Equinozio

Equinozio di primavera というのがイタリア語で「春分の日」という意味です。

今年は一日早かったようですね。

 

うれしい。

明日からお昼のほうが長いわけで次の日曜日にはサマータイムに入ります。

そうすると一気に夜の7時頃まで明るくなってしまうのです。

波及してゴルフ場の閉鎖時刻もうんと遅くなって午後からラウンドしても18ホールこなせるようになるわけで・・・

あはは・・・私にとっては全てはゴルフに関係して世の中が回っているような???(笑)

今日は5つもパーがとれて、これを私のレベルに治すとバーディーが4つとイーグルが1つという事になってとっても嬉しいことなのです。^^

きっとご一緒してくださった方がとても上級の方だったので適度の緊張が私の普段はズボラな脳を刺激してくれたのだろうと思います。

銀ちゃん、そして世界中の有名ゴルファーいわく、ゴルフはメンタルなスポーツ。

私の緊張感というか集中力というかそれが持続している間はそこそこの成績を収められるようなのです。

日曜日のコンペで同点ながら賞を逃したのは最後の3ホールの出来が悪かったから。

同点の場合はまず最後の3ホールを比べてそれも同点なら次の3ホールというふうに辿って行くので前半の成績がよくても後半がダメなら同点の場合は負けになってしまうのです。

歳のせいか、うちのゴルフ場は後半のほうが優しいと言われているにも関わらずいつも前半のほうが好成績になってしまうのは集中力もさることながら体力的なことも関わっているのかもですね。

近況報告

こまごまと近況報告。

エレナ=ペレットストーブが壊れた。極寒の時期でなくてよかった。

陽介のリハビリ、週に一回の施療、帰宅したらぐったりしているけれど確実にいい効果を実感している様子。

そろそろ庭の草刈りが必要、腰の痛みがそれに絶えられるか?

Paoloの仕事はますます拡大、もうすぐ週に何日かは帰ってこられなくなりそう。

Rudyもニャンズも私もみんな太り気味。あ~あ

 

 

このあとはゴルフ話題。

可愛いロレンツォ君

昨年彼の初めてのコンペで一緒にラウンドしたのですが、その時もちろん上がっていた彼を励ましたり慰めたりしていたのですが、きっとうるさいおばさんだなと思われているだろうと思いきやその後も出会うたびに一緒にラウンドしましょうかと言ってくれていた彼。おそらく15,6歳?

久し振りに出会ったら「Keikoさんの忠告を守ったら昨日(3月5日)のコンペでハンデが31に下がりました❢」と報告してくれました。

もともと私はまだ自分がこのゴルフ場では一番の新入りだという意識があるので忠告などできる立場じゃないと思っているので余り誰にも何も言わないのですが、息子か孫のような彼にはそれなりのことをつぶやいたようです。(笑)

どんな忠告をしたのかはっきりとは覚えていなかったのですが、どうやら最後までゲームを捨てるなと言ったらしいのです。(これは他の友人達にもよく言うことだから)

彼が前半3つもX(Xとはスターベルフォードで決められたストローク以上叩いたときに適用されるもので普通トリプルボギー以上はプレーできないことになっています。)をだしてしまったけれど、後半には普通の出来で18点のところを27点も稼いだということで、全体としてかなりいい成績で上がったようです。

そういえば、あるショットのあとで彼が「あ~、だめだ。」と言ってるのに私が「いまのはいいショットだったよ、君がなんと言おうと私にはいいショットに見えたのだからお黙り。」てなことも言ったっけ。(笑)

とにかく気難しい今時の若者が、お礼を言ってくれるなんて!なんて幸せものでしょう。

ギックリ背中

ぎっくり腰なら今までに何度も経験があるけれど、今回は背中。

朝、食器を洗っていたら急に背中をまるで鉄砲で撃たれたみたいに(って今まで撃たれたことはないんだけれど・(笑))ものすごい痛みが走って表面じゃなくて奥の方だったから何か内臓(特に心臓に近いから)と関係があるんじゃないかという思いと恐ろしさと強い痛みにしばらくは泣きそうでした。

Paoloがそばにいましたが彼はこういうときにからっきしだめな人で・(笑)心配はしているのでしょうがどうしたらいいのかわからない人なのです。

だから平然と(見た目)朝食を取り続けてしばらくすると「病院へ行く?」の一言。

そう言えばいちど「どうしたの?」って聞いてくれたけれど、それは心配しているんじゃなくて責めているような言い方。(はぁ~)

