咲いた、さいたPart3!

ヒヤシンス

パート3!になりましたよぉ。

まずはヒヤシンス。アイキャッチ画像は白。

 

ヒヤシンス

そしてこちらはブルーとピンク。

植えっぱなしで15年ぐらいはとうに経っているので、だんだん野生に戻っているみたい。(笑)

でも、こういう咲き方もかわいいでしょ?

 

ヒメオドリコソウ

ヒメオドリコソウの群生です。

もうすぐ刈り取ってしまうのでその前に。

 

ヘレボルス

ヘレボ、ウインターハーディ

ね、かなり色が薄くなってきたでしょう?

私はこれからが好きなんです。(へそ曲がり)

 

イベリス

イベリス、いつもならまだ寒い時に一人舞台なのですが、

今年は暖冬だったので他の花たちと一緒に咲いています。

 

モモ

次はモモです。

最初はネクタリンだったのにいつからか他のと混じってしまったみたい。

当初は八重の大ぶりの花だったのに今はこんな感じ。

もちろんこれも可愛いけれどね。

 

ヤマブキ

色が代わってこちらは ヤマブキ。(うわぁ、ピンぼけ)

なんと!イタリア名が Rosa del GIappone ニホンノバラ!だと知りました。

 

ツバキ

ツバキ 下の方に咲いていたのでほぼ寝っ転がって撮りました。

 

バラの蕾

そして!バラの蕾発見!  パレ ロワイヤル

スパニッシュビューティーにもついていたけれどピンぼけでしたぁ。

 

さて室内では。

 

ミニバラ

少し疲れてきたようですが、まだ新入りのミニバラ咲いています。

セントポーリア

このセントポーリア、花は指先ほどの小ささなんですよ。

 

コチョウラン

そしてついに、胡蝶蘭が咲き始めましたよ。

11個蕾が付いていますが、最後までみんな咲いてほしいなぁ。

とにかく、これから約2ヶ月ほど楽しめるかな。(嬉)

 

 

 

咲いた、さいたPart2

野生のアネモネ

今回は3月10日にアップしたパート1より数が少ないので1枚づつ紹介しますね。

まず、野生のアスパラが結構でていたので早速収穫して

野生のアスパラ

ご覧のようにトリコロール(ほぼイタリアの国旗の色)でいただきました。

三色料理

収穫時には黒っぽい色なのですが、調理するときれいなグリーンになります。

 

まず、アイキャッチ画像は野生のアネモネ。

前回は日が沈んですぼんでいました。(汗)

 

これはエリックスミシー(ヘレボ)の末期の姿です。

ヘレボルス

これは ベロニカ・ペルシカ って言うと「?」とお思いでしょうが、

要はオオイヌノフグリです。^^

しかも、普通は群生するのですが、たまたま一輪だけ見えたので撮ってみました。

ベロニカ

ベツレヘムの星

ベツレヘムの星

ツルニチニチソウ  これもほぼ群生していますが、きれいな色に撮れなかったのでアップのみ。

ツルニチニチソウ

シナレンギョウ

シナレンギョウ

デイジー

シナレンギョウ

ムスカリ

ムスカリ

ラン、多分カンブリアだと思います。^^;

ラン カンブリア

スイセン アイスフォーリス

花は咲いている場所で見るのが一番ですが、

目につかないところに咲いていたので摘んできました。

アイスフォーリス

昼間はこうして庭で過ごしています。

田舎に住んでいて本当に良かった。

隣町のゴルフ仲間、彼女は小さなアパートに住んでいるので

結構ストレスが溜まっているようです。

朝夕の犬の散歩は許されているけれど、

ご主人と一緒にはできなくて犬1匹に人間一人という条件だそうです。

 

そして、夜はこんなふうに遊んでいます。

障害物競争。。。じゃなくてパットの練習。(笑)

