クレマチス

モンタナルーベンス

おそらくまだこのクレマチス(下の写真)はご紹介したことがなかったと思います。

今年で3年目かな?

スターオブインディアと言う名です。

スターオブインディア

とても深い色目で、でもどことなく慎ましやかで大好きです。

まる2年間、買ったときのポットに入ったままポツリポツリと花をつけてくれていました。

今年ようやく、すでにハーグレイの植わっている大きな鉢に一緒に植え込みました。

やはり、根が育ったせいか今年はななつきが良いです。

下の方に新たなシュート(シュートというのはバラだけかな?)が伸びてきています。(嬉)

 

では迎え入れた方のハーグレイ

(ネット上ではHargleyとHagley両方の表示があってどちらが正しいのか知りません。)

これはもう5、6年は経っていると思います。

毎年どんどん何度も花をつけてくれます。

ハーグレイ

以上2つはお勝手口を出てすぐのところで咲いているので毎日見られるのですが、

これからご紹介する2種類は庭の真ん中で見に行かないと見えません。(汗)

 

まず、プレジデントから。

大ぶりの紫色のクレマチスと言うよりテッセンという方がふさわしい感じの花です。^^

大ぶりのをさらにドアップで。(笑)

プレジデント

庭の中のガゼボに添わせてもうひと種類ネリーモーザがいます。

これもかなり大振りですが色が優しいのであまり強い感じはしませんね。

ガゼボの天井まで伸びています。

ネリーモーザ

 

さてここからは回顧調にかつて楽しませてくれたけれど今はもういらっしゃらない方々を。

まず最初に手に入れたクレマチス、モンタナ・ルーベンス

まるで一重のバラを思わせるシンプルな花の形に参りました。

愛らしい愛らしいクレマチス。

大きなアーチをすっぽりとおおってくれていたのですが…

モンタナルーベンス

その隣にやはりアーチを伝ってどんどん伸びてくれたのがジャックマニー

ジャックマニー

最後にピール、Piiluと書きます。Iが2つ並んでいて面白いでしょ。

上のジャックマニーもJackmaniiと最後にIが並びます。

何かわけがあるのでしょうか?

こちらは半八重の、うちのクレマチスの中では一番エレガントな印象の花でした。

ピール

そして今でも、これからもずっと元気で絶対に絶えないのがこちら。

野生のクレマチスです。

茨と一緒になって庭を犯してくれるありがたくない種です。

はい、花は可愛いんですが…

あまりの繁殖力に嫌気がさします。

クレマチス野生種

 

最近の私

多分近況報告というのが普通の言い方でしょうね。(汗)

でも、最近の私チョット変です。

火曜日には庭師さんに入ってもらって伸びていた雑草の処理をしてもらった、

日本で植木屋さんに入っていただくのとはチョット雰囲気が違います。

日本の植木屋さんたちは本当にプロフェッショナルで、料金も高いでしょうが、

この先1年ないし数年は彼らの仕事で十分見栄えのする庭になることでしょう。

 

私の言う庭師さんは、私がやってできないことはないけれどちょっとしんどいし、

力もいるし大変だからお願いしようかな?という感じの方なのです。

もちろんこの暑いさなかに何時間も頑張って働いてくれるので私は満足ですが、

いつも大事にしている花をカットされたり、庭に転がっているRudyのおもちゃや私のおもちゃ、

すなわちゴルフボールなどをカットされるとカチンと来ます。(笑)

 

ま、郷に入れば郷に従え、こういう感じで付き合っていかなければならないわけですが、

その中途半端な庭師さんに、「どうしてこんなになるまで放置したんだ。」

などと言われるとカチンと来ます。

だれもしたくてそうしたわけじゃない。

体調が悪かったり天候が悪かったりいろんなことが重なって庭は荒れてしまったのです。

だから、助っ人を頼んだわけでそうでなければ自分で処理していますよね。

こんな時代もあったのですから。

 

でも、いまやゴルフに時間を取られてしまい、このような状況にするには全く時間が足りません。

もちろんモチベーションの問題もあります。

庭がきれいだった頃、Paoloはよくお客様方を連れてきました。

大方のアメリア人の奥様方に褒めていただいて嬉しかったのも事実です。

でも、Paoloの仕事の形態も変化し、私自身にもゴルフに出会ったという

大きな変化があって今やこの当時の庭でいるのは不可能に近い状況です。

だから助っ人を頼んでいるのに、お金を払って文句を言われたのではたまったものではありません。

火曜日、私はいつも昼食を準備して一緒に食べるのですが

そして彼は私の料理にいつも舌鼓を打ってくれるのですが、

またしても、なぜこんなに荒れ果てたのかというような話が出て切れてしまいました。

上の写真を見せて、彼が納得した上で言ったことは、

「あの頃の庭はきれいだったけれど、私は幸せではなかった。

毎日死にたいと思っていた。

ゴルフに出会ってそんな気持ちが消え失せた。

もうあの頃の私に戻るつもりはない。

この庭の仕事がしたくなければそれでいい、私なもうあの頃には戻らない。」

てなことを言ってしまったのでした、たくさんの嗚咽と涙とともに。

彼はかなり驚いていたようですが、冗談がいつも受け入れられると思っていたことを

多少は反省したようです。

 

その後ももちろん仕事を一所懸命にこなして定刻に帰っていきました。

いい人なのです。

でも、冗談もほどほどということがありますよね?

