最近の私

多分近況報告というのが普通の言い方でしょうね。(汗)

でも、最近の私チョット変です。

火曜日には庭師さんに入ってもらって伸びていた雑草の処理をしてもらった、

日本で植木屋さんに入っていただくのとはチョット雰囲気が違います。

日本の植木屋さんたちは本当にプロフェッショナルで、料金も高いでしょうが、

この先1年ないし数年は彼らの仕事で十分見栄えのする庭になることでしょう。

 

私の言う庭師さんは、私がやってできないことはないけれどちょっとしんどいし、

力もいるし大変だからお願いしようかな?という感じの方なのです。

もちろんこの暑いさなかに何時間も頑張って働いてくれるので私は満足ですが、

いつも大事にしている花をカットされたり、庭に転がっているRudyのおもちゃや私のおもちゃ、

すなわちゴルフボールなどをカットされるとカチンと来ます。(笑)

 

ま、郷に入れば郷に従え、こういう感じで付き合っていかなければならないわけですが、

その中途半端な庭師さんに、「どうしてこんなになるまで放置したんだ。」

などと言われるとカチンと来ます。

だれもしたくてそうしたわけじゃない。

体調が悪かったり天候が悪かったりいろんなことが重なって庭は荒れてしまったのです。

だから、助っ人を頼んだわけでそうでなければ自分で処理していますよね。

こんな時代もあったのですから。

 

でも、いまやゴルフに時間を取られてしまい、このような状況にするには全く時間が足りません。

もちろんモチベーションの問題もあります。

庭がきれいだった頃、Paoloはよくお客様方を連れてきました。

大方のアメリア人の奥様方に褒めていただいて嬉しかったのも事実です。

でも、Paoloの仕事の形態も変化し、私自身にもゴルフに出会ったという

大きな変化があって今やこの当時の庭でいるのは不可能に近い状況です。

だから助っ人を頼んでいるのに、お金を払って文句を言われたのではたまったものではありません。

火曜日、私はいつも昼食を準備して一緒に食べるのですが

そして彼は私の料理にいつも舌鼓を打ってくれるのですが、

またしても、なぜこんなに荒れ果てたのかというような話が出て切れてしまいました。

上の写真を見せて、彼が納得した上で言ったことは、

「あの頃の庭はきれいだったけれど、私は幸せではなかった。

毎日死にたいと思っていた。

ゴルフに出会ってそんな気持ちが消え失せた。

もうあの頃の私に戻るつもりはない。

この庭の仕事がしたくなければそれでいい、私なもうあの頃には戻らない。」

てなことを言ってしまったのでした、たくさんの嗚咽と涙とともに。

彼はかなり驚いていたようですが、冗談がいつも受け入れられると思っていたことを

多少は反省したようです。

 

その後ももちろん仕事を一所懸命にこなして定刻に帰っていきました。

いい人なのです。

でも、冗談もほどほどということがありますよね?

家族間であろうが、ごく親しい友人同士であろうが時に耐え難いときがあるものです。

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

12 Comments

  1. まみる
    23/06/2019

    少し日にちがたってブログに書けるくらいの気持ちになったのかな…そうであってほしいわ。
    未だに思い出しては涙してるのであれば私も泣きたくなるもの。

    まずKeikoさんを無意識に傷つけたことはないだろうか?と振り返ってみました。
    人って 知らないで&親切から人を傷つけることあるからね…
    もしそんなことがあったのなら、ごめんね……

    2004年といえば知り合う前だわね。
    その当時Keikoさんがそんな風だったとは…
    バラを育ててブドウを育てて幸せだったと思ってた。
    人の幸せって誰にも分らないね。
    私にも経験あるから。

    庭師さんともこれからはもっといい関係になれるのじゃないかな?
    彼も思うところがあったと思うし。

    笑顔を取り戻していると願ってます。

    返信
    1. Keiko
      23/06/2019

      ごめんなさーい、私のかきかたが悪かったわね。
      この写真の当時は体調は良かったのよ。
      例の家の修理が2007年だったかに始まってからおかしくなったの。
      毎日工事の人たちがいて庭仕事に専念できなくなって、
      何ヶ月も何ヶ月もその工事の方々がいて、それで鬱になったみたい。
      半年くらいはかかったからね。
      むかーしメルマガにも書いたと思う「更年期うつ」みたいなタイトルで。

      Paoloも仕事の形態が代わってお客さんを連れてこなくなって、
      庭仕事に精を出しても誰にも褒めてもらえなくて(笑)そのあたりにも要因はあったと思うわ。
      時々Paoloの手をひいて無理やり庭に咲いてる花を見せたりもしたんだけど。。。

      まみるさんを傷つけたことはあるでしょうが(汗)
      まみるさんに傷つけられたことなんかないよ。

      返信
  2. 加藤
    23/06/2019

    少しお金はかかりますが、お庭の大改造などいかがでしょうか。
    木を抜いて芝生を植えるの。しかも広々と広範囲で。
    グリーン周りの練習場にもなり、ピクニック場にもなり。
    時々Paoloさんが芝刈り機を押して歩けばメンテナンスも楽かもですよ?
    アメリカ人が好きそうなイメージなのでイタリア的ではないのでPaoloさんの好みではないかな・・・

    返信
    1. Keiko
      23/06/2019

      それPaoloの好みなんです。^^

      でも、この庭の木をみんな切ってしまったらきっと土砂崩れが起きると思います。(笑)
      芝よりもさらにメンテが簡単なのがクローバー。
      いくら伸びても高さがしれてるからね。

      とにかく昨日アマゾンに秘密兵器を注文したのでまた報告します。^^;

      返信
  3. Toshi
    24/06/2019

    お久しぶりです。
    広いお庭の手入れは大変でしょうね。
    広すぎるお庭の管理は大変でしょうね。
    日本は庭師さんだけじゃなく、どんなことでも頼む方と頼まれた方に主従関係ができるので、
    まず、どのようにして欲しいかと訪ねてくれるし、勝手に物は処分しないのが普通ですよね。
    そちらは庭師の方も気心が知れてるから冗談のつもりだったのでしょうが、良くも悪くも
    イタリアだということかしら。
    そして、Keikoさんはご自分が思っている以上に日本人だったってことかなと感じました。
    でも、思いを伝えられて良かったんじゃないかしら。
    きっとわかってもらえたと思いますよ。

    返信
    1. Keiko
      24/06/2019

      >良くも悪くもイタリアだということかしら。
      あはは…かもしれませんね。
      イタリア人みながそうではないのですが、こういう田舎には一筋縄ではいかない人が多いです。(笑)
      わたしも「あなたが冗談で言っているのは十分承知しているのだけれど、何度も何度も来る度に同じことを言われ、一度はじっくりと説明してわかってくれたと思っていたのにまたではあまりにつらいです。」と言いました。

      返信
  4. Yuko
    24/06/2019

    私が初めて伺ったのはこの写真の翌年でした。
    まさにこの景色に感動したことをよく覚えています。
    でも今だって充分感動しています!
    ヒマラヤスギ(だよね?)の大木、バラやテッセンノの可愛い花々個人のお庭とは思えないほど広いたたずまいは管理が大変なのがよ~~く分かります。
    私には絶対無理!
    keikoさん十分偉いよ♪

    返信
    1. Keiko
      24/06/2019

      >keikoさん十分偉いよ♪
      ありがとね。
      もうほんの少し、家族が手を貸してくれていたらここまでひどくはならなかったんだけどね。^^;
      家族に何かをお願いすることが苦手だから私。あ、じゃぁやっぱり自分の責任か。(笑)

      返信
  5. hitomi
    28/06/2019

    Keikoさんの家のあの広いお庭と 我が家のあるかないか分からないような庭とは比べ物になりませんが
    我が家にも 先週 植木やさんが入りました。昔からお世話になっている方
    松と山茶花と それだけでも2日かかる作業
    今年は ばきばきと大きな枝を切り落としていただきました
    すっきりして 夫は少しほっとしているみたい。てのかかる植木たちは残しておきたくないらしい。

    Keikoさんの手のかけたお庭も嬉しいけれど 元気でゴルフに熱中しているKeikoさんからの報告は
    もっと 嬉しい

    返信
    1. Keiko
      28/06/2019

      >Keikoさんの手のかけたお庭も嬉しいけれど 元気でゴルフに熱中しているKeikoさんからの報告は もっと嬉しい

      hitomiさん、私も自分でそう決めました。
      ご近所さんに不快な思いをさせない範囲で庭を管理して行けば良いかと。
      順序をつけるとすれば自分の健康が第一!それにはゴルフだもの。(^^♪

      返信
  6. 真由美
    30/06/2019

    Keikoさん、こんにちは!
    そんなこと言う人いるの?信じられません私の方が腹たってきた!
    代わりに言いたいくらいです(因みに私は我慢強くあまり怒りません、まわりから少しは怒ったらと言われるくらい空気を読む典型的な日本人です笑)ってお金払ってなんでそこまで言われないといけないのか?不思議です。。でも世の中いろんな人がいるのですね。
    ゴルフに夢中のKeikoさんかっこいいです、やっぱ夢中になっている人をみるといいなあと思います。そういうものがあるのとないのでは全然違うかと思います特に年をとってからの生活は。。
    私もゴルフやろうかしら、また、お庭のafter画像見せてね。

    返信
    1. Keiko
      30/06/2019

      この人は冗談で(多分)言ってたんだろうけれど、こっちも虫の居所の良いときばかりじゃないからね。(笑)
      それと何度も同じことを繰り返されてチョットカチンと着ました。(笑)

      宮崎には素晴らしいコースがいっぱいあるみたいだから良かったら今からゴルフ始めてください。
      きっと、もっと年をとった時に良い時間つぶしになると思います。^^

      返信

真由美 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください