Zia

Paoloの母親は4人兄弟の長女でした。

彼女の下に女性、そして男性、最後にまた女性という構成です。

次女の方は若くして亡くなってしまい私はお目にかかったことがありません。

あとは順番通りと言いましょうか姑がなくなり、

三番目の長男が逝き、いま最後の叔母(Zia)が脳腫瘍で最後通告を受けています。

 

当初は全く違う病名での入院だったそうですが、いっこうに回復を見ないので

TACをして脳腫瘍が見つかったということで、発見した時点でかなり進んでいたようです。

Paoloから連絡を受けてすぐに病院へ駆けつけましたが本人の意識は至ってはっきりしています。

 

これまで脳腫瘍にかかった人の御見舞をしたことがなかったので意外でした。

安定剤の影響で半ば眠ったように見えましたがすぐに私だと気がついて手を握ってくれました。

「今日は、母の日だというのにこんなところで何しているの」

と冗談めかしていったら「あなたこそ!」という返事が帰ってきました。^^

 

翌日は更に元気よく、病室に入るか入らないかの私を見つけて

「Keiko!」と大声で呼んでくれました。

まだ他の誰も気が付かないうちにです。

見舞いに来ている皆と談笑し、同室の106歳の女性が絶えずうめいているのが

耳障りだと文句を言い、つまり快活でした。

 

翌日から私はひどい風邪に見舞われて御見舞を控えました。

万が一にも風邪をうつしては大変。

本人はもとより寝ずの看病をしている娘エンリーカにも。

でも、見舞いに行ったPaoloの話では前日よりさらに元気が良かったとの事。

もしかして

もしかして何かの間違いじゃないの?誤診じゃないのかな?

と思えるような元気さです。

もちろんあちこちに針を刺され管を通されてそれなりの痛みや辛さはあるものの

根っから明るい性格のせいか色々と話をして笑ったり怒ったり。

 

きょう、3日ぶりに行ってみたらちょうどまた安定剤を打ったばかりで

半ば目をつむっていたけれど、私の声にまたもや「Keiko!」

「声でもわかったのね。」と手にキスを。

マスクはしていきましたがやはり頬にキスをするのは気がひけます。

まだ私の風邪は完全に抜けきっていなくて喘息持ちなものだから

一度咳き込むと酷い有様で義妹たちは私の背中をさすっていました。(笑)

 

腫瘍が眼球をも圧迫してきていると聞いたのに、

脳の機能にはいささかも影響を与えていないようです。

昔のことも昨日のことも全てよくわかっています。

 

奇跡がおこってくれないかしら。

 

 

 

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

14 Comments

  1. まみる
    18/05/2019

    言葉が見つからないわ。
    身近で脳腫瘍の人を見たことないのでどんな風なのか私も分からない。
    人間の体って不思議ね、脳に腫瘍があるというのにそんなに元気で感覚も鋭いなんて。
    会いたい!と思ってるからすぐに見つけてくれるのかな…

    誤診であってほしいね。
    ま、2度目も誤診だというのも問題だけど…

    返信
    1. Keiko
      18/05/2019

      >脳に腫瘍があるというのにそんなに元気で感覚も鋭いなんて
      そうなのよね、腫瘍という余分なものが脳にあるけれど脳の機能障害ではないということなのね。

      でも、昨日脚をもんであげていたんだけれどやっぱりかなり痩せたかな?と思った。

      返信
  2. 青花
    18/05/2019

    私もなんて言ったらいいのか分らない。

    病の床に居ても、周りを明るくできるなんて、素敵な方ね。

    返信
    1. Keiko
      18/05/2019

      >素敵な方ね。
      本当に素敵な方なんです。
      4人の子どもたちを育て上げて甥や姪たちに慕われて
      たくさんの孫の面倒を見て。。。。
      近くに住んでいたので私も彼女からイタリア料理教わりました。^^

      返信
  3. hitomi
    19/05/2019

    身近な友人に 去年 脳腫瘍の手術した人がいます
    手術後のケアに今 努力中
    彼女もたくさんの病気を持っているのに いつもわたしを励ましてくれます
    彼女の方が どれほど大変かと思うのに。愚痴ることもありません

    叔母様 何とか 病気を吹き飛ばしてくださいと 祈るばかりです
    明るい心には 治癒力も宿ると信じます

    返信
    1. Keiko
      19/05/2019

      今しがた訃報が入りました。
      奇跡は起こりませんでした。
      陽介も夜行で帰ってきたのですが、面会時間を待っていたところでした。
      彼には元気だった頃の面影を持ち続けてほしいのでこれでよかったのかもしれません。

      返信
      1. hitomi
        19/05/2019

        きっと叔母様は 最後まで明るく生きる力をお持ちだったのでしょうね
        みなさまの悲しみ 深くお察しいたします

        叔母様のご冥福を心からお祈りいたします

        返信
        1. Keiko
          19/05/2019

          hitomiさん、ありがとう

          今、霊安室にいるのですが、安らかな面持ちです。
          庭に咲いていた花で小さなブーケを作って手向けました。

          返信
  4. Yuko
    19/05/2019

    亡くなってしまったのね。
    苦しまないで逝かれた事を祈っています。
    身近な方が亡くなるのは辛いね。
    私の周りも年寄りばかり。
    おめでたい事よりも悲しい事が多くなる世代よね。
    お力落としのないように!

    返信
    1. Keiko
      19/05/2019

      ありがとう
      明日午後に葬儀があります。
      ご主人も娘も今は気丈にしていますが
      きっと後日寂しさが襲うことでしょう。
      私の出番はその時かと…

      返信
  5. まみる
    19/05/2019

    残念でしたね…

    返信
    1. Keiko
      19/05/2019

      誤診じゃなくて本当に残念。

      返信
      1. 青花
        20/05/2019

        hitomiさんのところで読んで、残念だなって。。。。。
        儚いと思うけど、きっと天寿を全うされたのだと思います。
        お見事な方だと感じています。
        悲しくて寂しいけどね。
        お疲れが出ませんように。
        Keikoさん風邪、お大事にね。

        返信
        1. Keiko
          20/05/2019

          青花さん、ありがとう
          私も天寿を全うされたと思っています。おっしゃるとおり儚いけれど、あまり苦しむことなく(もちろんどれだけ苦しんだかは本人のみ知るところですが)あまり周りに迷惑かけることなく逝きました。もう少し長引いていたら娘さんの方が参っていたと思います。

          返信

Keiko にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください