長かったトンネル

写真は2ヶ月ほど前のコンペ、

ローマのパルコ・ディ・メディチというコースです。

—————————————-

 

時々、ゴルフの絶不調を訴えていますが、今回のは長かったぁ。

そして、まだ完全に立ち直っていないかもしれないけれど

少なくともあの恐怖感はなくなった気がします。

 

初打を打つところはティーイングラウンドと言って

ゴルフをなさらない方々でもテレビなどで見ることがあると思いますが、

あそこに立って、クラブを振り上げる、

そして切り返しの時にものすごい恐怖感に襲われて

クラブをどんなふうに下ろして良いのかわからなくなり

でも、止まってもいられないから引き下ろすんだけど、

もうその動きはめちゃくちゃで、クラブヘッドは方向が決まらないし

ボールを捕まえられずにまたしても前方に飛んだり

左下に転がったり、意味なく天ぷらになってしまったり…

 

趣味のことだから、仕事や健康上のことじゃないのだから

悩むと言ってもたかが知れていると思われるでしょうが、

ゴルキチたちは一日中ゴルフのことを考えているわけで、

そのゴルフが不調なら、しかも単なる不調ではなく病に近い状態では

他の日常生活に置いても気が休まらず不安な日々を過ごしました。

 

イタリア人たちは不調のときはゴルフから遠ざかるのが良いといいますが、

私はそういう時に遠ざかってしまったらもう戻れなくなるのじゃないかと思って、

なんとか続けてきました。

と言ってもひところに比べるとかなりその頻度は落ちています。

 

今までは本当に通勤するかのようにほぼ毎日行っていたものですが、

最近は天候に左右され、怠けぐせも手伝って

雨だから行かない、猛暑だから行かない、チョット用があるから…

と、自分で自分に言いきかせるようにして家の中でゴロゴロしていることが多い。

 

でも、やっとここ数日もとのスイングが戻ってきたように思う。

手応えが、もうあきらめていた感触が戻ってきて嬉しい。

 

Youtubeのレッスンを一日中見たり、実際にコーチにもついて

自分でも練習場で何百球ものボールを打ったりしたし、

不調でもコンペに参加して気持ちを盛り立てたりしてきた。

「こんなKeikoを見たことがない。」と幾人もの人に言われて

本当にもうもとには戻らないのではないかと思っていたこともあったけれど

この一週間、そこそこの成績でラウンドできている。

 

今日は久々に上手な男性二人とラウンドして、なにも賭けないけれど

勝敗を競ったら彼らに圧勝してしまった。

不調続きの私に少しハンデをおまけしてくれたのもあったけれど、

公式コンペにもまさる嬉しい勝利だった。

ゴルフって…

ゴルフって…

 

これまでにも何度かこんな書き出しがありましたよね?^^;

それこそがゴルフなんだとこの頃特に思います。

シングルプレーヤーだって崩れるときには私にさえ起こらないような

妙なスイング結果に終わったり、

先日の私の場合、

最終18番ホールでティーショットが若干右寄りのラフに入ったのは良いのですが、

そこからフェアウエイに出そうともがくも

4回ほど打った球が全て木に当たって更にどんどん右奥の林へと入っていきました。

今年でゴルフも9年目になるのですが、全く初心者のときでさえ

起こらなかったようなハプニングがこのところ続いています。

 

ナポリには ”野良犬、乞食を噛む” ということわざというか言いぐさがあって

日本ではおそらく”貧すれば鈍する”と言うような言葉に当たるるのでしょうか?

ゴルフもちゃんとプレーしていればたまにはとてもラッキーな場面に出くわすのに

その日のプレーが思わしくないと今まで想像もしたことがなかったようなところに

ボールが落ちていったり、木の根っこに止まったりするものなのです。(汗)

 

とにかくまた絶不調に入りました。

辛いです。どうすれば良いのかわからないのですから。

コーチのところにも行きました。

でも、レッスンが終わった途端にまたボールが捕まらない。

空振りするわけではないのですが思ったところへ飛んでいかないのです。

昨日は4人のプレーヤープラス素人さんがパットにのみ参加するという

特殊なスクランブル形式のコンペでした。

皆いつも一緒にプレーしている女性ばかりだったので私の不調も知っているし

申し訳ないけれど自分はアプローチとパットで貢献させてもらおうと

はなっからティーショットには期待していませんでしたし、

案の定ティーショットで私のボールが選ばれたのは14Hだけでしたが、

そして私にはそれでも良かったというかティーショットの出来の悪さを嘆いたりはしなかったのですが、

友人の一人は私以上に真剣に悩み、アドバイスをしてくれて

最終的には両足を揃えて打つことになりました。

 

すると、あら不思議。

ボールはちゃんとクラブにあった高さに上がるようになりました。

アプローチがちゃんとできるのにロングショットがうまく行かないというのは

私の下半身の問題のようです。

アプローチでは短い距離なので大きく体を動かすことがなく下半身も安定しているのに

フルショットをするとシャンクや左への低いショットになってしまう(チョロではない)

ということで、後半の1/3くらいは両足を揃えてロングショットを打ちました。

 

当然ながら距離はフルショットほどは出ませんが、

ちゃんと真ん中にそこそこの高さでボールが飛んでいき明かりが見えた感じです。

こんな練習みたいなスイングで良かったのもチーム戦だったからこそ。

しかも女性チームの中では最高得点で我がチームがレディス賞をいただきました。(嬉)

 

 

 

報告(嬉)13/10

ゴルフって本当になんて言うスポーツなんでしょうか。

山あり谷ありが激しくて、でも今回の谷は奥が深すぎ自信喪失を通り越していたところでした。

それが、Gabrielleの1時間のレッスンで蘇るのですから。

(3週間ほど前にコンペをリタイヤした時に30分の指導を受けましたが。)

 

金曜日に友人たちとラウンドした時には97打で上がって自分のハンデよりもマイナス 1!

