ゴルフって…

ゴルフって…

 

これまでにも何度かこんな書き出しがありましたよね?^^;

それこそがゴルフなんだとこの頃特に思います。

シングルプレーヤーだって崩れるときには私にさえ起こらないような

妙なスイング結果に終わったり、

先日の私の場合、

最終18番ホールでティーショットが若干右寄りのラフに入ったのは良いのですが、

そこからフェアウエイに出そうともがくも

4回ほど打った球が全て木に当たって更にどんどん右奥の林へと入っていきました。

今年でゴルフも9年目になるのですが、全く初心者のときでさえ

起こらなかったようなハプニングがこのところ続いています。

 

ナポリには ”野良犬、乞食を噛む” ということわざというか言いぐさがあって

日本ではおそらく”貧すれば鈍する”と言うような言葉に当たるるのでしょうか?

ゴルフもちゃんとプレーしていればたまにはとてもラッキーな場面に出くわすのに

その日のプレーが思わしくないと今まで想像もしたことがなかったようなところに

ボールが落ちていったり、木の根っこに止まったりするものなのです。(汗)

 

とにかくまた絶不調に入りました。

辛いです。どうすれば良いのかわからないのですから。

コーチのところにも行きました。

でも、レッスンが終わった途端にまたボールが捕まらない。

空振りするわけではないのですが思ったところへ飛んでいかないのです。

昨日は4人のプレーヤープラス素人さんがパットにのみ参加するという

特殊なスクランブル形式のコンペでした。

皆いつも一緒にプレーしている女性ばかりだったので私の不調も知っているし

申し訳ないけれど自分はアプローチとパットで貢献させてもらおうと

はなっからティーショットには期待していませんでしたし、

案の定ティーショットで私のボールが選ばれたのは14Hだけでしたが、

そして私にはそれでも良かったというかティーショットの出来の悪さを嘆いたりはしなかったのですが、

友人の一人は私以上に真剣に悩み、アドバイスをしてくれて

最終的には両足を揃えて打つことになりました。

 

すると、あら不思議。

ボールはちゃんとクラブにあった高さに上がるようになりました。

アプローチがちゃんとできるのにロングショットがうまく行かないというのは

私の下半身の問題のようです。

アプローチでは短い距離なので大きく体を動かすことがなく下半身も安定しているのに

フルショットをするとシャンクや左への低いショットになってしまう(チョロではない)

ということで、後半の1/3くらいは両足を揃えてロングショットを打ちました。

 

当然ながら距離はフルショットほどは出ませんが、

ちゃんと真ん中にそこそこの高さでボールが飛んでいき明かりが見えた感じです。

こんな練習みたいなスイングで良かったのもチーム戦だったからこそ。

しかも女性チームの中では最高得点で我がチームがレディス賞をいただきました。(嬉)