みずいらず

ビーチベッド

写真は我々3人のビーチベッド、はい、最前列でっす。^^

 

 

親子三人で水入らずで水に浸かってきました。(笑)

(青花さんへのコメントに書いたこのフレーズが気に入っちゃったので再利用。)

 

親子

この日、(日曜日)私はコンペに予約していたのですが、

父親と息子の二人がそれぞれバイクで一緒に海に行く、というパターン。

チョット不吉なことを思い出してしまいました。

そのわたしの気持ちを察するかのように土曜の午後、息子のバイクが故障。

そこで、コンペを断り私も彼らと一緒に湖へ行くことにしました。

(あの、嫌な事故は3年前の1週間後、8月23日におこったのでした。)

 

海もいいけれどどうも騒がしくていけません。

そこへ行くと湖は波の音もしないし、人も少なめだしなんとなく静か。

カステル・ガンドルフォ湖カステル・ガンドルフォ湖

かつてはこんなにきれいな砂浜ではなく、岩がゴロゴロするような人気のないところへ

行ったものですが、われわれも年をとりました。(汗)

 

ただここでの問題は、監視人がいること。

沖には三重にブイが浮かんでいます。

彼らにとって、泳いで良いのは最初のブイまでの範囲。

でも、そこまで歩いていけるのですよ。私の身長で。

 

その外側は手漕ぎのボートやカヌーなどが通るところ。

更にその外側はいわば緩衝地帯といいますか、

この湖には、近隣の山火事などの場合、消防飛行機が水を汲みにやってくるので。

 

こういう、枠組みを知ったのはかなりあと。

 

もちろん、我々親子にはそんな常識は通用しません。

最初のブイは子供用。

2番目のが安全範囲。

3番めが限界でそこからは行かないほうが良いだろう。

こういう感覚でいたので当然毎回2番めのブイまでいっては引き返していました。

 

で、何度めかに息子が最後のブイに向けて出発したのでした。

(数年前、息子はこの湖を泳いで横断しています。

その頃は監視人のいない岩だらけのところからの出発だったので…)

2番めのブイから大きく離れた時にPaoloと私は「またやるのかなぁ」

と心配し始めました。

泳ぎの心配ではなく、横断にはかなり時間がかかるので。

 

その頃にはその場にいた人たちが真剣に心配し始め、監視員さんに報告に行く人もいたり、

監視員さんは立ち上がって凝視し、もう一人の監視員さんもやってきて

家族だとバレていたので(笑)私に近づいてきて開口一番

「あのブイの外に出ると350ユーロの罰金ですよ!」

 

なぬ?! 罰金とな?! そんな理不尽な。

遊泳禁止でもない湖で泳いだからといって罰金はないでしょうに。

などと思いながらも言葉にはせずにいい子にしていたら

息子が方向転換して戻り始めました。

 

私の横にいた監視員さんが、「自力で戻れますよね?」

私、ただにっこり。^^

(彼がかつてこの湖を横断したとは言わないことにしました。(笑)

 

息子が方向転換した時にPaoloと私が迎えに行く形で泳ぎ始めました。

途中で合流して3人で大笑い。

しばらく水の中で遊んででてきました。

 

水からあがったばかりの息子にまたもや監視員さんがくどくど。

でも、息子も大人になったといいましょうか、

もともとPaoloや私に比べるとおとなしい子だからでしょうか、

「はい、わかりました。もうしません。」と返答していました。

 

実は罰金制度が導入されるのはおそらく来年からとのこと。

監視員さんは正直心配してくれたのでしょうね。息子の力が尽きてしまわないかと。

 

しばらくしたらグラッタケッカがやってきました。

かき氷屋さん

かき氷にシロップをかけてくれます。

息子がおごってくれました。(笑)

 

ちょうど3時間半ビーチパラソル無しでそこにいて

今日はすでにゴルフ焼けしている私でさえ、日焼けに痛みを感じています。

 

 

Buon Ferragosto

今日はカトリックの国々では「マリア様のご昇天祭」で休日です。

マリア様のご昇天祭をFerragostoというので、

こちらのここ数日の挨拶はBuon Ferragosto (ブオン フェラゴスト)

この日を含めて多くの方々がバカンスに行くので街は静かな佇まい。

もちろん猛暑の中をウロウロしないというのもありますが。(笑)

 

我が家には息子が突然帰ってきました。

夜中の3時半、いつものことです。(笑)

そこで私は昨日からほとんど台所にいます。

息子の好物をあれこれと準備して自分も食べすぎ。(汗)

 

残念!

このところネットの接続状態が すこぶる悪いです 。

今日はこのブログをスマホから投稿しています。

皆様のサイトへも伺えなくて すみません 。

スマホは電話の回線で繋げることができるのですが、その容量には上限があってそれを超えると追加料金を取られます。ですから気をつけていなければなりません。

 

さて、土曜日に久々のProAm(プロとのコンペ)に参加しました。

今回は女性に捧げられたコンペということで、 もちろん 圧倒的に男性チームの方が多かったですが、2ヶ月ほど前から コーチが女性だけのチームを作っており、私もその中に入っていたのでした。

なんとかこのコンペに間に合うように調整はできたのですが、期待していたようなずば抜けたショットは出ませんでした。

でもいわゆるミスショットは最終18ホールのアプローチだけで、 他はまあまあ納得できるプレーでした。

私が一番ハンデが大きいのでどのショットも一番に駆り出されるのですが、何度もバーディーショットをあと数 mm とか一旦ホールに入ったのにまた出て行ってしまったりとかでとても残念でした。

でも私個人的には満足でした。

もしも個人でプレーしていたとしても絶対に3パットはなかったから。

今回はスクランブルだったのでチームのメンバーの一番良いボールを毎回選ぶので気が楽だったこともあるかもしれません。

そしてこの日はアン·ソフィという若いメンバーがいて、 彼女は子供の頃からゴルフをやっているし、まだ25歳という若さだし、当初から皆が期待を寄せていましたが、この日は彼女が自分自身を凌駕したような素晴らしいスイングの連続でした。

その日に先駆けて2時間みっちりとコーチとラウンドレッスンをしたということで、 その成果がよく表れていました。

結果は10個のバーディーと7個のパー、そして痛恨のボディが一つ。我々チームのハンデは8。

同点1位だったのですが、もう一方のチームは五つのバーディにもかかわらず ハンデが12という事で同点でした。

同点の場合後半の成績が良かったほうに軍配が上がるので、残念ながら我々は優勝を逃しました。

でも同じチームのヴィットリアがドラコン賞を獲得しました。

他のメンバー達はチームが優勝を逃してずいぶん悔しがっていましたが、アンソフィーと私は自分自身の出来が良かったので割と満足。

そしてここだけの話ですが、

またスポーツマンとしては絶対に言ってはいけないことなのでしょうが、

負けた方が妬まれるより気が楽。

内緒よ。

こんなだから勝てないんですよね。

まだ苦戦中−スマホ−

いやはや、便利なものを快適に使おうとするにはかなりの手間がかかります。

今使っているスマホは2017年?にプレゼントしてもらったもので

はや3年近く使っているわけですね。

 

その約3年間にいろんなアプリを入れて

例えばいくつかのゲームで病院や郵便局などの待ち時間も気にならなくなったし、

ナビは車についているのより信頼性があると言うか常に最新情報に更新されているし、

銀行や郵貯のアプリなどから送金したり

残金の照合をしたりというようなこともしていたわけです。

 

そして何よりPCと同期が取れていて、カレンダーや連絡先なども

どちらかに記入すればどちらからでも見られるし、

このblogの更新だって時々はスマホからしています。

 

同期が取れているということは

片方が無くなったら、同期が取れないということで、

ここ数日銀行関係のアプリとの同期をとるために時間を取られています。

 

何しろうちは接続速度が遅いのでややこしい作業をすると時間切れになってしまったりして大変。

また、新しくパスワードの設定もしなければならないし、

しらばっくれてふるーいパスワードを入れたら受け付けてくれませんでした。

つまり古い記録がまだしっかり残っているということですね。

 

どうしようもないときはそれぞれの機関に電話で問い合わせるのですが、

最近の電話って、人の声に出会うまでに3分ぐらいは平気で経ってしまいます。

機械に言われるままに顧客番号や生年月日や部署の選択や

いくつもの数字を入れてようやく

「それでは担当者につなぎますのでしばらくお待ちください」

ということになってからこのあたりでは平均7−8分は待たされます。

 

2つ3つのところに電話しようものなら半日があっという間に経ってしまう感じ。

昔より良いのは最近はフィードバックがうるさいので

あらかた親切に対応してくれることです。(日本大使館とは大違い)

 

ということで今日の土曜日、こういうことであらかた過ぎてしまいました。

合間に食事をしたり洗濯物を干したりというのもありますが。

今日はゴルフはおやすみ〜(笑)

