今ごろ?!

ヘレボルス、早いものはクリスマスの頃から咲くのでクリスマスローズと呼ばれるのに

遅いものでも復活祭前には咲くのが普通。それをレンテンローズと呼ぶけれど・・・

今頃咲くのは???

早春に開花株を買ったウインターハーディー、数日前からまた咲いているのです。

早春より若干色が薄めのような気がしますが3輪咲いています。

4月の終わりから5月の中頃まで寒さがぶり返したからまた暖かくなって春が来たと勘違いしたのかしら?

それとも年に数回咲く種があるのかしら?

何にしてもとっても嬉しい。

 

その分?同じ頃に買ったニゲル二株がだめになりました。(涙)

咲いていたのよ 続編

続編があったのですよ。^^

このフジもかなり前から咲いていて・・・

確かまだ3月だったような・・・

で、すでに満開を迎えています。

 

 

アップの方、左に写っているのは種が入った袋です。

ちょうどお多福豆のような感じ。

これがねじれてポンッという音と共にサヤが割れて種が飛び散るそうです。

マメ科の植物に共通しているようです。

今このあたり一面いい香りで窒息しそうです。(笑)

 

 

 

こちらはツバキ、二色咲く木です。

 

 

 

日差しが強くて写りが悪いですが、

これも満開の時はそれは見事でした。(汗)

 

 

足元に目をやると・・・

オーニソガラム

庭を持った最初の春に花らしい花といえばデイジーとレンギョウとこのオーニソガラムでした。(笑)

 

 

 

こちらは現在進行形

買ったときの花は全て終わって、再度このように満開になりました。

日本では考えられなかったことです。

屋内とは言ってもこちらの日差しは強いですからね、アフリカ生まれのセント・ポーリアにはやはりこのくらい強い日差しが必要なのかもしれませんね。

若い頃日本で蛍光灯をつけて栽培していましたが花がさくことはありませんでした。

スマホでの撮影ですが、初めて自然の色がでているように思います。カーテン越しの日差しが少し妙な影を作っていますが。

そうそうイタリアではヴィオレッテと呼びます。すみれと同じ。^^

 

写真はすべてクリックすると以前より少し大きめのサイズでご覧いただけます。
お手数ですが、本文へは戻るボタンで戻ってください。

 

咲いていたのよ

うわっ、まったくピントがあってませんね。

とにかくこのオールド・ブラッシュ・チャイナ。

今年も一番乗りでした。

3月の終わりごろにすでに咲いているのを見て慌てて撮影しました。

蕾ができてだんだん膨らんで・・・という過程を一気に飛ばして開花という感じでした。(笑)

 

こんな無残な姿をお見せしていいのかどうか・・・つまり満開の時期はとうに過ぎてしまったということです。
毎朝、わっ、咲いてる、どんどん咲いてる、きれい!と思いながら日は過ぎて・・・

 

 

この真っ白なツバキも同じこと。

咲いてるなぁ、きれいだなぁと思いながら日は過ぎて・・

満開時はそれは見事でしたが今は下の方に散ってしまった花が山盛りです。(笑)

 

こちらは苺の花。

 

 

 

 

 

薔薇の根本にこぼれ種で増えたビオラが。

 

 

 

 

↑ 名前をど忘れ。冬場、枯れ込んでしまったかに見えていましたが元気に満開。

色の鮮やかな方はピカサが勝手に色鉛筆描に編集してくれたものです。
いつもは削除してしまうのですが、今回はいたく気に入りました。^^

そんなわけで庭が色づいてきました。なまけないで庭報告しなくちゃね。

 

 

Jacob

旧約聖書の話ではなくてヘレボのことでした。(笑)

写真では葉っぱにサハラからの砂がかかっていて見苦しいですがご容赦。

Jacob(イタリアではヤコボと呼ぶ)という名札の付いたヘレボを買い求めました。

すでに花は終わっていますが、とっても健康そうなので一目惚れ。

白い花なのでニゲルかと思って買ってきたのですが、名札を読むと「Jacob」とあります。

で、その性質などを調べようと検索をはじめましたがなかなかヒットしませんでした。

そのうち今はジョバンニ・パオロ・セコンド、すなわちヨハネ・パウロ・二世の名前がついていて普通は短縮してパウロと呼ばれていると知りました。

で、今度はそのパウロで検索したら一番にヒットしたのがここの常連さんの加藤さんのサイトでした❢(嬉)

ま、ヘレボですから特に変わったことをする必要はないようで元気そうなおおきな株なので来季が楽しみです。

 

別にヘレボのコレクションをするつもりはないのですが、ようやくこのあたりで見かけるようになってきて嬉しくてもうひと鉢一緒に買いました。(エヘヘ・・)

こちらはオリエンタリスという名札がついていました。

検索すると色んな色があるようですが、我が家のは

こんな姿です。

はい、大好きです。西洋オダマキを大きくしたような?(笑)

この株は余り丈夫とはいえないかもしれませんが、やはり開花株は目を惹きますよね。

玄関前の花壇のボーダーがほとんどシロタエギクとヘラヘラヨメナになってしまっているのでこのあたりでヘレボボーダーにしようかと・・・

頑張りまっす。^^