長かったトンネル

写真は2ヶ月ほど前のコンペ、

ローマのパルコ・ディ・メディチというコースです。

—————————————-

 

時々、ゴルフの絶不調を訴えていますが、今回のは長かったぁ。

そして、まだ完全に立ち直っていないかもしれないけれど

少なくともあの恐怖感はなくなった気がします。

 

初打を打つところはティーイングラウンドと言って

ゴルフをなさらない方々でもテレビなどで見ることがあると思いますが、

あそこに立って、クラブを振り上げる、

そして切り返しの時にものすごい恐怖感に襲われて

クラブをどんなふうに下ろして良いのかわからなくなり

でも、止まってもいられないから引き下ろすんだけど、

もうその動きはめちゃくちゃで、クラブヘッドは方向が決まらないし

ボールを捕まえられずにまたしても前方に飛んだり

左下に転がったり、意味なく天ぷらになってしまったり…

 

趣味のことだから、仕事や健康上のことじゃないのだから

悩むと言ってもたかが知れていると思われるでしょうが、

ゴルキチたちは一日中ゴルフのことを考えているわけで、

そのゴルフが不調なら、しかも単なる不調ではなく病に近い状態では

他の日常生活に置いても気が休まらず不安な日々を過ごしました。

 

イタリア人たちは不調のときはゴルフから遠ざかるのが良いといいますが、

私はそういう時に遠ざかってしまったらもう戻れなくなるのじゃないかと思って、

なんとか続けてきました。

と言ってもひところに比べるとかなりその頻度は落ちています。

 

今までは本当に通勤するかのようにほぼ毎日行っていたものですが、

最近は天候に左右され、怠けぐせも手伝って

雨だから行かない、猛暑だから行かない、チョット用があるから…

と、自分で自分に言いきかせるようにして家の中でゴロゴロしていることが多い。

 

でも、やっとここ数日もとのスイングが戻ってきたように思う。

手応えが、もうあきらめていた感触が戻ってきて嬉しい。

 

Youtubeのレッスンを一日中見たり、実際にコーチにもついて

自分でも練習場で何百球ものボールを打ったりしたし、

不調でもコンペに参加して気持ちを盛り立てたりしてきた。

「こんなKeikoを見たことがない。」と幾人もの人に言われて

本当にもうもとには戻らないのではないかと思っていたこともあったけれど

この一週間、そこそこの成績でラウンドできている。

 

今日は久々に上手な男性二人とラウンドして、なにも賭けないけれど

勝敗を競ったら彼らに圧勝してしまった。

不調続きの私に少しハンデをおまけしてくれたのもあったけれど、

公式コンペにもまさる嬉しい勝利だった。

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

8 Comments

  1. Toshi
    01/08/2019

    お久しぶりです。

    男性陣に圧勝、素晴らしいですね。

    ゴルフは本当に難しいですね。
    去年から卓球も始めた私ですが、反応で動ける卓球と違って
    より難しさを感じています。

    私も不調の時は休まないで練習する方です。
    きっといつも言うように、Keikoさんは飛距離が出るので調子の波も大きいのでは?
    ドライバーはフェアウエイにおいておけばなんとかなるくらいで上手くいくのじゃないかしら。
    もうスイングがどうこういう問題じゃなくメンタル的なものだけだという気がしますが。

    最近私は100ヤード以下を正確に打てるように集中して練習しています。
    あと、セカンドで使うウッドをミスしない。
    ドライバーの飛距離を伸ばすことはもうできないだろうから、
    その後のショットを大切にすることだけ考えるようになりました。

    結果を気にせず、今ここをきっちりとが少しずつできるようになったと思います。
    良かったり悪かったりがあってもそんなもんだと思ってお互いに続けて頑張りましょうね!

