすると二打余計に打ってしまう感じです。

OBや水廻りは言わずもがな。

 

で、何が言いたいかといえばボヤキなのではっきりしないのですが、(汗)

今日、何年ぶりかでご一緒したピーノさん、小柄な方ですが、

とても正確なしかも力強いプレーをなさる方で

プレーそのものも早くて、ご一緒したらこちらのペースも上がって

良いスコアが出たので大好きな方なのです。^^

 

その方とたまたま13ホールからご一緒させて頂いて

17ホールに来た時に

「左腕、ずっとのばしたままのほうがいいんじゃない?」とのこと。

 

そういえば数年前には私の左腕がプロのように真っ直ぐだと

ほめてもらったこともあったのにいつの間にかトップで折れ曲がっていたのです。

ひどい時には肩は回っていないのに、腕を曲げてヘッドを上げていたような???

 

で、17番ホールのティーショット

不調なときなのでドライブは使わずW3でしたがしっかりと飛んでいきました。

ピーノさんが ホレ見ろ って感じで見ていました。(笑)

 

2打目も方向が少し悪かったですがそこそこ飛んでいき、

難しいホール(パー4)なのでボギーで嬉しい!

と思ったらボールはホールの内側を通ってまた外へ。

Wボギーに終わりましたが内容は納得できるものでした。

パットの不運は嘆いても仕方がないので。(笑)

 

ピーノさんと別れてから練習場で50球打ってみましたが

方向性が格段に良くなりました。

飛距離も伸びました。(練習場では。(汗)

 

もちろんその他に、下半身の不動だとか肩をしっかり回すとか

スイングのリズムを崩さないとか、ヘッドアップしないとか

気をつけることはいっぱいありますが、

この左腕のこと、忘れないようにしたいと思います。

 

伸ばすと言ってもピンと張るのではなく

アドレス時の左腕の状態を守るということです。

こうすると一定以上クラブが上がらないのでオーバースイングにもならないし

打ち下ろした時に右腕で押している感じもします。

いつも右腕が邪魔だと思っていましたが

そして実際右手をグリップに添えるだけにして

ほとんど左腕一本でスイングしたりしていたのですが、

あるものは使いこなせたほうが良いですよね。(笑)

 

覚書に付きあわせてしまってごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

誰?

 

我がゴルフ場のオーナー、Fiuggi市の宝物FIUGGIというミネラルウオーターが

スポンサーになっている我がゴルフ場の紹介記事。

友人が送ってくれた写真、「Keiko、あなたでしょう?」という言葉と共に。

 

自分でも一瞬?と思ったけれど…

体つきや髪の毛がそっくりなんだけど…

お気づきになりましたか?

ここに写っている彼女は左利き。(笑)

そしてよく見たら私よりうんとスリムよね、彼女。

そして、きっと私の孫のような歳なんでしょう。

 

Da dietro liceo, da avanti museo.

訳すと後ろから見たら高校生、前から見たら博物館。

あはは。。。

 

 

初レッスン

夏場はコーチも忙しいし、私もいろんなコンペがあるので

コーチレッスンは勢い冬場になってしまいます。

昨日、今年初めてのレッスンに行ってきました。

場所はローマ アックアサンタというローマで一番格式が高いコースです。

(遠方はアッピア旧街道です。)

そこでラウンドするにはメンバーの紹介がいるし料金も私などが遊べるところではありません。

年に2回ほどシニアのコンペで行くことがあるだけです。

でも、練習場は特にコーチとのレッスンは10ユーロとボール代のみで済むので私にも大丈夫。(笑)

 

暮れには割といいスコアだったので、コーチにも電話で「いい調子なんです。」

と言っていたのに年が明けてからは散々。

もちろん調子が良くてもレッスンは受けるつもりでいたのですが。

 

Fiuggiで毎日のように一緒にラウンドしているシルビオさんも一緒にレッスンを受けることになりました。

シルビオさんの予約が10時、私がその後の10時45分。

コーチも我々も早めに着いたので10分ほど早めに開始しました。

シルビオさんが熱心なこともありますが、彼のレッスンは10時50分余りまで続きました。

しかも私のレッスン中にも彼が質問に来たり、コーチが彼の方へ見に行ったり。

私のレッスンは予定の11時半きっかりに終わり。

何故かいつも私はこういう境遇に甘んじることになっています。

おとなしい日本人はこういう時に損をするのですよね。

 

コーチはビデオをとって解析してくれます。

自分の欠点を目の当たりに魅せられてはなんとも言えません。

どうもバックスイングで右に寄り過ぎなようです。

スエーではないのですが、アドレス時に比べると体の幅の半分くらい右に移動しています。

コーチはそれでもいいのだと言います。

ただし、インパクトですっかり左に移動できれば、という条件付きで。

 

シルビオさんがレッスンしている間も黙々とボールを打ち、

自分のレッスン時と合わせると150球ぐらいは打ったでしょうか。

1時間半スイングを続けるというのは疲れるものです。

普段のラウンドで100球前後打ってもそのうちの35〜40ぐらいはパターなので力もいらないし。。。

しかも普段のラウンドは100球を4時間以上かけて打つわけで

休息なく1時間半打ち続けるのは本当にしんどいです。

というか、自分がすっかり疲れていることに気がついたのは次の場所

アルキディクラウディオという我々にふさわしいゴルフ場に着いてからです。

 

でも、そこのレストランで軽い食事をしてビールの小瓶を飲んだら元気が出てきました。(笑)

その後、9ホールとピッチ・アンド・パットと言って

ごくごく短い9ホールを回って帰ってきました。

コーチのアドバイスを忘れる前に実践で体に覚えこませたかったのです。

 

8から31日までうちのゴルフ場は閉鎖中。

家でも練習しないといけませんねぇ。