冷たい大使館

まだイタリアに住みはじめて間もない頃、

何かの申請に行ったか問い合わせをしたか

とにかくローマの在イタリア日本大使館と 関わった時に

大使館は当てにならないと言うか、

ここに住む日本人の助けにはなってくれそうもないという印象を受けたのでした。

 

とにかくそれ以降はどんな手続きにしても全く期待しないで行ったので、

特に腹を立てることもなく 今日に至っておりますが、

今年の11月に10年旅券が切れるので、

ローマ市内の交通量が少ない8月に更新手続きに行こうと決めました。

 

大使館のホームページによると遠隔地に住んでいるものは、

午前11時までに手続きをすれば 当日受領できる

とあったので 電話でその確認を取ろうとしましたが、

返答してくれた女性大使館員の答えは

木で鼻をくくるというのでしょうか

まるで氷のように冷たい言い方で、マニュアルを読んでいるだけのような返答でした。

 

「ローマ県内に住む方はその対象になっておりません」

私「あのー、お向かいの家はすでにフロジノーネ県という結構な遠隔地に住んでいるのですが」

「 ローマ圏内に住む方はその対象にはなっておりません」

私「10年前には確か当日支給していただいたように覚えているのですが」

「 ローマ圏内に住む方はその対象にはなっておりません」

 

こちらが穏やかに話をしているのだから

もしもイタリア人なら「すみませんねぇ、そういう規則になっているので…」

「 猛暑の中を何度も来ていただくのは恐縮ですが…」

などなど、何か人間的な言葉が聞けるものですが、

問題の解決にはならなくても、こちらの気が済むような話の仕方をしてくれるものです。

 

もちろん必ずしもそうとは言えませんが、

同じ日本人で祖国を遠く離れて住んでいる者同士、

最低限のリスペクトと言うか、

何か最低限の心根というものが感じられるような話し方はできないものでしょうか?

 

早くロボットがこういう仕事を担当してくれればいいなと思います。

だったらこちらも腹の立つ度合いが少なくて済むでしょうから。

長かったトンネル

写真は2ヶ月ほど前のコンペ、

ローマのパルコ・ディ・メディチというコースです。

—————————————-

 

時々、ゴルフの絶不調を訴えていますが、今回のは長かったぁ。

そして、まだ完全に立ち直っていないかもしれないけれど

少なくともあの恐怖感はなくなった気がします。

 

初打を打つところはティーイングラウンドと言って

ゴルフをなさらない方々でもテレビなどで見ることがあると思いますが、

あそこに立って、クラブを振り上げる、

そして切り返しの時にものすごい恐怖感に襲われて

クラブをどんなふうに下ろして良いのかわからなくなり

でも、止まってもいられないから引き下ろすんだけど、

もうその動きはめちゃくちゃで、クラブヘッドは方向が決まらないし

ボールを捕まえられずにまたしても前方に飛んだり

左下に転がったり、意味なく天ぷらになってしまったり…

 

趣味のことだから、仕事や健康上のことじゃないのだから

悩むと言ってもたかが知れていると思われるでしょうが、

ゴルキチたちは一日中ゴルフのことを考えているわけで、

そのゴルフが不調なら、しかも単なる不調ではなく病に近い状態では

他の日常生活に置いても気が休まらず不安な日々を過ごしました。

 

イタリア人たちは不調のときはゴルフから遠ざかるのが良いといいますが、

私はそういう時に遠ざかってしまったらもう戻れなくなるのじゃないかと思って、

なんとか続けてきました。

と言ってもひところに比べるとかなりその頻度は落ちています。

 

今までは本当に通勤するかのようにほぼ毎日行っていたものですが、

最近は天候に左右され、怠けぐせも手伝って

雨だから行かない、猛暑だから行かない、チョット用があるから…

と、自分で自分に言いきかせるようにして家の中でゴロゴロしていることが多い。

 

でも、やっとここ数日もとのスイングが戻ってきたように思う。

手応えが、もうあきらめていた感触が戻ってきて嬉しい。

 

Youtubeのレッスンを一日中見たり、実際にコーチにもついて

自分でも練習場で何百球ものボールを打ったりしたし、

不調でもコンペに参加して気持ちを盛り立てたりしてきた。

「こんなKeikoを見たことがない。」と幾人もの人に言われて

本当にもうもとには戻らないのではないかと思っていたこともあったけれど

この一週間、そこそこの成績でラウンドできている。

 

今日は久々に上手な男性二人とラウンドして、なにも賭けないけれど

勝敗を競ったら彼らに圧勝してしまった。

不調続きの私に少しハンデをおまけしてくれたのもあったけれど、

公式コンペにもまさる嬉しい勝利だった。