Rudy

ビデオゲームでのKeikoアバター(息子が作ってくれたのでよく似ているでしょう?胸はこれ以上小さくならないの。最近太ったのでまた少し修正しないとね。笑)

Keikoアバター

ということで、退屈知らずで暮らしています。

 

 

 

一休み

アラレ

武漢肺炎の行方ばかりが話題になっている昨今、

今日はちょっと一息、関係ない話をしますね。

とりあえず、武漢肺炎という呼び名は皆さんも保持してくださいね。

でないと中国は発祥地をアメリカだの日本だのと言い出していますから。

 

3月3日、ゴルフ仲間とデートしました。(笑)

彼は医薬品会社のセールスマンで、あちこちの薬局を定期的に巡回します。

セーニにも時々来ると言うので以前から、「ランチを一緒に」と言っていたのでした。

ゴルフでは私のほうが先輩ですが、男性でしかもテニスプレーヤーは

進歩が早くてすでに追い越されています。

ゴルファー同士でも気の合う人とそうでない人が居るのは当然ですね。

彼とは気が合うのでダブル選を一緒に戦ったこともあります。

 

そして、何度もセーニに来ながら全くセーニを知らない人に

我が町を紹介するのは私の役目だと勝手に思い込んでいるので

以前から、セーニに来たらぜひ声をかけてくれと言っていたのでした。

 

3月3日、奇しくもひな祭りにその機会は訪れました。

デートと言ってももちろん双方の配偶者公認のものですからご心配なく。(笑)

あいにくアラレが舞い散る3月らしい天候で、

せっかくセーニの町をくまなくご案内したかったのですが、

寒さと、傘も役に立たない天候のため早めにいつものLa Paceという

セーニ市唯一のホテル、レストランにつきました。

 

彼は、アラートリというこれまた素敵な町にお住まいです。

こちらのレストランは昼食時、12時半から13時に開くのが普通です。

我々は12時ちょっと過ぎに着いてしまったので

アペリティーボ、つまり食前に飲む飲み物で時間稼ぎ。

アペリティーボ二はアルコール入りの物とノンアルコールのものとがあり、

前者ではカンパリソーダなどが有名ですが、

今回はノンアルコールのクロディーノというのをとりました。

その食前酒を頂いている時に、上部の写真のようにアレラが降りました。

早めに観光を切り上げて正解でした。

 

さて、寒かったので暖かい前菜を注文しました。

ソテ・ディ・コッツェという、ムール貝のソテーです。

このレストランは量も多いので一人前を頼みました。

写真を撮るのを忘れていましたので、お借りした写真で。

ムール貝のソテー

メインは、彼が希望したスカンピのリゾット。

スカンピというテナガエビの風味が聞いたリゾットです。

リゾットアッラスカンピ

これが彼の大好物なんだそうですが、その彼にグーの根もでないほど

唸らせることができたこの日のリゾット、彼はすぐにゴルフ仲間たちに

このリゾットの美味しさをチャットで報告していました。

 

私が作ったらご飯が見えないほどに海老を乗っけるのだけれど。(笑)

とにかくとっても美味しかったです。(そこはプロ!)

 

昼食だし、遠くに帰らなければならないし、軽く済ませたいという彼も

デザートははいる場所が違うので。(笑)

ズッパイングレーぜ

これも彼の大好物のズッパイングレーぜ、

スポンジケーキに少しアルコールを染み込ませ生クリームを添えたもの。

私はこれ、

チーズケーキ

チーズケーキに森の木の実を添えたもの。

どれも逸品でした。

 

この昼食の伴侶はグレコ・ディ・トゥフォという、南イタリアの白ワイン

白の中では一番好きかも?美味しかったぁ。

ということで、老年カップルのデートはこれにておしまい。(笑)

 

 

国歌斉唱

イタリア国旗

中国についで世界で2番めに感染者数の多くなってしまったここイタリアです。

今や全国的に外出禁止令がでており、町は静まり返っています。

土曜日の今日も晴天の中、公園で日向ぼっこをする人たちも

係員に促されて帰宅を余儀なくされています。

 

