追悼コンペ

コンペの結果は27点と自分のハンデよりも9打も余計に叩いてしまいました。

今回はジュゼッペさんというシングルプレーヤーで自称私のパーソナルコーチ
(幸運にも何人かがそう言ってくれるのですが・笑)が、
自分と一緒にラウンドできるようにとクラブに申し込んでくれたので
彼の他にもジャンフランコさんというプロゴルファーの父親で
自らもセミプロ並みのシングルプレーヤー、
そしてマリオさんという第2カテゴリーの方という
そうそうたるメンバーに囲まれてのラウンドとなりました。

普段何も申し出をしない私は第3カテゴリーの方々や
他所から来てうちのコースを知らない方や
ゴルフを始めたばかりでルールも知らない方々とのラウンドが多いのですが、
やはり上手な方々と回るとボール探しの手間も省けるし、
ルールに関して気をつけていることもないし、疲れ方が随分違います。

そのせいかどうか、ハンデが下がるようないい結果が出た時は
上手な方々の中に入れていただいた時が多いです。

でも、今回はせっかくのジュゼッペさんの好意に沿うことができずに終わってしまいました。

手は、しっかりとクラブが握れるほどに回復していたので言い訳できる理由はありません。

3ホールでパー、4ホールでボギーまでは良かったのですが、
5ホールで思いがけないスライスで池の中に打ち込んでから調子が狂い、
その後Xが2つも続き、最後のホールではティーショットのボールを見失い
打ち直す気力もなくそのままラウンドを終えて少し後悔しています。

他のメンバーも暑さのせいかどうかあまり振るわず、

何よりジュゼッペさんがパットに苦しみ、
なんとラウンド終了後にパターを折ってしまわれました。

目の前で膝にパターをあてがったので、そういうしぐさだけかと思ったら
ボキッという音がしてびっくり。

彼いわく、この亡き友人のコンペには執着していたのに思うようなプレーができなくて
とても残念だったとか。

彼はスコットランドに長く住んでいたし、他のイタリア人のように派手な素振りは
見せない方なのですが、それだけに真剣さが伝わってきました。

パターを折る行為は褒められたものではないかもしれませんが、
他人に迷惑をかけたわけでもなく、ラウンド終了後の事だったのでさておきましょう。

ラウンド中にも、アドレスした時に後ろのチームの方がゴルフカートで移動する
その音が気になってアドレスをといて通過するのを待って
再度アドレスをするということもありました。

他のメンバーもパターの線を読んでアドレス後に
また思い直して再度傾斜を確かめたりということが何度かあって、
上手な人々のゴルフに対する真剣さを随所で垣間見ました。

7年経っても全然進歩しない私のネックがここにありそうな気がします。

決していい加減な気持ちでプレーしているわけではないのですが、
音が気になっても、人の影が気になっても
ま、良いや。と思って打ってしまって失敗することがままあります。

友人とのたわいないラウンドならまだしも
公式コンペではそんなことではいけないなぁと思います。

良い意味での執着心を私ももっと持たなければ。
やっぱり上手な方々とのラウンドは学ぶところが多いです。

 

 

 

 

可愛い巨人たち

この写真、細っこい方の巨人が所望したものです。

今日のコンペはこの二人の巨人たちとのラウンドでした。

縦も横も大きい方はAndrea君26歳、大学を出てすぐに就職が決まったという

今のイタリアでは奇跡に近い幸運な男子。

大学時代はゴルフから遠ざかってひたすら勉学に励んだ結果でしょうか。

ゴルフを再会して3週間目だとか。でも、小さい時に始めた子はどこか違います。

 

細っこい方の巨人は

(巨人というのはただ背が高いだけではなくゴルフの水準も含めての表現です)

元セリアAのサッカー選手の息子さんLeonardo君、19歳。

この子がとても性格がよくておばあちゃんみたいな私のことを励ましてくれて…

あ、Andreaくんもとっても良い性格です。念の為。

 