とにかく、座って背中の痛いところを押し続けて、それがいいのかどうかわからないけれど支えていると少し安心で、ネットで調べたら「ギックリ背中」と言うのがあると知りました。それでちょっとひと安心。

そうして30分ほどもたったでしょうか、万が一心臓やなんかの異変ならすでに何かもっと他の症状も出ているでしょうからそういう意味で安心して筋肉痛に効くポマードを塗ってもらって休みました。

Voltarenと言うものですが、今回ほどその効き目に感謝したことはありません。

痛み止めを飲んでこのポマードを朝・昼・晩と塗ったら翌日はゴルフに行けました❢^^

完全に痛みが去ったわけではありませんが呼吸も普通にできるようになったし少し動くのは悪くはないだろうと思って。

で、もう大丈夫です。おさわがせ。^^;

 

 

 

厄年とお詫び

先日、はっと思い出したのです。

厄年のこと。

昨年、息子は本厄だったのではないかと。

今調べたら後厄でした。

そして私も後厄だったのです。

(11/02: 女性には61歳の厄はないと知りました。)

だからなのですねぇ、ふたりとも辛い思いをしました。

まだ尾を引いていますがもう今年は厄年からは抜け出せたようで

そう思って、がんばります。

 

 

次はお詫び・(笑)

旧blog、もしかしてどなたかはクリックなさったのではないでしょうか?

そしてページは見つかりませんでしたよね?

あそこに管理人として入れなくなったのは1月31日。

でも、閲覧はできていたのです。

それはキャッシュが残っていたから。

で、どうやらサイト循環のボロットが回ってきてこのサイトは存在しないとなったようです。

今夜ちょこっと見たい記事があったのでこの上のメニューをクリックして大慌て。

すぐにサブドメインを作って復活しようとしたのですが、内容は読めるものの表示が臨時対応になっていてとても見苦しいです。

これからまたサーバーの方に救援をこうつもりですのでしばらくはクリックしないように。(笑)

何度もお騒がせしてすみません。(平身低頭)

 

 

映画「あん」

NETFLIXで映画「あん」を見ました。

イタリア語のタイトルは「TOKUEさんのレシピ」

何も知らずに見始めたので最初は料理をめぐる明るいコミカルな話かと思っていました。

それが非常に考えさせられるお話で・・・参りました。

恥ずかしながらハンセン病患者さんたちのおかれている状況をこの年までまったく知らずにおりました。

その存在すら思ったことがないほどです。

まったく理不尽な話ですよね。伝染病でもないのに隔離されてしまうなんて。

何よりもの原因は無知からくるもの。

無知だから余計な恐怖心が生まれる。

話がかなりそれますが、私のスマホに時々友人から「今夜は地球の放射線が強くなるからスマホを切ってからだから遠ざけて休みなさい。このことはシンガポールのテレビ局でも流れていた話だからすこしでも多くの友人達にこのことを伝えるメッセージを送りなさい。」

「今RAIというイタリアのテレビ局で放送があったけれど、「法王のダンス」と言う名のファイルが送られてきたら絶対に開けないように。開けたらスマホ内の設定がみんな消えてしまうらしいから。このことを一人でも多くの・・・・」

こう言う内容のメッセージが入ります。しかも複数の人達から。

私はすぐにネット上で真偽の程を確かめるのでもちろん彼ら(実は女性に多い)が言うようなことはまったく信じませんし、誰にも送信しませんが、最初の頃は「ありがとう」と返事をしておりました。でも、最近は黙殺です。

「あんたはアホか。」といいたいところですが、もしかしてほんとうにそういうことを信じているのなら傷つけることになるでしょう。

でも、そういうメッセージを送ることで余計スマホを使わなければならない矛盾に気が付かないのかなぁ???

ハンセン病患者さんに関してはこんな軽々しい話ともちろん比較もできませんが、もっと国を挙げて本当の姿を知らせて*絶対に感染らない病気であること、*万が一発病しても今は治療法があって完治すること、などという意識を浸透させるべきだと思います。

それにしても樹木希林さん、あっぱれな演技でしたね。

こんな優しげな彼女を見たのは初めてかも。いい映画でした。