一休み

アラレ

武漢肺炎の行方ばかりが話題になっている昨今、

今日はちょっと一息、関係ない話をしますね。

とりあえず、武漢肺炎という呼び名は皆さんも保持してくださいね。

でないと中国は発祥地をアメリカだの日本だのと言い出していますから。

 

3月3日、ゴルフ仲間とデートしました。(笑)

彼は医薬品会社のセールスマンで、あちこちの薬局を定期的に巡回します。

セーニにも時々来ると言うので以前から、「ランチを一緒に」と言っていたのでした。

ゴルフでは私のほうが先輩ですが、男性でしかもテニスプレーヤーは

進歩が早くてすでに追い越されています。

ゴルファー同士でも気の合う人とそうでない人が居るのは当然ですね。

彼とは気が合うのでダブル選を一緒に戦ったこともあります。

 

そして、何度もセーニに来ながら全くセーニを知らない人に

我が町を紹介するのは私の役目だと勝手に思い込んでいるので

以前から、セーニに来たらぜひ声をかけてくれと言っていたのでした。

 

3月3日、奇しくもひな祭りにその機会は訪れました。

デートと言ってももちろん双方の配偶者公認のものですからご心配なく。(笑)

あいにくアラレが舞い散る3月らしい天候で、

せっかくセーニの町をくまなくご案内したかったのですが、

寒さと、傘も役に立たない天候のため早めにいつものLa Paceという

セーニ市唯一のホテル、レストランにつきました。

 

彼は、アラートリというこれまた素敵な町にお住まいです。

こちらのレストランは昼食時、12時半から13時に開くのが普通です。

我々は12時ちょっと過ぎに着いてしまったので

アペリティーボ、つまり食前に飲む飲み物で時間稼ぎ。

アペリティーボ二はアルコール入りの物とノンアルコールのものとがあり、

前者ではカンパリソーダなどが有名ですが、

今回はノンアルコールのクロディーノというのをとりました。

その食前酒を頂いている時に、上部の写真のようにアレラが降りました。

早めに観光を切り上げて正解でした。

 

さて、寒かったので暖かい前菜を注文しました。

ソテ・ディ・コッツェという、ムール貝のソテーです。

このレストランは量も多いので一人前を頼みました。

写真を撮るのを忘れていましたので、お借りした写真で。

ムール貝のソテー

メインは、彼が希望したスカンピのリゾット。

スカンピというテナガエビの風味が聞いたリゾットです。

リゾットアッラスカンピ

これが彼の大好物なんだそうですが、その彼にグーの根もでないほど

唸らせることができたこの日のリゾット、彼はすぐにゴルフ仲間たちに

このリゾットの美味しさをチャットで報告していました。

 

私が作ったらご飯が見えないほどに海老を乗っけるのだけれど。(笑)

とにかくとっても美味しかったです。(そこはプロ!)

 

昼食だし、遠くに帰らなければならないし、軽く済ませたいという彼も

デザートははいる場所が違うので。(笑)

ズッパイングレーぜ

これも彼の大好物のズッパイングレーぜ、

スポンジケーキに少しアルコールを染み込ませ生クリームを添えたもの。

私はこれ、

チーズケーキ

チーズケーキに森の木の実を添えたもの。

どれも逸品でした。

 

この昼食の伴侶はグレコ・ディ・トゥフォという、南イタリアの白ワイン

白の中では一番好きかも?美味しかったぁ。

ということで、老年カップルのデートはこれにておしまい。(笑)

 

 

もやし

おでんの具だけじゃないのよ、Yukoさんが持ってきてくれたのは。

 

もやしもこの所食べたくてしょうがないものの一つだったんだけど、

それを知ってか知らずか二袋持ってきてくださったの。

 

でも、おでんですっかり舞い上がってほぼ忘れていたので

気がついたらちょっと酸っぱい感じがしないでもなかったけれど、

一気に炒めていただきました。

薄切り牛肉をバターでソテーしてそのフライパンで炒めました。

これも美味しかったあぁぁ^^;

 

アワビだのカニだの上等なものも好きなのよ。

でもね、薄揚げとかもやしとか、そういうものがだーーー〜い好き!