最近はプレーの時間の関係で4人ではなく3人でのフライトが多いのです。

それでも渋滞することはありますが、我々のチームはスムーズに進んでいきました。

でも、前が詰まっていたら待つしかありません。

 

こちらでは前半と後半の間に食事をとることはなくコンペはそのまま続きます。

でも、トイレ休憩やコーヒータイムを取ることはあるので、

良きばぁばとしては待ち時間に彼らに飲み物やおやつをごちそうしました。

ちなみに、それぞれに介添えがついていて私を含めて合計5人。

15ユーロの出費になりましたが感じの良い若者たちに私がしてあげられるのはこれくらい。^^;

 

1ホールはXで始まった(ステーブルフォードではボギー以上はXになります)私も徐々に馴染んで前半はひとつのパーも出てそこそこの成績でした。

後半はレッドブルを飲んだにもかかわらず(笑)あまり振るわず、今日は入賞を逃しました。

それでもとっても後味の良い日になったのはこの二人の巨人たちのおかげです。

 

それにしても黒いですねぇ私達。(笑)

 

今日はもうひとつ嬉しいことがあったのですよ。

玉子焼きと一緒に写っているのは生シイタケのグリルにしょうが醤油。

ゴルフ仲間で以前 ”エノキダケ” を持ってきてくれた人が今回は生のしいたけを持ってきてくれました。

彼はあちこち仕事で出かけるし、日本食にも造詣が深いので時々こういうサプライズをしてくれます。

 

帰宅してすぐに調理して彼に写真を送ったら驚いていました。

だってまだ夕食には程遠い時間。

でも、私はゴルフから帰ったらすぐにいつも冷えたビールと共に何かを食べたいし

(だって昼食抜きでラウンドしているからね)今日はもちろんこのしいたけ。

ああ、美味しかったぁ。(満足)

 

 

コンペみっつ

マイコーチPiero Sabellicoが主催するGolfProgramというところが女性のみのゴルファーのグループを作りました。

その名もGPLady 

約3ヶ月ほど前に発足したばかりだというのにすでに250名ものメンバーがいるそうです。

ゴルフばかりではなくいろんなイベントを開いて集う会なのですが、流石に幕開けはコンペで。

6月18日(月)オルジャータという有名なゴルフ場で開催されました。

TEE1へ向かっている時に突然撮られてしまった私。

他のメンバーはちゃんとポーズをとっているのにね。

(FacebookでGolfProgramと検索すると皆の顔が見られます。)

Sabellico氏は前にも言ったようにテレビでもゴルフルールをわかりやすく説明する番組を持っていたりするイタリアのプロコーチの指導役を務めるほどの方なのです。

そのSabellico氏がスターターを努めてくれるコンペなんてそんなにあるわけではありません。

向かって右からアレッサンドラさん、ティツィアーナさんと私。

私が小さく見えるでしょう?

小さいのは身長だけではありません。

彼女たちは小さい時からゴルフを始めたベテランでお二人共

第1カテゴリーの方々なのです。

そんな方々と一緒にラウンド出来るだけでも光栄です。

気弱な私はそういう方々と一緒にラウンドすると萎縮してしまったものですが、

流石に7年目ともなるとあまり上がらなくなってきました。

3年ほど前にアレッサンドラさんとご一緒した時にはぼろぼろでしたが

今回、少しはマシなプレーができてホッとしました。

彼女は前回ボロボロの私が最後までゲームを捨てなかったことと

いつも笑みを絶やさなかったことを随分とほめてくださいましたが、

今回も「あんたは可愛い。」と何度も言ってくれて…

ずっと彼女が随分年上だと思っていたら最後のほうで年を明かしたら同い年だったのです!

しかもどちらも10月生まれ。私のほうが20日早く生まれていたことが判明。(笑)

 

この日も私は26点で、合格点に及びませんでしたが友人のVittoriaさんが40点も獲得して

堂々第2カテゴリーで優勝なさいました。

 

ゴルフではよく募金活動もあって、この日は12mのパットに参加する参加費が10ユーロ。

チャンスは2回。

2つのボールをパットしてもしもカップインしたら小さなダイヤモンドがいただけるというものでした。

12mのパットはなかなか難しく、この日は誰もカップインできず。

私は2球目がカップから3センチ位の所で停まってしまい、一番近かったのですが…

まぁ、それで満足しています。(笑)

この募金は自閉症の子どもたちのために使われることになっています。

 

ふたつ目のコンペはFiuggi在住の韓国人たちが主催するコンペ。23日土曜日。

昨年は最下位賞を頂きました。(笑)

今回は、イタリア人二人と韓国人二人というフライトで

私はAnitaという友人と共に、南(Nan)氏と権(Kuon)氏と共にプレーしました。

お二人共とても紳士で助かりましたが、うちのゴルフ場をよく知らない方々に

いろいろ説明するのはやはり疲れます。

それでもThirdLady賞を頂きました。

ThirdLadyなんて聞いたことが無いでしょう?

この日だけ、女性に優遇してくれたのでした。

ちなみにFirstLadyは友人のAnitaさんが、SecondLadyは韓国の方が受賞なさいました。

象嵌細工のペン立てでとても気に入っています。

なんといっても授賞式のあとの韓国料理試食会が魅力でした。

写真を撮り忘れましたがたーくさんの海苔巻き(キンパプ)と

チャプチェとプルコギと大きな肉の塊を煮込んだようなのがありましたが

私はキンパプとチャプチェで十分幸せ。(笑)

 

3つめのコンペは24日日曜日。

2日続けてのコンペは疲れるので参加したくなかったのですが、

昨年入賞したせいかどうか招待コンペだったので断れずに参加しました。

33点でまぁまぁの出来。FirstLady賞を頂きました。

無料で参加してこんなシューズバッグを頂いて、

軽食をごちそうになってなにも言うことはありませんね。(笑)

 

 

 

 

ゴルフって???

ゴルフって何度も言いますが本当に特異なスポーツです。

最悪だった木曜日のコンペ、金曜は新しい掃除機がやってきたので外出せず。

そして土曜日も決して良い成果は出なかったのですが、

友人たちとの交流ラウンドだったので出来の悪さもご愛嬌。

 

そして今日はまたもやコンペ(最悪になる前に友人と一緒に参加表明していたので)。

しかもスタート時間を勘違いしてクラブハウスの受付に着いたのがスタート20分前。

時々スタッフが席を外していることがあるのですが今朝は幸運にもすぐにチェックイン。

でも、靴を履き替えたりゴルフバッグを整えたり、いろいろとすることはあるのです。

慌ててコーヒーを飲んでスタート地点に行ったら15分遅れとのこと。

意外にもしばらくピッチやパットの練習をすることができました。(ホッ)

 

前回木曜日のコンペではFさんという女性がとにかくのべつ幕なしで喋り続けるのでうんざり。

しかも他のプレーヤーの邪魔になることがわかっているので話し声はささやき声?

それでなくともイタリア語で、しかも音声的に聞き取りにくいところに加え、

話の内容は他のプレーヤーやコースへの不満ばかり。

11ホールまで「うんうん」と聞いていた私もついに堪忍袋の緒が切れて12ホールでちょっと反論。

そうしたら「あなたは日本人にしては珍しいわね。」と言われてプツン。

 

だから昨日、一旦は男性陣のみとのフライトを頼みに行ったのですが

すでにほぼフライトが出来上がっていたのでおとなしく引き下がりました。

そしてフタを開けてみると女性4人のフライトでした。

 

女性二人っきりだとどうしても彼女の話を聞かなければなりませんが

3人以上だとその必要がないことも分かりました。^^;

しかも今日のフライトの中では私が一番ハンデが少なくそのうえ一番年上だし

このフライトも私が招集した形になっていて

その上コンペに参加している数は他の3人全部を合わせても私のほうが多いし、(笑)

ルールも一番良く知っているということで

知らないうちにチームのキャプテンになっていたのでした。

(キャプテンは実際存在しないし何の足しにもなりませんが(笑)

 

