コーチレッスン

未だ雨続きのイタリアです。

もうすぐ6月だというのに何なんでしょうこの有様は。

5−6月といえば一番いい季節のはずなのに。涙)

バラがやっと咲きそろってきたといえば想像していただけるでしょうか?

いつもなら1ヶ月前にそうなるはずでした。

未だに羽毛ぶとんで寝ているのですよ!!!

3月に2,3回半袖でラウンドしたときの日焼けがなんだか不思議な今日この頃。

 

ま、雨に負けてはいられません。

今日(28日)は雨の中コーチレッスンを受けにいってきました。

往復50kmほど離れたところへわざわざ行くのですから本来なら晴天の日に行って

半日あまりを楽しく過ごしたいところですが、そんなことを言っていたらカビが生えそうで。(笑)

 

Gabrieleというこのコーチとはもう9年目のおつきあい。

色々あったけれどやっぱりけっこう熱心で、良いコーチだと思います。

そして!

今日はとっても嬉しいことに私が尊敬している日本の三觜喜一プロの

表現と全く同じ言葉で説明してくれました。

”左ハンドル”という言葉なのですが、バックスイングの始動時の動きを

うまく表した言葉で、その他にも三觜喜一プロの言っていることを

まるで私が昨晩も寝ながらずっとYoutubeを流しっぱなしにしてプロのレッスンを

聞いていたのを知っているかのように同じ言葉がイタリア語で飛び出して驚きました。^^;

 

 

ですからレッスンは熱の入ったものとなり、充実した1時間を過ごしました。

そして、

コーチが行ってしまったあとは全くモノにならないという結果でしたが。。。(汗)

ま、コーチレッスンの後しばらくはそれを消化する時間が必要なので

徐々に近づきたいと思っています。

 

コーチに日本の三觜喜一プロの話をしたらとても興味を持ってくれて

早速Youtubeのリンク先などを送ったところです。

音楽と同じでゴルフも世界中で通じる言葉ということでしょうか

Youtubeを見たコーチから”興味深い”というコメントが入ってきています。^^

そして、もちろんそのことを日本の三觜喜一プロにもインスタのメッセージで伝えておきました。

 

バラとゴルフで世界平和を!

 

繋がってきました

ゴルフ歴まる8年。

ようやく今までいろいろ学んだことがつながってきました。(汗)

 

世の中には私のレベルに至るまで数ヶ月で十分な方もおられるでしょうし、

もしかしたらもっと時間のかかる方がおられるかもしれません。

8年というと随分時間を無駄にしたようにも思いますが、

その間常に楽しんでいたのだし、切磋琢磨していたのだし

特にゴルフに年齢制限はないのだから良しとしましょう。^^;

 

つながってきたというのは…

私が直接教えていただいたコーチは3人。

最初の3年はガブリエッレ、ついでマウリツィオ、

ここ約3年はピエロ、そしてこの約2ヶ月はもとに戻ってガブリエッレ。

途中に今や世界一と言われる(イタリアでは(笑))モリナーリの元コーチ

セルジョにも一日コーチを受けましたし、

いわゆるゴルフクリニックというイベントで他の数人のプロコーチにも教えを請いました。

 

以上のコーチたちの言っていたことが今になって全てつながってきたと思うのです。

そうそう忘れてはいけないのは日本のコーチたち。???

日本ではコーチレッスンを受けたことはありませんが

You tubeに多くの日本のプロコーチがヴィデオをアップしてくださっているので

中でもごく初期の頃は今井純太郎さんのヴィデオに随分教えられました。

 

星の数ほどゴルフレッスンのヴィデオはありますが

内容はもとより話し方がお上手でないと続きません。

録音状態や背景などもできれば考慮していただきたいですね。

総合的に今井純太郎さんのレッスンは当時としては群を抜いていたと思います。

 

ところが今回この記事を書こうとして今井純太郎さんの名前が思い出せなくて苦労しました。

以前はYoutubeを開けばすぐに出てきたのに最近はちょっと他の方々に押され気味なのか

わたしの検索キーワードがいけなかったのか約二日かかってようやくたどり着きました。

 

今井さんは当然ご存知のないことですが、私としてはお世話になった方の名を忘れて非常に焦りました。

ただ、今はもうMITUHASITVの三觜喜一プロに首ったけです。

Honda Golfのレッスンから初められたようですが、多くの若手プロたちのコーチもなさっており

眼から鱗のレッスンが満載です。

 

例えばお裁縫で「袋縫いにしなさい」と言われても

そして出来上がりを見せられてもどういう手順ですすめるのかがわからないと?ですよね?

お料理で「裏ごしにしなさい。」と言われても、機材や出来上がりを見せられても

細かい話、どういう角度や力で木べらを使うとかそういった細かい所まで

教えてもらえる機会はあまりないと思います。

 

あまりいい例えではなかったかもしれませんが

とにかくかゆいとことに手が届くレッスンなのです。

 

クラブというものがそもそもどういうふうに出来ていてどんな動きをするのか。

人間の筋肉がどういうふうに動くのか、どう動かせば良いのか。

そういったところから教えていただけるので今まで曖昧だった所、

セオリーとして知っていたことが目に見えるようになりました。

日本にいたら一もニもなく通い詰めたことでしょう。(笑)

 

お話なさる時に「えー」というのがよく入りますが、あえて気になるところといえばそれくらいで

もともとお話のプロではないのだし、それ以外は聞き取りやすい本当に丁寧な解説でしかも楽しい。

 

セルジョコーチとピエロコーチにループスイングを教わりながらも

どうしてそうなるのか?なぜそれが良いのか?

ということを理解しないまま形だけを作っていたのでうまく行きませんでした。

 

でも、今はその仕組みがはっきりとわかるので納得づくで取り組めます。

まだまだうまくはいかないにしても疑問がないのであとは練習のみ。

 

ああ、長くなりすぎましたね。

嬉しくて興奮気味で、8年目にしてまた始めた頃のような意欲が湧いてきました。

友人とのダラダラしたラウンドばかりではなく、また練習場へ足繁く通うようになりました。

練習場に戻ってみたら、やはり上手な人たちはそこにいました。^^

やっぱり、基礎練習は何年経ってもとても大事。

遊んでばかりいると次第に悪い癖がついてしまうそれがゴルフのようです。

 

自分の6年前のヴィデオを見てみたら今よりうんと綺麗なスイングをしていてびっくり。(笑)

歳のせいにしないでもっと練習に励みます。(誓い)

名医Gabrielle

餅屋はもちやと言いますが、本当にそのとおり。

 

きのう、よくご一緒するMartini兄弟とラウンドしたのですが、

やはり7番アイアンより長いクラブは使い物にならず

彼らは私をよく知っているので信じられないという驚きと共に

なんとかもとのスイングを取り戻させようと力を尽くしてくれたのですが、

そして、一度はGanniさんの「背中をしっかりさせなさい」という言葉で救われたのですが、

今回はその声も虚しくどんどん破局に向かいました。

Gianniさんの弟でほぼシングルプレーヤー(お若い頃はお二人共シングルでした)の

ルチアーノさんが、「我々がガヤガヤ言ったところで助けにはならない。このクラブのコーチにレッスンを受けて見てもらいなさい。」とおっしゃいました。

少し前に私がコンペを途中リタイヤした時に泣きついたGabrielleコーチは私がゴルフを始めた時に付き合ってくれたコーチで若いけれど私のスイングを皆がほめてくれるのは彼のおかげ。

今の私のコーチは遠くのコースにいるし、レッスン以外にもいろいろと忙しい人で真冬にならないと時間がとれないようだし、今回もまたGabrielleに指導してもらう事にしました。

ゴルフを初めて3年はずっとGburielle についてレッスンしていたのですが、次第に友人たちとの掛試合(ビールだけですよ、念の為(笑))に明け暮れ縁あって知り合った今のコーチにつくようになってGabrielleとは5年ほどのブランクがあったわけですが、先日も書いたかと思いますがこの5年の間に彼は随分成長したように思います。

生徒の年齢やゴルフ歴や希望などを瞬時に分析して必要なことをアドバイスしているという気がしました。

今日も私が悩んでいたグリップをすぐに見ぬいて指導してくれました。

そのせいかどうか、アイアンからウッドに移行してもしっかりとボールを捕まえることができ、昨日までのスイングは何だったのか?と思えるようなボールが飛んでいきました。

あとは右肘が後ろに逃げていたのでそれの修正。

両手も少し上げすぎだったので肩のラインぐらいを心がけるようにとのこと。

ウッドを使うときには左手がトップで腕時計を見るようなつもりの角度。

 

1時間、みっちりと指導を受けた後で小雨の中ハーフをひとりで回ってみたのですが、

ドライブが飛んでいきましたぁ。^^

昨日まで左手にチョロっと飛んでいたのが嘘のようです。

怖くて手に持つことさえ避けていたここ数日が嘘のようです。

2打目も5番ウッドをつかった所、しっかりとその役目を果たしてくれました。

ハーフで14打オーバー、つまり自分のハンデちょうどで上がることができました。

 

ドライブが曲がりなりにもそれらしく飛んでいった時には嬉しくて絶叫しそうでした。(笑)

おそらくもう少しコーチについて悪い癖を取り除かなくてはならないでしょうが、昨日までの不安が亡くなっただけでも本当に嬉しいです。

以上途中経過でした。^^

 

*アイキャッチ画像は2013年のもので私の右横はイタリアのゴルフ界の大御所でライダーカップに3回も出場なさったコスタンティーノ・ロッカ氏左横がガブリエッレ。

初レッスン

夏場はコーチも忙しいし、私もいろんなコンペがあるので

コーチレッスンは勢い冬場になってしまいます。

昨日、今年初めてのレッスンに行ってきました。

場所はローマ アックアサンタというローマで一番格式が高いコースです。

(遠方はアッピア旧街道です。)

そこでラウンドするにはメンバーの紹介がいるし料金も私などが遊べるところではありません。

年に2回ほどシニアのコンペで行くことがあるだけです。

でも、練習場は特にコーチとのレッスンは10ユーロとボール代のみで済むので私にも大丈夫。(笑)

 

暮れには割といいスコアだったので、コーチにも電話で「いい調子なんです。」

と言っていたのに年が明けてからは散々。

もちろん調子が良くてもレッスンは受けるつもりでいたのですが。

 

Fiuggiで毎日のように一緒にラウンドしているシルビオさんも一緒にレッスンを受けることになりました。

シルビオさんの予約が10時、私がその後の10時45分。

コーチも我々も早めに着いたので10分ほど早めに開始しました。

シルビオさんが熱心なこともありますが、彼のレッスンは10時50分余りまで続きました。

しかも私のレッスン中にも彼が質問に来たり、コーチが彼の方へ見に行ったり。

私のレッスンは予定の11時半きっかりに終わり。

何故かいつも私はこういう境遇に甘んじることになっています。

おとなしい日本人はこういう時に損をするのですよね。

 

コーチはビデオをとって解析してくれます。

自分の欠点を目の当たりに魅せられてはなんとも言えません。

どうもバックスイングで右に寄り過ぎなようです。

スエーではないのですが、アドレス時に比べると体の幅の半分くらい右に移動しています。

コーチはそれでもいいのだと言います。

ただし、インパクトですっかり左に移動できれば、という条件付きで。

 

シルビオさんがレッスンしている間も黙々とボールを打ち、

自分のレッスン時と合わせると150球ぐらいは打ったでしょうか。

1時間半スイングを続けるというのは疲れるものです。

普段のラウンドで100球前後打ってもそのうちの35〜40ぐらいはパターなので力もいらないし。。。

しかも普段のラウンドは100球を4時間以上かけて打つわけで

休息なく1時間半打ち続けるのは本当にしんどいです。

というか、自分がすっかり疲れていることに気がついたのは次の場所

アルキディクラウディオという我々にふさわしいゴルフ場に着いてからです。

 

でも、そこのレストランで軽い食事をしてビールの小瓶を飲んだら元気が出てきました。(笑)

その後、9ホールとピッチ・アンド・パットと言って

ごくごく短い9ホールを回って帰ってきました。

コーチのアドバイスを忘れる前に実践で体に覚えこませたかったのです。

 

8から31日までうちのゴルフ場は閉鎖中。

家でも練習しないといけませんねぇ。