でも、数日前から

18:00になるとイタリア国家を斉唱するという現象が起きています。

YouTubeで、L’inno italiano da finestraと検索してみてください。

たくさんのビデオがでてきます。

国の有事にみなで国家を斉唱する、

近隣の方々と心を一つにする手立てとして国旗を立て、

国家を一緒に斉唱する。

 

もしかしたら当たり前の光景かもしれませんが、

日本ではおそらく生ずることのない現象でしょう。

イタリア人がとても羨ましくなりました。

 

きっとうまくいくよ

「きっと、すべてうまくいくよ」という垂れ幕も。

タンブリン

タンバリンを叩き歌う青年。

彼の他にも沢山の方々が得意な楽器を手にバルコニーで演奏し、

これまで言葉をかわしたこともないような近隣の人たちと合唱しています。

久々にイタリア人って良いなと思いました。

見つけた!そしてローマへ

ketkat

いつも通っているBarでこんなの見つけました!

美味しかったぁ。

 

ところで、今日ローマに行ってきました。

10日に発令された条例で、仕事と医者通い、食料品の買い出し

その他必用と認められる事態以外に外出禁止。

自己申告に基づくものだけれど、虚偽申告すると刑事罰を受けるとあります。

 

そこで、年のために今朝、まずカラビニエーリ(憲兵)の詰め所に行って

「申告したいのですが、」と言ったら用紙をくれて詰め所の中にも入れてもらえず、金網の外で記入して、もう一度呼び出したら

「それを絶えず身につけて行動してください」というだけ。

私:「え?そちらで検閲して認可のはんこなど頂かなくて良いのですか?」

「自己申告ですから要りません。」

私:(心の中で…なんやそれ。)と思いつつ帰宅。

ということで特に検問所があるわけでもなくちょっと脅かされただけの感じ。

ま、今後の進行状態でより厳しくなるのかどうかわかりませんが、

今日時点ではこういうことで、渋滞のない環状道路を快適に飛ばしていってきました。

Paoloにコンタクトレンズを届けなければならなかったのです。

今回届けた分で約2ヶ月持つそうなので、次回は楽勝でしょう。

 

ちょうど昼頃に着いたのでPaoloの手料理で、

トリノに居る陽介と3人でビデオチャットをしながら昼食を取りました。

息子は今自宅での仕事(プログラマーなので十分それでこなせるわけですが)

の合間にちょうど買い物に出たところでした。

でも、スーパーの長い列に嫌気が差して(母親譲り)

市中のMacにでも行って見ると言いながら歩いていました。

そしてMacでハンバーグを買って近くの大きな広場の一角で食べていました。

とってもいいお天気で、誰もいなくてまるで真夏のバカンス時のようだと言っていました。

そのうち鳩の大群がやってきて場所替えを余儀なくされていました。(笑)

誰もいないので鳩たちも困っているのでしょう。

とっても穏やかな家族との時間が持てて、嬉しくて変な感じでした。

ついに

スーパーの入場列

ゴルフ場が閉まってしまいました。

北イタリアではすでに2週間ほど前から閉鎖だったようですが、

ついにこのあたりにまでお達しが。

 

今日(3月10日)から仕事や健康上の理由(医者に行く)や 絶対必用なこと(食料の買い出しなど)以外の理由で外出禁止だそうです。

スーパーによったら列ができていた(一定の人数以上を店内に入れない)ので、素通り。

(写真はローマのスーパー、Paolo撮影)

数日間は余裕で食べられるものが家にはあるし、ペレットストーブ用のペレットを買いたかったのですが、別の小さなお店で買い足しました。

しばらくは庭仕事かな?^^

 

咲いた さいた

クリックで少し大きくなりますが、戻るボタンで毎回戻ってください。

もしくは別のウインドウでOpenでも良いですが、どんどん画面が増えます。(汗)

だぁっと並べてみました。

結構色んな花が咲いていましたし、

バラファンには新芽もかなり愛でる価値のあるものなのです。^^;

ヘーゼルナッツの花が面白いでしょう?

実になるものはほぼ、みんなこんな花が咲きますと言うか、つきます。

シッラはまだ早すぎたかも。

ヘレボのウインターハーディーは、前回はもっと色が濃かったと思います。

まだこれからもどんどん退色しながら咲き続けます。

代替わり?

新財布

えへへ、代替りなんて大げさよね。

でもぉ、20数年使ってきたサイフを交換するというのは

まさしく店を変えるくらいの重さが私にはあるんですよ。

 

それまでの私は時々気分によっても替えていたし、

変えることに問題はなかったのですが、

ここイタリアには、一つ大きな問題があるのです。

 

それは身分証明書をいつも保持しなければならないこと。

その身分証明書は今やクレジットカード型に変更しつつあるものの

未だ私の持つものは小さなスマホぐらいの大きさがあるのです。

 

しかも私は大きなバッグやお財布が大嫌い。

小さければ小さいほど良いのです。

いろんな観点でこの20数年、これを超えるものはなかったのです!

サイフ外側

ブランドには全く興味のない私ですが、たまたま選んだのがベルサーチェでした。でも、そのシンボルマークもほぼ消えかかってるでしょ。(笑)

裏地がGIANNI VERSACEの文字で埋まってるから今でもわかるけど。(笑)

サイフ内側

入り切らないカードは数枚重ねて内ポケットに入れたりしてたんですが、

ご覧のように上のほうがちぎれてきていて、いたんだサイフは縁起が悪いというし、ここ数年探していましたがなかなかこれ!というのが見つからず、ずっと使っていました。

普段使わないカードはこちらのカード入れに入れていて、

だからいざという時にそのお店のカードがなかったりしたものです。(汗)

カード入れ

これも同じく20年余使っていたからこんな状態。

どちらも皮がとってもしなやかになっていて余計手放せなくなっちゃって。

 

でも、なんとなく勢いで今回Amazonでポチってしまいました。

というのも、お金もカードのずべてひとっところに収まるし、

サイズ表からするにスマホも中に収まってしまいそうなんです。

となれば、あるいはスーパーの中などではこれ一つでいいということになりますよね。

でも、現実はそう甘くはありませんでした。

新財布

 

カードはすべて、まるで計算したかのようにスッキリきっかり収まったのですが、スマホを入れたらファスナーが締まりません。

新財布

ご覧のように妙に丁寧にマチ付きの仕切りがあって、

しかも真ん中には内ファスナーが付いていて、

だから私のスマホは無理。マチのうちっ側の大きさのスマホならいけたかも。

まぁ、これら仕切り内に最初に言った大きい身分証明書や家族の写真、

あるいはお寿司屋さんのスタンプなどを入れています。(笑)

なんともでっかいのですが、

まぁ、だからこそゴルフバッグの大きなポケット内でも迷子にならないし、

紐が付いているので割と便利です。

 

またこのサイフ、カードのデータを外から読まれないような素材でできているそうです。

最近は通りすがりにそういうデータを盗まれることがあるそうで、

そんなこともこのサイフの宣伝文句を見るまで知らなかった

(テレビドラマの中のことだと思っていた)のですが、

まぁ、安全に越したことはないだろうということで。

また、何枚ものカードを重ねてもっていたのもちょっと磁気の面でどうなのかと思ったり。。。

グリーンのサイフは縁起が良いと聞いたこともあるしね。

え?ブルーに見えるって?アマゾンではブルーだって紹介してました。

確かにこの写真ではコバルトブルーに見えるけど、

普通の光のもとでは私の目にはどちらかというとグリーンに見えるのよね。(汗)

 

そうだ!

