新しい老眼鏡

昨年、高速道路上で老眼鏡をなくしてすぐに新しく作ったのですが、

今回はおそらく家の中で、その新しいのをなくしてしまいました。

最近の自分の行動には全く自身が持てないのでなんとも言えませんが、

スマホと老眼鏡をいつものように寝室へ持っていったはずなのにそれがない。

???

スマホはそこにあるのです。

一緒に手に持っていたはずの老眼鏡が

 

ない。

 

ときどき、とんでもないところ置いていることもあるので

数日、色んな所を探しましたが見つかりませんん。

我が家には部屋の数より多い老眼鏡があって

でも、それらは安物の出来合いの老眼鏡。

 

トイレに入ったときなどに、いつものがなくても少しの時間

スマホを見るには、あるいは本を読むには十分なそれらのメガネで

しばらくは過ごしていましたが、やはりちょっと不便です。

 

一週間我慢しましたが、新しい老眼鏡を作ることにしました。

 

ご覧のようにサングラスがくっついています。

なぜなら、これからの季節海や湖へ行く機会が増えますが、

そういったところで雑誌を読んだりスマホを見るために

サングラスがあったほうが良いかと思ったのです。

 

すでに、このタイプのサングラスは車の運転にも重宝しています。

サングラス取り外し可能なメガネ遠目用

 

このメガネ、とっても重宝しています。

最近はメガネをかけて運転するのでサングラスも度付きが必要になったわけですが、

以前、Paoloが普通のメガネにさっと取り付けられる簡易サングラスを持っていたので

いつも行くメガネ屋さんに相談したところ、

Paoloが使っていたタイプはあまり女性らしくないので新しいタイプにしましょう。

ということで、磁石によって簡単に着脱できるものを勧めてくれました。

毎日の様に通う我がゴルフ場には途中トンネルを通る必要があるのです。

そこで、トンネルに差し掛かったらさっと取り外し、トンネルから出たら

またもとのように装着できるこのサングラス、とっても重宝しています。

 

そこで、屋外で本を読んだりするときにも光線が気になる場合があるので、

(おそらく日本のみなさんが想像もできないような光線の強さなのですコチラは。(笑)

老眼鏡にもこれを取り入れました。^^

 

おめでとうPaolo

Paoloの誕生日は24日でしたがローマが雪でパニックになった情報のほうが緊急な気がして。。。

満65歳、サラリーマンならとっくに定年ですね。

Paoloの辞書には定年という言葉はないようです。(笑)

彼の父親も70歳位まで現役でした。

父親よりも健康管理に気をつけているPaolo、きっと父親よりも現役を貫くことでしょう。

 

親子三人揃っての食事はクリスマスの一週間前に

あの、大きな粉ひき機があるレストランに行って以来です。

 

今回はPaoloの事務所の近く(ヴァティカン美術館の前)にある和食レストラン「おかあさん」

割とリーズルナブルなレストランで最近は土・日は予約を入れないと席が取れません。

予約の電話を入れた時も「8時か9時40分のどちらかです」と言われたほど。

私のほかはみなイタリア(もしくは他の国の)人達。

小さな小さなケーキがやって来ました。

餃子、カレーうどん、イカ入りお好み焼き、枝豆、刺し身とお寿司の舟盛り、お母さんオリジナルの巻きずし一本、もうひとつのケーキ、サッポロビール500mlを3缶、梅酒を各自、150ユーロなり。

以上、全く写真を撮るのを忘れていました。

 

三人ともお腹がいっぱい、好きなものが食べられてみんなおいしくて

三人ともとっても幸せ。

 

北沢 秋

時代小説作家、北沢 秋さんをご存知ですよね?
幸運なことに仲良くしていただいているので以前もご紹介しましたがまた新作が発表になりました。
「ふたり天下」といいます。

戦国時代末期、天下分け目の関ヶ原の合戦後から話は始まります。

北沢さんの作品に出てくる人たちはなぜこんなに小気味いいのかといつも思います。
今回は女性の出番が極めて少ないのですが、登場する女性はやはりいつものように可愛くて頭が良くて機転が利いて度胸があって・・・とても魅力的です。

男性陣はもう惚れ惚れするような豪傑揃い。
豪傑とは体躯のことではなくその生き方です。
もちろん体格のいい人はその武道で、小柄な方はその頭脳で
人生を生き抜く、何かに賭けてみる。

勇気を振り絞り大きなものに向かってゆく・・・
引け時には潔く引く。
現代の特にイタリアの政治家たちに彼らの爪の垢でも煎じて飲ませたいですよ。^^

正直言って今回はさきの「合戦屋シリース」(第一作「哄う合戦屋」第二作l「奔る合戦屋上巻・下巻」「翔る合戦屋」)よりも読んでいて難しかったと思います。
実名の人物を配したのでより慎重にという作家の思い入れもあるのでしょう。
下調べに膨大な時間を要したとおっしゃっていました。
そして、時代的にも本当に難しい(ややこしい?)時期ですものね。

ネタバレしてはいけないので中身には踏み込みませんが夢のあるお話でした。
好評でファンレターがいっぱい来ているようです。

どうぞ皆様も一読なさってみてください。
アマゾンで購入できますし(中古品もあり)、各図書館にもすでに配置されています。

そして

この作品とはまったく雰囲気の違う青春ものの小説「吉祥寺物語」(木漏れ日の夏)


こちらは北沢さんが学生時代から書き始めたもので、当時(昭和らしかった頃)の様子が事細かに表現されていますし、若者の内面をこれでもかと言うほど根気良く書き綴られています。

爽やかな、やはり小気味よい若者たちが繰り広げる日常生活にきっとうなずき、微笑みながら読み進まれることでしょう。

北沢さんは、デビューから三作は双葉文庫の出版だったのですがこの「吉祥寺物語」から河出書房新社になっています。なぜなら(こんな裏話をしてもいいのかなぁ?)この本の出版に関して双葉文庫と意見が一致しなかったから。一時は自費出版も考えておられました。そういう気骨のあるところが時代物などにも現れている気がします。

参考までに合戦屋シリーズも紹介しておきますね。

奔る合戦屋は上下二冊になっています。

すでに文庫本にもなっているし、中古本もあるので読み易いものを選んでください。

どの作品にももちろん裏切りや死や失態や悲しい事柄もでてきますが、読み終えると何か爽やかな印象が残ります。

もう一つ裏話?^^

大ヒットしたデビュー作「哄う合戦屋」元の名は「花の散る峠」
「吉祥寺物語」の元の名は「木漏れ日の夏」

ロマンチックでしょう?

北沢さんの作品には四季に応じた花の紹介がたくさん出てきます。男たち中心の話の中に潤いと華やかさを添えているわけですが、北沢さんご自身が花の好きなロマンチックな方なのだと思います。