Live pranzo

まだliveで投稿した事ありませんよね?

山の上の町の郵便局に行く用事があってやってきました。時刻は12:45分、丁度お昼時ではありませんか!

そこで、大好きなLa Pace(レストラン)に寄りました。

しかも今日は金曜日(1月25日)、魚料理が豊富な日です。

ここはもう25年もの付き合いでスタッフの皆さんも知っているのでひとりでも気になりません。

まぁ知らないところでも別に問題のない私ですが。

でも、ひとりなので遠慮して入口近くの小さなテーブルに。

右隣には3人の職人さん達が大声で話しながら食事をとっていました。

しばらくして席を変わりたいなぁと思ったけれどすでにナプキンも広げちゃったし、コップに水も注いだしまぁ我慢するか。

そのうち無線イヤホンを付けていたことを思い出して、🎧 音楽を聞いたらあまり喋り声も気にならなくなりました。

(正直言ってここまでがライブ)

さて、プリモは海の幸のスパゲッティ。トマト入とそうでないのとがありますが、私はなしの方。

何故かトマト🍅なしの方が2ユーロ高かったのが腑に落ちませんでした。(笑)

金曜日は魚料理が食べられるので結構混んでいてかなり待たされたので、料理が来た時には嬉しくて写真を撮ることを失念。(汗)

セコンドは特別メニューを頼みました。

イカとスカンピのグリル

メニューにはスカンピのグリル、そしてイカのグリルが別々になっていたのをミックスしてもらったのです。少し割高になりましたがわがままを言ったのだから当然ね。

スカンピはちょっと小ぶりでしたが4尾、そしてやはり小ぶりのイカが2はい。イカは割いてあったので大きなお皿がそれらでいっぱいでした。

プンタレッレ

付け合わせの野菜は冬ならではのプンタレッレ。しっかりニンニクの効いたドレッシングがかかっていました。うちならもう少しアンチョビをたくさん入れるけれど。(^^)v

プリモも完食したし全部平らげるのは無理かなぁと思ったけれど、音楽を聞きながらゆっくりと食べ進んでこれも完食!(汗)

プリモが終わった頃、右隣のうるさい職人さん達が行ってしまったし、セコンドの半ばぐらいに左隣りのカラビニエーリ(憲兵)3人も席を立ち、ほとんどの人が行ってしまい入口近くのテーブルに残ったのは私ひとり。

そして、誰もいなくなった

まだ入って来たばかりの人も、それ以外の数組の人も奥の部屋にはいるのですが、なんとなく居心地が悪くなってというかそそくさとコーヒーだけ飲んで(もちろんもう何も入らなかったけれど)出て来ました。

あゝ美味しかった。満足満足(^^♪

書き始めはライヴだったけれどやはり写真の縮小だの何だのと結局家に帰ってから書き上げました。

ライヴはインスタやらFacebookじゃないと無理ね。だから人気があるんだろうなぁ。

でも、こんなに長々とは書けないしね。

メガネとスマホ、ひとりでレストランの必須アイテム

ライヴどころか約1週間遅れの投稿と相成りました。m(_ _)m

イタリア子連れ放浪記

「イタリア子連れ放浪記」

過日、このblogにコメントを残してくださったkotarouさんのblogです。

ゴルフ仲間ということでコメントを頂いてすぐにお礼のコメントをしにお尋ねしました。

私同様かなりゴルフにハマっておられるとのことでしたがタイトル通り多くは主夫として、父親としての子育て日記です。

お若い頃からお料理も得意でいくつかの手料理の話題もあり、またタイトル通りフットワーク軽くあちこちにお出かけになっていて旅行記としての話題も豊富です。

つまりキーワードとしては *イタリア *子育て *料理 *旅行 *ガーデニング *ゴルフ

うちのblogを覗いて下さる方々の興味の対象が全て詰まっているblogなのでした。

3日間ほど朝の3時4時まで読みふけり2005年の4月からの投稿を完読してしまいました。(汗)

文章が素晴らしく、写真がとても綺麗でどんどん惹きこまれてしまいました。

私はあまりイタリアにいる方々のblogは読みません。

皆さんとても優秀な方々でお仕事や趣味の藝術などを極めておられてなにも出来ない不甲斐ない自分が情けなくなってくるからです。

そんなに優秀なら日本でもさぞかし成功なさっただろうと思うのですが、私はイタリア人の悠長な所、怠け者のところばかりをこの30年間に吸収してしまいご覧の通りただの主婦でゴルフ狂いなだけ。(笑)

でも、kotarouさんのblogは表現の仕方なのでしょうか?私が自己嫌悪に至るようなこともなく、物の見方もよく似ていて(同じ未年のせいかな?)とても心地よかったのです。

そうそうイタリア語もしっかり勉強なさっただけあってイタリア語を訳した時の表記もはなまる。アクセントの位置や長音なども正確に記載なさっていて気持ちが良いのです。

カフェラテ(カフェラッテ)とかルッコラ(ルーコラ)と書いてあるのを見るととても気持ち悪いのですが (あ、もちろん日本の皆様はいいんですよ。)そういうことは全く無く安心して読み進むことが出来ました。

そこで、皆様にもおすすめしたいなぁと思った次第です。

最新投稿は「副業」

私はkotarouさんの職業は存じません。

ゴルフ仲間には職業を伺うことはまずありません。これまでに国際的に地位のある方々やごく普通の会社員、工員さんたちとご一緒しました。弁護士と医師は掃いて捨てるほどいるゴルフ場です。

でも、全く興味はありません。ゴルフの上手下手も二の次です。私がゴルフ仲間に求めるのは 紳士的なプレーをしてほしい! ただそれだけです。

kotarouさんの副業とは?

興味のある方はどうぞ覗いてみてください、ヤキモチは焼きませんから。(笑)

グルテン、レクチン

朝方、麦類に含まれるグルテンが健康によくない、アレルギーでなくてもできるだけ摂取しないほうが良い。

グルテンを含まない食物は米、そば、豆類、野菜、加工していない肉、卵などという記事を読んだ。

 

夕方、ひょんなことからレクチンを含む食物は健康によくないという記事を読んだ。

レクチンを含む食物は豆類、穀類、ナス科の野菜(ナス、トマト、ジャガイモ、ピーマン、唐辛子など)瓜類(キュウリ、カボチャなど。特に種の部分)

 

じゃぁなに? 米と卵とお肉だけでいけて行けというの?

そしてコレステロールを考えたら卵もお肉もそんなにたくさんは摂っちゃいけないでしょう?

たまごや乳製品にアレルギーな息子に授乳していた頃はそれらを含むものは一切食べなかった。

大好きだったアイスクリームもそんなに欲しくなくなったのもあの頃から。

でも、あれは息子の為だから出来たこと。

食いしん坊の私がこれはダメ、こっちも注意してなんてことは出来ないわぁ。

色んな物を程々にバランスよく食べてあとはケセラセラァかな。(笑)

 

アイキャッチ画像はMarigold Barsさんから、本文中のイメージはHelthlineさんから拝借しました。

メンテナンス

世の中に難しいこと数あれど、メンテナンスは中でもかなり難しいことの一つではないでしょうか?

新しい物を手に入れると嬉しいものですが、それを新しい時のように維持する、あるいは使い込んで更に魅力的にすることができる人は稀ではないかと思います。

私も今の家に引っ越してきた当初は荒れ果てていた庭に立ち向かってかなり改善したのですが、長くは続きませんでした。

庭仕事はちょっと気を抜くと取り戻すのに苦労します。

四季はめぐり植物たちはしっかりとそのサイクルで生を営みこちらの都合などかまってはくれません。

家の改装に職人さんが入ったことと私の体調不良とが重なった年から庭は庭とは呼べないような良く言えば自然な?(笑)悪く言えば手入れのよくないものになっていきました。

追い打ちをかけるように私の興味が庭からゴルフに移ってしまったことでどちらも時間のかかる趣味だけに両立は更に難しくなりました。

1年草を植え替えたり家の周りの木々の剪定などは最低限やってきたのですが、ぶどう畑も取り払い仕事量はめっきり少なくはなったのですがそれでも5,000平方mの空間は私ひとりできちんとメンテナンスをするのはかなり重荷です。

そこで、昨春に職人さんに入ってもらって伸びていた草刈りをしてもらいました。その時に冬には果樹の剪定などもお願いしていたのです。

その庭師さんにまた戻ってきてもらって、更にとなり町に住むナイジェリア人の若者にも助っ人を頼んで12月中頃から毎週火曜日に庭仕事を続けてきました。

かなりすっきりしてきましたが、まだまだ仕事は残っています。

15年前には自分一人で一抱えもあるリンゴの大木をチェーンソーで切り倒した私もよる年波には勝てません?(笑)

ことゴルフに関してなら5時起きも厭わないし体のあちこちの痛みもものとはせずに立ち向かいますが、一度モチベーションの下がってしまったことは何かにつけて自分自身に言い訳をして回避しがちです。

そういう意味でも誰かがやってくればこちらも対応しなければならないのでこれからもちょくちょく来てもらうつもりです。

もう一度こんなふうに…。

どうやら色んな物を植えこみすぎてしまったのも雑多になった原因かな?(反省)

Volturno Golf

7日から月末までうちのゴルフ場は閉鎖になっています。

そこであちこちに出掛けているのですが、12日の土曜日ナポリのとなり町カゼルタという県のVolturno(ボルトゥルノ)というゴルフ場へ行ってきました。

かねがね行ってみたいと思いながらなかなかチャンスがなかったのですが、年末、最終日に一緒にラウンドしたご夫妻が「Volturnoに行こうかなぁ」と仰ったのでぜひ連れて行ってと頼みました。

片道1時間半から混雑すると2時間ほどかかるところなのでやっぱりひとりではちょっと寂しいですから。

 

当日は晴天に恵まれ海のそばなのでこのあたりよりは温かいのではと期待していきましたがやっぱりこの季節ナポリも寒かったです。(笑)

でも、行ってよかったぁ。

地中海性松と手前はガマかな?
小さな池があちこちに

前半はご覧のように地中海性松の林に囲まれたコースが続き、後半は

イスキア島が見えています

海の見えるコースとなって全く印象が違います。

バミューダ芝

また、ここは日本のコースのように冬場に枯れてしまうバミューダ芝を使っているのでうちのゴルフ場の夏のような色です。

とにかく自然な感じのゴルフ場で私はとっても気に入りました。
人によっては手入れが不十分だと言いますが、あまりにピシッとしたところよりも和める気がしました。

騒音もないし雄大な景色が望めて(後ろを振り返ると雪山も見えるのですよ。)スタッフも皆感じが良いし最高でした。

ただ海沿いなので地面が砂地で柔らかく、足が随分疲れました。うちのゴルフ場と同じぐらいの長さで、しかも殆どが平たんなのですが、後半は腰のあたりから痛みを覚えました。これも慣れるとどうということもないのかもしれませんね。

皆さん歩きでのラウンドでした。うちは最近カートでラウンドする人(特に若者たち)が多くなってマナーが悪くフェアウエイの真ん中やグリーン付近に乗り入れるのでハラハラします。

初めてのゴルフ場でしたがスコアもまぁまぁ。

自分のスコアなのでパット数やバンカーに入ったことなどを書き加えています。
前半2つのパーを取り49打で上がったのでもしかしたら100切り?と思ったら後半はとっても簡単なはずのショートコースで大叩きのすえ3パット。これがなかったらぴったし100だったのになぁ。残念。

この日、パーは3つ(いずれもショートコースで)ボギーは2つ、ダブルが9つでトリプルが3つ、4オーバーがひとつでした。パットは合計33でまぁ良しとしておきましょう。

ステーブルフォードの点数は34点で合格点内(30〜36)に入りました。ハンデを下げるには37点以上取らないといけないのです。頑張りまっす。

ご一緒した友人は私よりもうんと上手な方なのでハンデが20,この日は調子がでなくてひとつもパーが取れずに嘆いておられました。その方のご主人と3人で行ったのですが、ご主人はとっても楽しい方、とだけ言っておきましょう。^^

とにかく、楽しい一日でした。

生実

あはは…生花ではなく生実(いけみ)

バラの実をこんなに残していたことは今までなかったのですが、

クリスマスに存分に使ってリースを作ろうと思って残しておいたのです。

でも…クリスマスには結局間に合いませんでした。(汗)

 

今日は庭師さんが来てくれていろいろ仕事をしてくれているので

私も何かしなくちゃということでいつもはバラの剪定は2月にするのですが、

今日は特に実がなっているバラから剪定しました。

かなり強剪定にしています。

何年かぶりでリフレッシュしようかなと。

気がついたら南天も結構実がなっていたので倒れこんでいる分を根本から切って一緒に飾りました。

花がひとつもなく実だけなので「生実」(笑)

バラと南天の実
バラの実と南天

Pizza Pizza Pizza

上の写真がPizza職人2018年のチャンピオンSimone(シモーネ)さんです。

高校生時代から知っているのでさん付けで呼ぶのは初めてですがもう28歳、君じゃおかしいですよね?