2ヶ月ぶり

ちょうど2ヶ月ぶりにYukoさんが戻ってこられました。

なんと!今回はご次男と一緒に。

 

スマートで几帳面で紳士で、とってもステキな方でした。

約10時間、行動をともにしましたが、話は尽きることがありませんでした。

少しでも生のイタリアを見せることができて満足です。

 

冬場でローマインということで、なんとおでんの具を持ってきてくださいました。

もう、最高に嬉しいいいいぃぃぃ

 

追記:写真は息子さん。

Yukoさんとお友達

今年2度めのYukoさんの来伊です。

なんと小学校時代からの友人Sさんと。

今回は短い滞在でVeneziaとRomaのみ。

そのRomaのうち一日を我が田舎に来てくださいました。

 

うちの周辺を結構くまなくご案内していたつもりですが、

まだ、鍾乳洞に入ったことがないということで、幸い天候にも恵まれたので

黄葉を見ながらのドライブがてら、家から約1時間のコッレパルドという街の

鍾乳洞へ行ってきました。

この階段を見たYukoさん、「登るの?」と一言。(笑)

お二人とも鍾乳洞は初めて(日本でも経験なし)とのことで、

秋吉台の鍾乳洞を知っている私からはごく小規模なものですが、とても喜んでくださいました。

説明のためにガイドさん付きで入場しますが、そのために20分待たされました。

でも、気さくで楽しいガイドさんで、例えば石筍は、どんなにきれいに洗った手でも

一旦触ったら、そこからは成長しないなどという興味深い話を伺いました。

(人間の皮膚には若干の油脂があるので、水滴は滑ってしまって蓄積されなくなるそうです)

そのガイドさんに撮っていただきました。

 

さて、そこから40分ほど戻った街Acuto(アクート)で昼食です。

アグリツーリズモのこのレストランはTre Chiodi(三本の釘)と言う名です。

ドアを開けるなり、ポルチーニきのこのいい香りが漂っていたのでプリモは迷わずそれ!

大ぶりのきのこが入っていましたが、数が少ないので残りのパスタは

チーズをたっぷりかけていただきました。(笑)

パスタはその店の手打ちパスタでとっても美味しかったのです。

その後、トマトで煮込んだお肉(絶品)とオレンジ味のスカロッピーナ(美味)、

そして珍しいだろうと思って注文した羊肉の串焼きが硬くてほとんどRudyへのお土産に。(笑)

 

食後に少しその街の旧市街地を散歩して腹ごなしをし、近くのCoopへ。

ここで、お二人はお土産を買い整えられました。

 

10月の中頃からず〜〜〜〜〜っと悪天候でしたが

久々の晴天に恵まれ楽しい一日になりました。

オフで対面

大昔、ネット上で知り合った友人たちと初めてであったときの感激を

今でもよく覚えていますが、昨日久々にまたそういうことがありました。

 

約1年前からネット上では時々交信しているKotaroさん(ペルージャ在住)と

なんとローマのゴルフ場でお目にかかりました!

もともとKotaroさんはゴルフ関連で私のサイトを見つけてくださったので

ゴルフ場でお目にかかるのは、思えばそんなに意外なことではありませんが

住んでいるのが違う州で車で2時間半ほどの距離感ですから

偶然に会えるという確率はほぼないのです。

 

でも、トスカーナ、ウンブリア、ライツィオの3つの州が合同で

その界隈を盛り上げようという企画で行われたコンペがあって、

初回の春の陣ではうちのFiuggiチームが優勝したのでしたが、

今回はいささか苦戦を強いられています。

今の所僅差でトップの座は保っておりますが

その座を危うくしてくれているのが他ならぬKotaroさんのチームなのです!^^;

 

昨日も3位に入賞なさって、アイキャッチ画像はその授賞式の様子です。

 

ラウンドが終わっていささか疲労困憊していた私を見つけて

声をかけてくださったのがKotaroさんでした。

お互いネット上で顔は知っているので初対面という気がしないようでもあり、

または知っているタレントさんに初めてあったというような妙な興奮があり、

何やら妙な心境でした。

 

彼には可愛い息子さんがいらして、私はKotaroさんのblogを通して

息子さんがごく小さい頃からのいろいろを知り尽くしているので

実際にあえてハグで来て本当に嬉しかったです。

 

今年Kotaroさんはスキー場で事故にあって膝をひどく傷められたこともあって、

我がチームの座を脅かしてくださっているのは悔しいような

でもどこかで彼の故障からの復帰を喜んでいるような微妙な気持ちです。

 

決勝戦は11月1日。

さて、どういう結果になることでしょう。

どういう結果になったとしても大切な友人が数人増えたということには代わりはありません。

 

 

Tivoli

Tivoliへ行ったのは何年ぶりでしょうか?

思い出せないくらい以前のことです。

 

Segni(セーニ)近郊は前回ご紹介したし、

ローマはPaoloがしっかりご案内したし、

ふと思い出して、Tivoliを提案しました。

 

噴水庭園がすばらしいことで世界的に有名なエステ家の別荘があるところ。

そして、1740年から開業しているSibillaというステキなレストランのあるところ。

歴代の法王様方や世界中の重鎮、そして我が国の天皇陛下もお越しになったところ。

忙しいツアーなどでは近寄ることもできませんが、

青花さんたちはいつもゆったりとその地の雰囲気を楽しむ方々。だから。。。

 

長年行かないと道路事情駐車場の事情が変わっているのでそのあたりは前日に調べておきました。

庭園に一番近い駐車場についたらそこはレストランにも近いところだったのです。

レストランの名前が見えるかな?

横に見えている遺跡は「ベスタの神殿」それぞれの街で一番重要な神殿でした。

その文化財がレストランの庭に存在する、イタリアならですね。

元若者たちが撮影に一生懸命。

はい、振り向いて!

ローマにたくさんある水飲み場がここにも。

ではいくつか噴水の写真を。

あら、この2つだけ?上はヴィーナスの噴水、下は百の噴水と呼ばれています。

この日は晴天でいささか暑かったので早々に引き上げました。

先程遠くに見えていたヴェスタの神殿。

ここは断崖の上になっているので下の方に小さな滝などが見えます。

若くてハンサムなウエイターさんがメニューを持ってきてくれました。

しかもとっても丁寧な言葉遣いにちょっと戸惑う私達。(笑)

海の幸の前菜と山の幸の前菜を取りました。

写真はどちらも山の方、海のほうが出てきた頃にはテーブルが一杯で

取り分けたり片付けたりに忙しくて写真も撮りませんでした。

 

紫のじゃがいもで作ったというニョッキは見た目がこんにゃくのようで一瞬ドッキリ。

ここは山の上の街ですが、格のあるレストランにはほぼいつも新鮮な魚介類が入っています。

マグロのタタキやタイのカルパッチョに感動。。。

(したのは私だけで皆さんはもうお腹がはちきれそうと(笑)

 

最後に天皇陛下のご来店記念の大理石の石版を見に行ったらなんと上皇様のものでした。

私の記憶の中では皇太子様でしたが、ひと世代いやふた世代?違っておりました。^^

ゴルフ〜〜〜

青花さん御一行との二日目は、ゴルフ〜〜〜!

 

雨天決行という心構えだったのが幸いしてか雨は降らず。

みなの日頃の行いがこういう時に物を言うのでしょう。^^

気持ち良い雨粒が3つほど落ちましたが、逆に暑くなくて幸いでした。

19ホール目、つまりラウンド後のビールで乾杯時には寒さを感じるほどでした。

 

同行されたW氏の奥様は、ご主人のゴルフを見ることはあっても

まだご自分はやったことが無いそうで(すでにクラブ一式はお持ちなのだそうですが)

もしも退屈なさったら申し訳ないと思って引っ張り込みました。(笑)

 

こちらでは年に1回、5人でのプレーがあります。

4年でスクランブルプレー(一番いい条件のボールをみなで打っていく)をし、

まだゴルフ未経験の方にパターを手伝っていただくというスタイルです。

我々も5人。そして、一人は未経験者。

絶好のラウンドタイプでしょ?

つまり我々の中ででき具合をとやかく言うのではなく、

我々5人とコース(パーおじさん)との戦いです。

 

我がゴルフ場はパー70。

私の公式ハンデの半分以内で収まれば我々の勝ちかな?と思っていましたが、

なんと!9パー、9ボギーで回ったので9オーバー。

私のこのゴルフ場でのハンデは29(恥)なのでゆうゆう我々の勝ち!となりました。

 

嬉しいことにW氏の奥様もとても楽しんでくださり

これを機に本格的にお始めになるかもしれません。

 

私自身は、このところ絶好調だったのに、この日はあがってしまったか

いいとこを見せようという下心が災いしたのかさっぱりな有様でした。

一番の貢献者は青花さんでした。

気持ちの良いショットを次から次に繰り出し、ご主人もタジタジ。(笑)

最初から最後まで笑い声の耐えないラウンドとなりました。

 

では、次回はTIvoli行。

ゴルフ場では写真を撮らなかったので

アイキャッチ写真はTivoliの街を行く奥様方です。

I

友あり遠方より来る

9月1日

青花さんご夫妻とそのお友達ご夫婦がみえました。

早速楽しいおしゃべりと、思いっきりリーズナブルな食堂での昼食。

そして、時々雷雨の中のドライブで初日は過ぎました。

明日は全員でゴルフの予定です。

予定と言っても雨天決行の確実な予定です。(笑)

天気予報では午後にまた雷雨が、でも我々の熱気を冷ますものではありません。

ちずるさん

日本からちずるさんが来られました。

まだバリバリの現役なのでなかなか長い休暇が取れず今年の10連休は嬉しいサプライズだったようで

イタリア、特にシチリア旅行を計画なさってうちにも寄ってくださいました。

 

あいにく昨日は雨時々曇りという感じで庭の散策は無し。

彼女は猫が大好きなので室内でしばらくオットと遊んでから

まずは例に寄って私の第二の家、ゴルフ場へ。

Fiuggiの街をぐるっと車で周り近くの湖も車内からの撮影。

ゴルフ場についたら寒くて寒くて…

早速温かいパスタを食べて、その後はナポリへ向かいました。

白っぽいのはカチョカバッロ、少ししょっぱめ、

赤いのはプチトマトを焦がしたソースで少し甘い、ということでいいコンビでした。

 

さて、ナポリ行ですが時折強い雨に見舞われて高速道路の制限速度130kmで走るのは少し危ない状態。

天候のせいか衛星とうまく繋がらないようでナビも役に立たず、昔の感を頼りに目的地へ。

 

ただ。。。。。。

 

ナポリの交通状態は20年前と少しも変わらず、挫折した道路工事と相まって更にひどい状態。

高速を降りてから目的のB&Bにたどり着くまでにものすごい時間と

数センチづつしか進まないのでクラッチを踏む左足の痛みといったら。

 

まぁ、なんとか目的地に到達してすぐにとって返しました。

いい経験になりました。

次はどなたがいらしてもナポリは電車でいってもらいます。(笑)

 

イタリア子連れ放浪記

「イタリア子連れ放浪記」

過日、このblogにコメントを残してくださったkotarouさんのblogです。

ゴルフ仲間ということでコメントを頂いてすぐにお礼のコメントをしにお尋ねしました。

私同様かなりゴルフにハマっておられるとのことでしたがタイトル通り多くは主夫として、父親としての子育て日記です。

お若い頃からお料理も得意でいくつかの手料理の話題もあり、またタイトル通りフットワーク軽くあちこちにお出かけになっていて旅行記としての話題も豊富です。

つまりキーワードとしては *イタリア *子育て *料理 *旅行 *ガーデニング *ゴルフ

うちのblogを覗いて下さる方々の興味の対象が全て詰まっているblogなのでした。

3日間ほど朝の3時4時まで読みふけり2005年の4月からの投稿を完読してしまいました。(汗)

文章が素晴らしく、写真がとても綺麗でどんどん惹きこまれてしまいました。

私はあまりイタリアにいる方々のblogは読みません。

皆さんとても優秀な方々でお仕事や趣味の藝術などを極めておられてなにも出来ない不甲斐ない自分が情けなくなってくるからです。

そんなに優秀なら日本でもさぞかし成功なさっただろうと思うのですが、私はイタリア人の悠長な所、怠け者のところばかりをこの30年間に吸収してしまいご覧の通りただの主婦でゴルフ狂いなだけ。(笑)

でも、kotarouさんのblogは表現の仕方なのでしょうか?私が自己嫌悪に至るようなこともなく、物の見方もよく似ていて(同じ未年のせいかな?)とても心地よかったのです。

そうそうイタリア語もしっかり勉強なさっただけあってイタリア語を訳した時の表記もはなまる。アクセントの位置や長音なども正確に記載なさっていて気持ちが良いのです。

カフェラテ(カフェラッテ)とかルッコラ(ルーコラ)と書いてあるのを見るととても気持ち悪いのですが (あ、もちろん日本の皆様はいいんですよ。)そういうことは全く無く安心して読み進むことが出来ました。

そこで、皆様にもおすすめしたいなぁと思った次第です。

最新投稿は「副業」

私はkotarouさんの職業は存じません。

ゴルフ仲間には職業を伺うことはまずありません。これまでに国際的に地位のある方々やごく普通の会社員、工員さんたちとご一緒しました。弁護士と医師は掃いて捨てるほどいるゴルフ場です。

でも、全く興味はありません。ゴルフの上手下手も二の次です。私がゴルフ仲間に求めるのは 紳士的なプレーをしてほしい! ただそれだけです。

kotarouさんの副業とは?

興味のある方はどうぞ覗いてみてください、ヤキモチは焼きませんから。(笑)