家族間であろうが、ごく親しい友人同士であろうが時に耐え難いときがあるものです。

新しい老眼鏡

昨年、高速道路上で老眼鏡をなくしてすぐに新しく作ったのですが、

今回はおそらく家の中で、その新しいのをなくしてしまいました。

最近の自分の行動には全く自身が持てないのでなんとも言えませんが、

スマホと老眼鏡をいつものように寝室へ持っていったはずなのにそれがない。

???

スマホはそこにあるのです。

一緒に手に持っていたはずの老眼鏡が

 

ない。

 

ときどき、とんでもないところ置いていることもあるので

数日、色んな所を探しましたが見つかりませんん。

我が家には部屋の数より多い老眼鏡があって

でも、それらは安物の出来合いの老眼鏡。

 

トイレに入ったときなどに、いつものがなくても少しの時間

スマホを見るには、あるいは本を読むには十分なそれらのメガネで

しばらくは過ごしていましたが、やはりちょっと不便です。

 

一週間我慢しましたが、新しい老眼鏡を作ることにしました。

 

ご覧のようにサングラスがくっついています。

なぜなら、これからの季節海や湖へ行く機会が増えますが、

そういったところで雑誌を読んだりスマホを見るために

サングラスがあったほうが良いかと思ったのです。

 

すでに、このタイプのサングラスは車の運転にも重宝しています。

サングラス取り外し可能なメガネ遠目用

 

このメガネ、とっても重宝しています。

最近はメガネをかけて運転するのでサングラスも度付きが必要になったわけですが、

以前、Paoloが普通のメガネにさっと取り付けられる簡易サングラスを持っていたので

いつも行くメガネ屋さんに相談したところ、

Paoloが使っていたタイプはあまり女性らしくないので新しいタイプにしましょう。

ということで、磁石によって簡単に着脱できるものを勧めてくれました。

毎日の様に通う我がゴルフ場には途中トンネルを通る必要があるのです。

そこで、トンネルに差し掛かったらさっと取り外し、トンネルから出たら

またもとのように装着できるこのサングラス、とっても重宝しています。

 

そこで、屋外で本を読んだりするときにも光線が気になる場合があるので、

(おそらく日本のみなさんが想像もできないような光線の強さなのですコチラは。(笑)

老眼鏡にもこれを取り入れました。^^

 

ゴルフって…

ゴルフって…

 

これまでにも何度かこんな書き出しがありましたよね?^^;

それこそがゴルフなんだとこの頃特に思います。

シングルプレーヤーだって崩れるときには私にさえ起こらないような

妙なスイング結果に終わったり、

先日の私の場合、

最終18番ホールでティーショットが若干右寄りのラフに入ったのは良いのですが、

そこからフェアウエイに出そうともがくも

4回ほど打った球が全て木に当たって更にどんどん右奥の林へと入っていきました。

今年でゴルフも9年目になるのですが、全く初心者のときでさえ

起こらなかったようなハプニングがこのところ続いています。

 

ナポリには ”野良犬、乞食を噛む” ということわざというか言いぐさがあって

日本ではおそらく”貧すれば鈍する”と言うような言葉に当たるるのでしょうか?

ゴルフもちゃんとプレーしていればたまにはとてもラッキーな場面に出くわすのに

その日のプレーが思わしくないと今まで想像もしたことがなかったようなところに

ボールが落ちていったり、木の根っこに止まったりするものなのです。(汗)

 

とにかくまた絶不調に入りました。

辛いです。どうすれば良いのかわからないのですから。

コーチのところにも行きました。

でも、レッスンが終わった途端にまたボールが捕まらない。

空振りするわけではないのですが思ったところへ飛んでいかないのです。

昨日は4人のプレーヤープラス素人さんがパットにのみ参加するという

特殊なスクランブル形式のコンペでした。

皆いつも一緒にプレーしている女性ばかりだったので私の不調も知っているし

申し訳ないけれど自分はアプローチとパットで貢献させてもらおうと

はなっからティーショットには期待していませんでしたし、

案の定ティーショットで私のボールが選ばれたのは14Hだけでしたが、

そして私にはそれでも良かったというかティーショットの出来の悪さを嘆いたりはしなかったのですが、

友人の一人は私以上に真剣に悩み、アドバイスをしてくれて

最終的には両足を揃えて打つことになりました。

 