ここはトラステベレというローマっ子に人気の下町です。

でも、中心街をちょっと外れた静かなところにあってジャズが流れるPizzeriaは初めてです。

Pizzaは庶民的な食べ物なのでこれまでの典型的なPizzeriaは、店内も庶民的なら音楽はなくて当たりまえ、その分ひとのしゃべり声が充満しているのが常でした。

ここはPizzaの他にも普通のメニューもあり、店内もごく普通に都会的です。

一角にはかなり大きめのBarコーナーがあって席が空くのを待ったり、食前酒をとったりするのに格好の場所となっています。

では美味しいPizzaの数々をご覧頂きましょう。ここのPizzaの名はちょっと珍しいのばかりでした。

matriciana

名知らず
名知らず、何か聖地の名がついていたような。。
バッカラ、シオダラがのった珍しいPizza
私が頂いたモンテレピーニ、うちの近くの山の名がついています。
(ピンぼけ〜) Terracinaという町の名がついています。普通アンチョビがのったらローマではナポリと呼ぶのですがテラチーナはかなり手前の街です。(笑)
Keiko,Angela,Roberta,Cesare,Sara,Beatrice,Yoske,Sergio,Paolo,

SaraはSimoneのGF,AngelaとSergioはその両親、陽介の隣がGFでRobertaとCesareがその両親。つまり3家族が揃った夕食でした。

みんな美味しいと評判のPizzaを前に満面の笑顔。

何人かは同じPizzaをとったし、後で追加したひともいたけれど撮り忘れ。

Simoneの名がついたPizzaもあったのだけれど。。。

周りがふっくらして中の具がうまく収まり、でも全体にはとっても薄くて焦げ目が適量ついていて香ばしくてもちっとして…。

本当に美味しいPizzaでした。

Simoneは1年半ほどフィンランドでもPizzaを焼いていましたが流石に寒いのと遠いので帰ってきました。(笑)

アップも撮ったのだけれど、とにかく忙しく動き回っていたので全てピンぼけ。(汗)

これからも修行を続けてどんどん美味しいPizzaを作って欲しいなぁ。

打ち初

皆様あけましておめでとうございます

31日に打ち納めをして、元旦の昨日早速打ち初に行ってきました。(笑)

2017年1月11日

写真は2年前のもの(髪がこんなに短かった)ですが、同じゴルフ場です。

ローマのアッピア新街道近くの大きな水道橋の横に広がる贅沢な環境。

上空をチャンピーノ空港に発着する飛行機が飛び交いますが。(笑)

1月の2週目からうちのゴルフ場は月末まで閉鎖になるので毎年1月はここに来ることになります。

Fiuggiよりは少し暖かめですし、料金も手頃で我が家から混雑がなければ45分位でたどり着きます。

2018年1月

これは昨年の1月に撮ったもので、南米から持ち込まれたインコ?が野生化して増えています。

ご覧のようにまっ平らなゴルフ場なので、終わってゴルフバッグを車に積む時までバッグを電動手押しカートに固定していなかったことに気が付きませんでした。(笑)

9ホールを2回回ることになりますが、2回めは昼食を終えた人たちで混雑してきたので4ホールを終えたところでピッチ&パットのコースに移動しました。

2回目の4ホールはボギー、パー、ボギー、パーと進んでいたので残念でしたが…

でも、ピッチングとパットはゴルフで最も大切な部分ですから。

そちらも9ホール。最長でも約80mのごく短いコースです。

ここのゴルフ場の特徴は距離が短い分グリーンが皆クーポラ型になっていてちょうどいいところに止めるのがとても難しく勉強になります。

元旦にしたことは年中続くという言い伝えに験を担いで行ってきました。

ま、験を担ぐまでもなく年中ゴルフしますけれど。(笑)

ということで今年もゴルフネタが多くなりそうですがよろしくお付き合い下さいね。