    返信
    1. Keiko
      01/08/2019

      お元気でしたかぁ。
      時節柄どこかにお出かけなのかなぁと思っていました。

      今回の私の不調は底が見えなくてかなり参りました。
      ミスショットぐらいなら良いのですが、
      もしかして人に怪我をさせるかも?というのが深層心理でブレーキをかけていたようです。

      Tショットはドライブじゃなくてどんどん番手を上げて7アイアンまで行ったのですよ。(笑)
      幸いアイアンは特に7番とピッチングウエッジは頼りになったのでパターとの3本で回ったこともありました。(汗)
      だから人は余計???だったようです。^^;

      >良かったり悪かったりがあってもそんなもんだと思ってお互いに続けて頑張りましょうね!
      はい、まだあっさりとは別れられないようなので。。。

      返信
  2. まみる
    01/08/2019

    克服しつつあるのね、良かったねーーーー
    底に着いたらあとは浮かび上がるしかない。

    よく言われるのは 動く球を打つより止まってる球を打つ方が難しいと。
    動く球は無意識に反応できるけど、止まってると打つまでの時間にいろんなことを考えてしまうのかもね。

    返信
    1. Keiko
      01/08/2019

      >動く球は無意識に反応できるけど、止まってると打つまでの時間にいろんなことを考えてしまうのかもね。
      そうなんだと思います。
      かと思えば、止まっているはずなのに球が逃げる前に、と急いで振ってしまったりね。(笑)

      左の前腕あたりに昔の感覚が戻ってきて、もうなんとかなりそうです。
      このところ全くコンペの報告がなかったでしょう?(汗)

      返信
  3. 加藤
    01/08/2019

    ふぅ〜ん、ゴルフってやっぱり不可思議なものですね。
    ゴルフでご飯を食べている人たちはスゴイです。
    プロにも波はあるのでしょうか、人間だからあるのでしょうね?
    みなさんどうやって克服しているのでしょう?
    気になってきました。

    返信
    1. Keiko
      01/08/2019

      >ゴルフでご飯を食べている人たちはスゴイです。
      きっとすべてのスポーツ界で「飯を食ってる」方々はすごいと思います。
      タイガー・ウッズだけを例に取ってみても彼の不調と
      その克服の難しさは何年にも及びましたからね。

      ちなみにスイングをチョット変えると何年かかかると言われています。
      とりあえず、今日わたくし午後5時20分からラウンドしました。
      その時間には日差しも少し柔らかくなっているので。
      第一ホールこそトリプルボギーを叩きましたが、その後2つパーを取り
      後はすべてボギーで回りました。
      これって、私のレベルではすごいことなんですよ。(笑)

      返信
  4. 青花
    02/08/2019

    辛いよね~><
    こんなはずじゃなかった、こんなんじゃ無かった・・・
    でも、もうこれからは大丈夫だね^^v

    今、私は絶不調。
    あまりに多忙な日が続き、ラウンドも練習も行かず、行けず。
    たまに行くと、えー!なんでー?とリズムがどんどん狂い、早打ち、手打ち。
    筋力落ちたかな、年齢のせいかなと、もう止めたくなったり。。。
    でも、やっぱり一旦その面白さに嵌ると抜け出せないのよね^^

    Toshiさんの
    >最近私は100ヤード以下を正確に打てるように集中して練習しています。
    あと、セカンドで使うウッドをミスしない。
    凄い納得。
    セカンドで挽回できると楽だし、アプローチ、パットでスコアが随分違うものね。
    さあ、私もちょっと気合い入れるべ!!

    返信
    1. Keiko
      03/08/2019

      >でも、もうこれからは大丈夫だね^^v
      いやぁ、わかんないけれど、ここ数日は大丈夫です。(汗)

      絶不調の間にグリーン周り(特にパット)が得意になったんだけど、
      時々ロングのセカンドでミスるのよ私。
      きっと力むのでしょうねぇ。

      でも、本当にしっかり打てたときの爽快感は何事にも代えがたく、
      まだまだ悪戦苦闘が続きそうです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください