咲いた、さいたPart3!

ヒヤシンス

パート3!になりましたよぉ。

まずはヒヤシンス。アイキャッチ画像は白。

 

ヒヤシンス

そしてこちらはブルーとピンク。

植えっぱなしで15年ぐらいはとうに経っているので、だんだん野生に戻っているみたい。(笑)

でも、こういう咲き方もかわいいでしょ?

 

ヒメオドリコソウ

ヒメオドリコソウの群生です。

もうすぐ刈り取ってしまうのでその前に。

 

ヘレボルス

ヘレボ、ウインターハーディ

ね、かなり色が薄くなってきたでしょう?

私はこれからが好きなんです。(へそ曲がり)

 

イベリス

イベリス、いつもならまだ寒い時に一人舞台なのですが、

今年は暖冬だったので他の花たちと一緒に咲いています。

 

モモ

次はモモです。

最初はネクタリンだったのにいつからか他のと混じってしまったみたい。

当初は八重の大ぶりの花だったのに今はこんな感じ。

もちろんこれも可愛いけれどね。

 

ヤマブキ

色が代わってこちらは ヤマブキ。(うわぁ、ピンぼけ)

なんと!イタリア名が Rosa del GIappone ニホンノバラ!だと知りました。

 

ツバキ

ツバキ 下の方に咲いていたのでほぼ寝っ転がって撮りました。

 

バラの蕾

そして!バラの蕾発見!  パレ ロワイヤル

スパニッシュビューティーにもついていたけれどピンぼけでしたぁ。

 

さて室内では。

 

ミニバラ

少し疲れてきたようですが、まだ新入りのミニバラ咲いています。

セントポーリア

このセントポーリア、花は指先ほどの小ささなんですよ。

 

コチョウラン

そしてついに、胡蝶蘭が咲き始めましたよ。

11個蕾が付いていますが、最後までみんな咲いてほしいなぁ。

とにかく、これから約2ヶ月ほど楽しめるかな。(嬉)

 

 

 

咲いた、さいたPart2

野生のアネモネ

今回は3月10日にアップしたパート1より数が少ないので1枚づつ紹介しますね。

まず、野生のアスパラが結構でていたので早速収穫して

野生のアスパラ

ご覧のようにトリコロール(ほぼイタリアの国旗の色)でいただきました。

三色料理

収穫時には黒っぽい色なのですが、調理するときれいなグリーンになります。

 

まず、アイキャッチ画像は野生のアネモネ。

前回は日が沈んですぼんでいました。(汗)

 

これはエリックスミシー(ヘレボ)の末期の姿です。

ヘレボルス

これは ベロニカ・ペルシカ って言うと「?」とお思いでしょうが、

要はオオイヌノフグリです。^^

しかも、普通は群生するのですが、たまたま一輪だけ見えたので撮ってみました。

ベロニカ

ベツレヘムの星

ベツレヘムの星

ツルニチニチソウ  これもほぼ群生していますが、きれいな色に撮れなかったのでアップのみ。

ツルニチニチソウ

シナレンギョウ

シナレンギョウ

デイジー

シナレンギョウ

ムスカリ

ムスカリ

ラン、多分カンブリアだと思います。^^;

ラン カンブリア

スイセン アイスフォーリス

花は咲いている場所で見るのが一番ですが、

目につかないところに咲いていたので摘んできました。

アイスフォーリス

昼間はこうして庭で過ごしています。

田舎に住んでいて本当に良かった。

隣町のゴルフ仲間、彼女は小さなアパートに住んでいるので

結構ストレスが溜まっているようです。

朝夕の犬の散歩は許されているけれど、

ご主人と一緒にはできなくて犬1匹に人間一人という条件だそうです。

 

そして、夜はこんなふうに遊んでいます。

障害物競争。。。じゃなくてパットの練習。(笑)

Rudy

ビデオゲームでのKeikoアバター(息子が作ってくれたのでよく似ているでしょう?胸はこれ以上小さくならないの。最近太ったのでまた少し修正しないとね。笑)

Keikoアバター

ということで、退屈知らずで暮らしています。

 

 

 

咲いた さいた

クリックで少し大きくなりますが、戻るボタンで毎回戻ってください。

もしくは別のウインドウでOpenでも良いですが、どんどん画面が増えます。(汗)

だぁっと並べてみました。

結構色んな花が咲いていましたし、

バラファンには新芽もかなり愛でる価値のあるものなのです。^^;

ヘーゼルナッツの花が面白いでしょう?

実になるものはほぼ、みんなこんな花が咲きますと言うか、つきます。

シッラはまだ早すぎたかも。

ヘレボのウインターハーディーは、前回はもっと色が濃かったと思います。

まだこれからもどんどん退色しながら咲き続けます。

いま…

ヘレボ・ウインターハーディー

今、咲いている花、咲こうとしている花たち

昨日からの雨ですっかりしょげていますが、撮ってみました。

ピンぼけもありますが、見てくださいね。

クリックで少し大きくなります。

パパメイアン

いなくなってしまったと思っていたパパメイアン。

シンクの大輪のバラ、ダマスク香の強い風格のあるバラ。

一輪だけですが、咲いていました。

ひところのような元気がなく若干花びらも少な気な気がしますが、

その香りはパパメイアンだけのもの。

 

朝、切り取って夕方帰宅したら

ここまで開いていました。

夜中に雨に打たれてキラリと光る朝の花びらもステキだけれど、

熟女になってビロードの感触が表にでたところもステキね。

 

アイチャッチ画像のは数年前のものを一眼でとったので随分違いますね。(汗)

ツーショット2つ

——————————————————————————————————-

まずはキキョウとハマナス(ローザ・ルゴーサ)

キキョウは例年に比べて花数が少なそう。

そろそろ植え替えどきかな?