嬉しい状況で土曜のコンペに望みました。

全く不安がないといえば嘘になるかもしれませんが、その不安よりも嬉しさのほうが大きかったのです。

また、このコンペはシリーズ物で春から何度か参加していてこれまでのスコアで私はカテゴリーとレディースの両方でトップに立っていたのです。

カテゴリーでは2位と7打ほどの僅差。

レディースでは20打も離れていたので悪く行ってもレディースは取れるとマネージャーが言っていました。

あのリタイヤしたコンペもそれだったのです。

もしもリタイヤしていなければもっと差が広がっていて気楽にプレーできたことでしょう。

とはいえ、今の私にはそんなことはどうでも良い。

曲がりなりにもボールが捕まって飛んでくれたらそれで良いのです。(笑)

 

メンバーはよそのクラブの方々3名だったので誰もこのところの私の不調を知りません。

私も黙っておりました。

3ホールでバンカーからの脱出に2打を要し、ペケ。

6ホールでもTショットが左の池にはずみで入り込んで7打目のパットが入らず、ペケ。

7ホール、8ホールもペケ。

左下へ転がるボールが続いて悪夢が蘇りそうになるのを必死でこらえ

コーチの言葉をひとつづゝ思い出し、忠実に再現できるように努めました。

前半を11点で上がりました。

後半20点はほしいところです。

 

後半最初H10のTショットはたかく上がりましたがやや右に曲がってラフへ。

でも、パー5をボギーで上がり、その後のホールもボギー3,

ダブルボギー3,トリプルボギー1,パー1で後半は19点を獲得。

なんとか合計30点といういわゆる私のカテゴリーの合格点内に入りました。

そこでシリーズの方では念願のカテゴリー優勝を果たしました。

また、この日の成績のみでも別に賞が用意されていてなんと1位は

シャルム・エル・シェイクへの1週間の旅行でしたが私はレディース賞で

イタリアのガルダ湖にあるホテルへの招待バウチャー(グリーンフィー込み)をゲット。

カテゴリーの方も同じバウチャーでした。(笑)

 

最近のコンペでは18点だの16点だのとゴルフを始めたばかりの頃よりも悪い成績でしたが

やっと一息つけました。

まだ、いささか右手に曲がってしまうので明日もGbrielleに見てもらうことになっています。

Fiuggi良いとこ

Fiuggi(フィゥージ、フュージのほうが近いかな?)は人口一万人ほどの小さな町です。

その街の入り口に私の通うゴルフ場があります。

そこで、ローマの他のゴルフ場との決定的な違いはメンバーの多くがFiuggiもしくはその周辺の小さな町の住民だということ。

日本でも同じで小さな町は住民の連帯感が強いですよね?

ゴルフは個人競技なので他のゴルフ場ではラウンドが終わったら「はい、さよなら」という感じですが、Fiuggiは違います。

プレーしない人もやってきてなんだかんだと話に花を咲かせています。

他のゴルフ場では腕の違う(=ハンデの違う)人とはあまりプレーしない傾向がありますが、多くのFiuggini(Fiuggi の人という意味)は下手な人を見ると放っておけないというか、一緒にプレーして教えようとします。

それは良し悪しなのですが、(汗)冷たく見放されるよりは良いですよね?

素人が自分の見解でいろいろと教えてくれるとそれこそ十人十色で昨日聞いたことと全く逆のことを今日聞く事にもなりかねません。(笑)

でも、気持ちは嬉しいですよね。

前置きが長くなりましたが

もしかしたら地獄の下にまだ我々が知らないとんでもない奥底があるのではないかと思えるほど最近の私のゴルフは行き詰っています。

少し前に大々的に復活宣言したもののここ数日はアドレスをとりバックスイングを始めると大きな恐怖感に見まわれ全くスイングができない状況です。

バックスイングをしてトップに来たところで両手の向きがわからなくなってその後のことはまるで頭が空白状態なのです。

当然のことながらボールは思いもよらないとこへ飛んでいくか全く飛ばないで足元に転がるか。。。

なんとか打てるのは7番アイアンからそれより短いクラブのみ。

今までの私のゴルフはこの年の女性としてはそこそこ飛ばす方でその分グリーン周りの小技に欠けるというタイプでした。

パー5を3〜4打でグリーンやその際に寄せるのに、そこからまた3〜4打というのが多かったのです。

それが最近はグリーンまで1〜2打余分に掛かってしまい、その分アプローチが良くなったというパターンで、総合的には総打数はあまり変わらないものの、土曜日のコンペでは突然シャンク(ボールが真右へすっ飛ぶこと)が出始め、止まらなくなりプレーするのが怖くなりました。

シャンクのような動きでは人に当ててしまうこともあるからです。

土・日のコンペはカップルでの競技でしたが、私と組んだAnitaさんはもとよりもうひと組の男性陣も辛抱強く付き合ってくれました。

でも、私の不調は翌日には皆が知るところとなり、日曜の朝は皆が心配して声をかけてくれました。

ここまでなら小さな田舎町では世間が狭くて何事もすぐに知れ渡るから窮屈だなぁと思われるでしょうが、

今日も何人かが実際に練習に付き合ってくれていろいろと教えてくれたり、ビールをごちそうしてためになるような話を聞かせてくれたり、

心底心配してくれてこれはもうありがたいですよね。

冬になれば私のコーチにも時間ができるのでまたレッスンに行って回復できるようにがんばります。