大きさの比較をしないとね。

並べてみました

スマホは古い方で、いまのは たてにもう1cmほど大きいです。

さぁ、このサイフとも仲良くなれるのか、またもとに戻るのか神のみぞ知る。

表彰式のない公式コンペ

パルコディメディチゴルフ場

ラツィオ州での今年初めてのシニアの公式コンペが今日、ローマのParco d’Mediciというゴルフ場で開催されました。

(男女とも50歳以上からこのクラブに参加できるのですが、可怪しいですよね、50歳でシニアだなんて。(笑))

イタリアでは武漢肺炎が急速に蔓延していて、サッカーの試合も観客無しでやるとか、人の集まるイベントはすべて禁止、学校も春休みを前倒しにしてすでに休校、今日のコンペも危ういところでしたが、ゴルフは屋外でやるスポーツ、しかも個人競技でサッカーのように人がぶつかり合うこともないので許可されたのでしょうが、参加者達は戦々恐々もちろん誰もハグはしないし、ラウンド後の握手もない。

そして、なんと!

試合後の表彰式までおあずけ!

表彰式だって、ただ賞品を受け取るだけで手も触れ合わないのにね。

いつもならその表彰式の後に簡単なディナーというか食事も用意されていて、参加者たちがその日の出来具合を話しながら旧交を温めたりする場なのに、なんだかとっても寂しいコンペでした。

とりあえず、私と一緒に行ったVittoriaさんとふたりで、ビールで乾杯していたら

韓国人のPaoloさん(洗礼名)が通りかかりました。

彼はこの日のコンペには参加していませんが、このゴルフ場にプレイに来ていたのでしょう。

その彼と私、つまり韓国人と日本人はイタリアでほぼハグ状態、

でも、周りの目を気にして簡単な握手で済ませたというおかしな状況。

イタリア人たちは国のお達しに忠実というか、心底武漢肺炎を怖がっているからなのか、本当に2m以内に近づこうとしないんですよ。

なんだか日本人の私のほうが、こういう挨拶の仕方に馴染めないというか変な感じです(笑)

 

 

武漢肺炎

コロナウイルス

月曜日、ラウンドを終えてクラブハウスに入ったら支配人がいた。

私が近寄ると、1mほど後ずさり遠のいた。

いつもなら近寄って最低でも握手をするところだ。

あからさまに遠のいたので、私には冗談の意味が伝わった。

そこで私も「感じわるぅい。」とおおげさに対応した。

どうやらそこにいた人たちは、今流行りの武漢肺炎のことを

話していたらしいことはすぐにわかったから。

 

そして今日、久々に出会ったFさんという女性がハグすることを拒んだ。

少し離れて手を振る仕草。

「こういうふうに挨拶することにしたのよ、良いでしょ?」って言っていた。

もちろん私はそれでいいけれど。

だからもっときれいな日本式のお辞儀の挨拶を教えてあげた。(笑)

 

彼女とは結構古い付き合い。

でも、もしかしたら心底知り合うことがなかったのかもしれない。

うちのゴルフクラブの誰しもが、私がそもそも日本人であり、

ここ数年イタリアを離れたことがないことをよく知っている。

だから、みな普通にハグしたり握手したり、の挨拶をしてくれる。

 

そのFさんと一緒にラウンドして、道すがら聞いたところによると

イタリアでも北部ではこのあたりのようにハグはしないのだそうだ。

本当かどうかは知らないけれど、彼女はそう言った。

彼女たちはピエモンテ州という北部イタリアから来た人たち。

このあたりに移り住んだ当初、人々が抱き合い挨拶をすることに

若干の違和感を覚えたと言う。

私は全く知らなかった、イタリア国内でこんなに差があるということを。

 

フランスなんて3回もハグするというのに!

フランスに接するピエモンテ州でそういうふうだとは。

 

とにかく、少しずつ武漢肺炎はイタリア人の2000年あまりの習慣をも変えようとしているのだろうか?

だとしたら中国の罪はあまりにも重い。