 

ハマナスは自分で更新するみたい。

この冬にすっかり無くなってしまったかに見えるほどだったのが

ご覧のように若々しい茎や葉が伸びてきて、花はぽつりぽつりだけれど

元気でいてくれたらそれで十分。^^;

 

こちらはフジと先日ご紹介した野生のクレマチス=蔦のツーショット。

そう、蔦なのですよ!

フジはこれで3回目の開花かな?

下の方は庭師さんにカットされてしまって上の方だけ咲いています。(はぁ〜)

 

ツーショットはここまで。

そして彼らのそばでこれでもか!と咲き誇っているのがノウゼンカズラ。

この暑いのに元気そのもの。

チョット可愛げがないけれど今年はいつもの年より放任して咲かせています。

 

おまけにRudy.

左側の下の歯が一本少ないことに気が付きました。

抜けたとか折れたとかじゃなく、生えてこなかったみたい。

歯茎の状態からそんな印象を受けました。

彼は生まれながらにして尻尾が半分だし、たまたまも一つだし

何か足りないのだけれど、その分可愛さは百倍!!!(笑)

クレマチス

モンタナルーベンス

おそらくまだこのクレマチス(下の写真)はご紹介したことがなかったと思います。

今年で3年目かな?

スターオブインディアと言う名です。

スターオブインディア

とても深い色目で、でもどことなく慎ましやかで大好きです。

まる2年間、買ったときのポットに入ったままポツリポツリと花をつけてくれていました。

今年ようやく、すでにハーグレイの植わっている大きな鉢に一緒に植え込みました。

やはり、根が育ったせいか今年はななつきが良いです。

下の方に新たなシュート(シュートというのはバラだけかな?)が伸びてきています。(嬉)

 

では迎え入れた方のハーグレイ

(ネット上ではHargleyとHagley両方の表示があってどちらが正しいのか知りません。)

これはもう5、6年は経っていると思います。

毎年どんどん何度も花をつけてくれます。

ハーグレイ

以上2つはお勝手口を出てすぐのところで咲いているので毎日見られるのですが、

これからご紹介する2種類は庭の真ん中で見に行かないと見えません。(汗)

 

まず、プレジデントから。

大ぶりの紫色のクレマチスと言うよりテッセンという方がふさわしい感じの花です。^^

大ぶりのをさらにドアップで。(笑)

プレジデント

庭の中のガゼボに添わせてもうひと種類ネリーモーザがいます。

これもかなり大振りですが色が優しいのであまり強い感じはしませんね。

ガゼボの天井まで伸びています。

ネリーモーザ

 

さてここからは回顧調にかつて楽しませてくれたけれど今はもういらっしゃらない方々を。

まず最初に手に入れたクレマチス、モンタナ・ルーベンス

まるで一重のバラを思わせるシンプルな花の形に参りました。

愛らしい愛らしいクレマチス。

大きなアーチをすっぽりとおおってくれていたのですが…

モンタナルーベンス

その隣にやはりアーチを伝ってどんどん伸びてくれたのがジャックマニー

ジャックマニー

最後にピール、Piiluと書きます。Iが2つ並んでいて面白いでしょ。

上のジャックマニーもJackmaniiと最後にIが並びます。

何かわけがあるのでしょうか?

こちらは半八重の、うちのクレマチスの中では一番エレガントな印象の花でした。

ピール

そして今でも、これからもずっと元気で絶対に絶えないのがこちら。

野生のクレマチスです。

茨と一緒になって庭を犯してくれるありがたくない種です。

はい、花は可愛いんですが…

あまりの繁殖力に嫌気がさします。

クレマチス野生種

 

スパニッシュビューティー

やはり彼女には全ページを捧げなければね。

 

今年はちょっと花数が少なくそろそろ全面的な植え替えどきかもしれません。

ま、それはともかくいかがですかこの美しさ。

香りの良さをblogでお届け出来ないのが残念です。

よく、天は二物を与えずなどといいますが、

その言葉はスパニッシュビューティーには当てはまりません。

完璧な美しさとともにいいようのない素敵な香りをも伴っているのです。

 

もしもこれが人間なら嫉妬に狂った人に危険な目に合う可能性もありかな?(笑)

大きな実を同じ鉢にそのまま植え込んでみましたが音沙汰なし、

本格的に増殖を考えたいと思っています。

多摩の流れ

 

先日、ギャラリーでご紹介したこの花。

名前知らずになっていましたがどうやらフロックス キャンディ ストライプ

またの名を「多摩の流れ」という芝桜の仲間だと判明しました。

昨年、名前がわからないといったときに「芝桜ではありませんか?」と

ご意見を頂いていたのですが、他に我が家にいた芝桜とは葉の様子があまりにも違ったので

別物だと思っておりましたが今回しつこく検索した結果、全く同じ花を見つけた次第です。

 

ご意見をくださった方には誠に失礼いたしました。

やっと気持ちがしっくりしました。^^;

 

 

現状

 

説明不要ですね。

こんな花たちが咲いています。

これらの写真を撮って二日ほど経ったでしようか

すぐに追加が必要です。

今日はバラも咲いていましたが別枠でご紹介しまっす。^^