メンテナンス

世の中に難しいこと数あれど、メンテナンスは中でもかなり難しいことの一つではないでしょうか?

新しい物を手に入れると嬉しいものですが、それを新しい時のように維持する、あるいは使い込んで更に魅力的にすることができる人は稀ではないかと思います。

私も今の家に引っ越してきた当初は荒れ果てていた庭に立ち向かってかなり改善したのですが、長くは続きませんでした。

庭仕事はちょっと気を抜くと取り戻すのに苦労します。

四季はめぐり植物たちはしっかりとそのサイクルで生を営みこちらの都合などかまってはくれません。

家の改装に職人さんが入ったことと私の体調不良とが重なった年から庭は庭とは呼べないような良く言えば自然な?(笑)悪く言えば手入れのよくないものになっていきました。

追い打ちをかけるように私の興味が庭からゴルフに移ってしまったことでどちらも時間のかかる趣味だけに両立は更に難しくなりました。

1年草を植え替えたり家の周りの木々の剪定などは最低限やってきたのですが、ぶどう畑も取り払い仕事量はめっきり少なくはなったのですがそれでも5,000平方mの空間は私ひとりできちんとメンテナンスをするのはかなり重荷です。

そこで、昨春に職人さんに入ってもらって伸びていた草刈りをしてもらいました。その時に冬には果樹の剪定などもお願いしていたのです。

その庭師さんにまた戻ってきてもらって、更にとなり町に住むナイジェリア人の若者にも助っ人を頼んで12月中頃から毎週火曜日に庭仕事を続けてきました。

かなりすっきりしてきましたが、まだまだ仕事は残っています。

15年前には自分一人で一抱えもあるリンゴの大木をチェーンソーで切り倒した私もよる年波には勝てません?(笑)

ことゴルフに関してなら5時起きも厭わないし体のあちこちの痛みもものとはせずに立ち向かいますが、一度モチベーションの下がってしまったことは何かにつけて自分自身に言い訳をして回避しがちです。

そういう意味でも誰かがやってくればこちらも対応しなければならないのでこれからもちょくちょく来てもらうつもりです。

もう一度こんなふうに…。

どうやら色んな物を植えこみすぎてしまったのも雑多になった原因かな?(反省)