開き直ってドライブも2ヶ月ぶりに取り出してフェアウエイウッドも多用して…

苦手な2番ホールをパーで上がって前半割といい成績でラウンドしましたが、

後半になるとやはり疲れが出てきます。

イタリアは5月の20日頃まで冬だったのにその後突然真夏になってしまって

暑さに体がついていきません。

 

10番、12番とXで終えました。

(スターベルフォードではボギー以上はペケになり

プレーをそこで断念しなくてはなりません。)

 

それでも後半もなんとか前半と同じ17点獲得し、合計34点。

合格点の範囲、(30〜36)に入って満足でした。

 

今日は女性陣も強豪が参加していたし、中にはハンデが54という新人さんたちもいて

第3カテゴリーで一番の青年は44点も獲得していました。

そんなだから期待薄でしたが、終わってみるとまたもやファーストレディー賞。

Callaweyの真っ白な夏用帽子をいただいてきました。

今日のメンバーはみな打数の申告も正直だったし(時々いるのです、ごまかす人が)

プレーもそこそこだったし、

無駄なおしゃべりは先のフライトを待っている時ぐらいしかしなかったし

本当に楽しいメンバーでした。

 

来週も同じスポンサーのコンペがあるのですが、すでに彼女たちから

次回も全員一緒にというリクエストが来ています。

 

学生時代、いつもクラスの中でのまとめ役を先生からも

クラスメートからも仰せつかってしんどい思いをしていたので

できればゴルフではそういうことを避けて通り過ぎたかったのですが

もしかして私のキャラって世話役タイプなのかしら???

今日、皆がとても嬉しそうにしていたので私も嬉しかった。(笑)

 

 

コンペふたつ

リンゴ、うちのゴルフ場にはたくさんの果樹が植わっています。

ここは2ホールのテーイングラウンド横。

一緒にラウンドしたフルビアさん。私は彼女を「お姉さん」と呼んでいます。

この日のスポンサーはコーヒー豆の卸屋さん。

9ホールと10ホールの間に即席のカフェが登場。

とっても美味しいサイコロ大のソフトチョコレートも。

遠慮がちにふたつ目を頂いたのですが、ある女性は5つも食べたそうです。(笑)

この日の成績はファーストレディ。

ご褒美にはコーヒー豆の詰め合わせを頂きました。

 

こちらは別のコンペ。

ブリタニアツアーという旅行関係のスポンサー。

この日もファーストレディー賞。

女性の中で一番という賞でした。悔しいなぁ、男性陣に勝ちたいよぉ。

ご褒美は銀製のコースターセット。

ここのご褒美は全て同じ。第1カテゴリーの一番も私の賞も同じ大きさ。

ただ、それぞれの賞の名が刻印されているというもので、いい感じ。^^

花園

 

 

もしも、最後の2枚の写真をご覧にならなかったら

どこかの公園か山へ散策に行ったと思われるでしょうね。

 

最後の2枚は我がゴルフ場の8番ホールです。

もちろんここだけじゃなくてゴルフ場全体が今こんな調子です。

 

見る分にはとっても綺麗なのですが…

ボールを探すのに苦労します。

フェアウエイの真ん中でボールを見失うなんてことも!

 

有名なFiuggiのミネラルウオーターの水源が近いので

我がゴルフ場には除草剤も栄養剤も使えません。

自然のままにゴルフを楽しむしか無いのです。^^

 

しかも今、グリーンにたくさんの穴を開けて砂を詰めて芝の育成を図る時期でグリーンが凸凹。

ただでさえ難しいパットが。。。

テクニックより運に頼るような状態です。(笑)

 

でも、今やコンペのシーズンに入り毎週末にはコンペが開かれます。

3月25日と4月8かのコンペではどちらもFarst Lady(あはは大統領の奥さんじゃないのよ)

女性陣の中で一番という賞を頂きました。

4月2日にはカップル(女性同士、男性同士、ミックスいずれでも参加可)で

しかもルイジアナといって、毎回カップルのコンディションの良い方のボールを選んで進めていく形式のコンペで2位に入りました。

 