すると、あら不思議。

ボールはちゃんとクラブにあった高さに上がるようになりました。

アプローチがちゃんとできるのにロングショットがうまく行かないというのは

私の下半身の問題のようです。

アプローチでは短い距離なので大きく体を動かすことがなく下半身も安定しているのに

フルショットをするとシャンクや左への低いショットになってしまう(チョロではない)

ということで、後半の1/3くらいは両足を揃えてロングショットを打ちました。

 

当然ながら距離はフルショットほどは出ませんが、

ちゃんと真ん中にそこそこの高さでボールが飛んでいき明かりが見えた感じです。

こんな練習みたいなスイングで良かったのもチーム戦だったからこそ。

しかも女性チームの中では最高得点で我がチームがレディス賞をいただきました。(嬉)

 

 

 

お別れ

このガウン、おそらく30年近く着ました。(汗)

軽いのにとっても暖かくて、見た目が可愛くて、

脇も袖もゆったりしていて気易くて

大きなポケットがついているので便利で…

良いところを上げたらきりがありません。

 

この他にも着替えようにいくつかガウンを買いましたが

これほど気に入るのが見つからず、ついついこればかり着ていたものだから

よーく写真を見てください。

 

4番目のボタンの色が違うでしょう?

ボタンは布でくるまれたものなのですが、その布がすっかり摩耗してしまったのです。

こんなに衣類を着たおしたことは初めてです。

 

朝、起き抜けになにも考えずにこれをさっと羽織って朝の用事を片付けることができ、

そのために返ってなにも予定のないときなどは

ほぼ一日中パジャマにこのガウンで過ごしてしまうこともしばしば。(恥)

 

でも…

色もデザインもとっても気に入ってて大好きだったこのガウンと今朝お別れしました。

 

写真ではよく見えないかもしれませんが、お腹のあたりはボタンの他にも

洗濯しても取れなくなってしまったシミがあったり、

何より便利すぎて自分が更に怠け者になってしまうのが恐ろしくなって。(笑)

 

そろそろ、 永眠の時を与えてあげて良い頃ですよね?

きれいにたたんでキスをして「ありがとう」の言葉と共にゴミとして出しました。

でも、こうして名残惜しく写真を撮った次第です。

 

私にとってはたった一枚の衣類だけれど思い切った断捨離でした。(笑)

Jazz live in Roma

Paolo(パオロ)が若い頃からある老舗のJazz club,

すでに ”ほんのちょっぴりロマンチック?”でご紹介した店に

日本のミュージシャンが来るというので行ってきました。

 

約1ヶ月ほど前の話でひどい風邪をひいた初日のことなのですが、

Yosukeという名前を聞いちゃぁぜひ行かなくてはね。(笑)

 

すでにネット上で写真や評判を拝見していましたが、

車を止めてその店に近づいたらいきなり店の前で煙草を吸っているご本人とばったり。

なんの躊躇もなく「ようすけ!」と声をかけてしまいました。

はい、それも呼び捨てで。(汗)

 

とっても気さくで感じの良い方。

奥様とおぼしき女性とご一緒でしたがもちろん「奥様ですか?」なんて野暮な質問は無し。

向こうから仰る分には別ですが。

軽いコート代わりに着て行った古い羽織をその女性は随分気に入ってくださいました。

 

さて店内に降りていって、

いつもはPaoloがその店のオーナーと仲が良いので予約もせずに

その分席がないと立ち見、いや立ち聞きかな?という感じなのですが、

今回はかぶりつきで聞きたかったので前々から予約を入れておきました。

で、本当にかぶりつき!

一緒に演奏してくれた3人のイタリア人達、

ピアノ(ようすけさんの後ろで見えないけれど)

ベース(ピッポさんというリーダー)、ドラムという最高のトリオ。

彼らだけでもまた聞きに行きたいと思います。

 

彼らとようすけさんは前日に約2時間ほど音合わせをしただけというのですが

しっくりと溶け合っていて本当に音楽は世界中で通じる言葉だなと思いました。

そして、フュージョンだけどなんとなく曲によってはすごく”和”を感じさせる方でした。

 

演奏が始まるまでにまだ少しの時間があったので名前だけだと親子三人?

の写真を撮ってもらいました。

フラッシュをたくと印象が悪いので暗いですがそのまま。

ミュージシャンたち

 

店内にはそこで演奏した世界中のミュージシャンたちのサインがありますが、

この夜じっくりと見てみたら結構Yosukeという方がいて驚きました。(笑)

 

この夜はカクテルを避けて素直にコニャック。

こうしてまた楽しい一夜を過ごしました。