でも、3月8日と3月29日の遠征ではどちらも18点と15点という情けない成績でした。

こうしてアップダウンの激しい一年を今年も送るのでしょうね。^^;

 

ProAm=プロアマ

プロのゴルファーとアマチュアとが一緒にラウンドするコンペを

イタリアではProAm(プロアム)日本ではプロアマと呼んでいます。

冬場はうちのゴルフ場主催のコンペがないので1月に一回、

そして2月19日に今年2回めのプロアマに参加してきました。

 

当然ながらレッスンを受けているSabellico先生のチームです。

ツアープロもごくわずかいるにはいますが殆どはコーチを生業にしているプロたちです。

そのプロと4人のアマチュアでひとチームの構成で、

当初、「今回は女性ばかりのチームにしようかと思っている」とコーチは言っていました。

女性でも子供の頃からゴルフをしている方々はとても上手ですしそれもいいかと思っていました。

ただ正直に言えば見知らぬ女性3人と終日過ごすのはしんどいかなぁとも思っていました。

上手な方はそれなりに自己主張が強いですし、上手でない方は

スイングがうまく行かないと不機嫌になったりすることがよくあるからです。

まぁ、すべてが修行だと思って参加しました。

 

でも、行ってみたら私の同年配の女性が二人と21歳の若者がひとり入っていました。

我々女性はまずハンデキャップを貢献し、できる範囲でショートスイングや

アプローチやパットでがんばろう。

そして、ドライブやパー5での2打目はコーチとこの若者にお任せ、という戦略です。(笑)

(サベリココーチ、アンジェラさん、私、ステファーニアさん、マッテオクン。終了後)

 

ショットガンというすべての参加者がすべてのホールに配置して開始時間に一斉に始める方式でした。

我々はなんとコースの一番奥からの出発でクラブハウスからそこまで1.5kmは歩いたでしょうか。

開始前から疲れが。。。

(すでにミモザが満開を過ぎていて3月8日はどうなるのでしょう)

 

ちなみにアンジェラさんとステファニアさんというお二人は同じゴルフクラブからの参加で

ゴルフカートをシェアしておられました。

コーチはちゃっかりとゴルフバッグをそのカートにセッティング。

若者マッティアは手引カート、私は電動手押しカートといういでたちです。

(途中雨が降ってきて…)

 

マッティアくんはスクラッチプレイヤー、つまりハンデがゼロの方で、

さっすがぁ、というプレーを何度も見せてくれました。

我々の戦略は大成功で、最初の14ホールをイーグルで上がり、

その後もいくつものバーディーをものにして2位に入りました。

 

いつも、次点ばかりだったので私は自分が疫病神なのではないかと思い始めていたところだったので

この入賞は本当に嬉しかったです。

 

(表彰式)

 

賞品は電化製品で、1位は薄型テレビ、2位はスピーカーセットでした。

これには息子が大喜び。^^

今まで部屋に設置していたスピーカーが20wだったのに、これはなんと120w!

性能の違いは私にもわかりました。

ただ、表彰式の後のパスタパーティーはビュッフェでした。

殆どがビュッフェなのですが、私はどうも苦手です。

ホテルの朝食などのビュッフェなら良いのですが、

こういう場合はみなが一斉に群がるので(イタリア人は日本人のように行儀よく並ぶことを知りません)

私は怖気づいてしまいます。

で、いつもみなが一段落してからと思っているとパスタが無くなってしまったり…

 

昨日はチームの人たちに助けられてなんとか手にしましたがやはり遅くて2種類のパスタのうち

一種類しか味わうことができませんでした。(笑)

 

 

 

下見

今日はライダーカップ開催地、つまり泊まっているゴルフ場の下見の日です。

朝食を取りに行ったら昨日のメンバーが揃っていたのでまたそこに加わり、この日のラウンドも一緒にすることになりました。本当は仲良しさんたちと回りたかったんだけど・・・

ま、女性は一人だったし、メンバーの中では一番プレーも安定していたし、言いたいことを言って過ごした一日でした。(笑)

コース周辺にはご覧のような可愛らしい家がたくさん立っていてKalinowePola村と呼ばれています。

 それぞれ国旗を立てているのでどこの方々のお住まいかよくわかります。庭がコースに続いているのでそのままコースに出られそうです。日光浴をしている方もおられましたがボールが飛んできたりしないのでしょうか?

 

我々は朝一番にスタートしたので午後は他のメンバーが終わるのを見ながらビールを飲んだりおしゃべりしたり日光浴をしたりして過ごしました。

 

 

この日の夕食は歓迎バーベキュウです。その開始の時刻がコロコロ変わって・・・

我々日本人には我慢できないところですね。変更の連絡がすべてのメンバーに行き届いているのかその辺が気になる私です。

案の定、きっかりにやってきたらすでに食べ始めている人がいました。(笑)

  今回はイタリアから60名近い参加者があって過去最高の人数だそうです。

バーベキュウを担当しているのはレストランのチーフのようで朝食から夕食まですべて彼が手配していました。

とっても美味しいウインナーがあってすぐに終わってしまったので次のが焼ける前にイケメンチーフを写真にとって「焼けたら私に1つ残しておいてね」とお願いしたら、なんとサラダ付きでお皿に盛って届けてくれました。(嬉)もちろん友人に半分取られましたが。(笑)

 

 

 

 

 

 

3時間ほどワイワイガヤガヤ。

寒くなってきたのでクラブハウス内に入ってまたおしゃべり。

でも、私は一人部屋なのをいいことに早々に引き上げました。9時半だったかな?

また少しチャットしてゲームして早めに寝ました。翌日はいよいよ対戦です。

 

 

 

久々の入賞

 

このところ、コンペが相次いでいてblogの更新もずいぶん間が空いてしまいました。

バラの写真も撮ってはいるのですが、また過去形での紹介になりそう・・・

でも、今日は緊急に久々のなんと10ヶ月ぶりの快勝の報告です。

コンペで入賞することはちょこちょこあってもいつも言っているようにそれは他人との比較だから他の方がいい成績を残せないとあまり大した成績でなくとも入賞してしまうことがありますが、自分の実力に見合った、(与えられたハンデに見合った)そしてほんの少しだけその実力以上の成績を残せた時がやっぱりいちばんうれしいです。

前回ハンデが下がったのが昨年の7月の24日、だからほぼ10ヶ月ぶりのことなのです。

昨年はその後息子の件であまりゴルフができなかったのではありますが、まぁ今年に入って初めての恥ずかしくない入賞と報告させてください。^^;

H1とH2でアウトになったのですがめげずに続けられたのが要因でしょう。
それというのも今回全てのチームが3人構成だったのですが何人かが今朝になって体調の悪さなどで参加しなかったので幾つかのチームは二人でのラウンドとなりました。

うちのチームでは男性二人と私だったのですが、もしもそのままなら二人の男性がお喋りを続けてきっと集中できなかったと思うのです。ところがひとりが風邪で出席できなかったのでDarioさんという第2カテゴリーの方と二人でのプレーとなり、その方も今日は何時になく調子が良くて第2カテゴリーで優勝なさいましたが、そういう方とご一緒できたのでリズムを崩すことなく最後までプレーでき96打で上がりました。

ゴルフは本当に些細な事で状況が変わってしまうのです。

 

最後の最後までカテゴリーの1位だったのですが、最後のチームの主催者側の方が私より2打少なく上がって優勝を持っていかれてしまいました。(普通は主催者側の方は優勝を辞退するものだけれど・・・(笑)

でも、そのことはあまり気にしていません。

嬉しいのはハンデが下がる仕事ができたこと。22.9から22.1になりました。これにゴルフ場の難易度が加味されて実際にはこれまで通りうちのゴルフ場ではハンデ28でのプレーとなりますが、もしも次回また少しハンデが下がったらハンデ27でのプレーとなります。

その分難しくはなりますが、やりがいがありますよね。

 

こんな話をしながらの息子との夕食が何時になく嬉しかった私です。