Piccolo paradiso

アイキャッチ画像は友人からスマホに送られてきたものなのですが、

うちのゴルフ場から見えた夕暮です。

 

さて、ここ数日私はゴルフ場の練習場に入り浸っています。

ここはピッチングやサンドショットの練習場。

つまり短めのショットの練習をするところです。

グリーン周りの短めのショットやパットがスコアメークにはとても重要だと分かっていながらも

あまり面白みがないというかロングショットのような爽快感に欠けるので練習する人もごく少ないです。

数日通っているものの誰にも会ったことがありません。

 

この生け垣を境にこちら側には時々人が来てロングショットの打ちっぱなしをします。

向かい側にドライビングレンジが見えますが300mくらい離れています。

ドライビングレンジは屋根があって雨模様でも練習できますが、

下がマットなので、ダフってもボールは飛んでいきます。

そこでしっかり練習したい時にはこの反対側に来るのです。

特に私の好きなこの場所はPiccolo paradiso=小さな天国、さっきも言ったように

ほとんど誰も来ないのでこうしてボールを並べての連打などもできます。

 

両脇には10番ホールと17番ホール(望遠写真)があって時々私に気づいた人が声をかけてくれます。

「精が出るねぇ。」ってな感じで。(笑)

 

うちの練習場のボール代は25個で1ユーロ。

ここでのショートの練習には繰り返し使うことができるので経済的。

もちろん最後にはロングショットでみんな飛んでってしまいますが。

ロングショットを100球ぐらいするとワンラウンド回ったことになるのですから結構疲れます。

 

最近目覚めてしまったので、(笑)

他愛のない友人達とのお遊びのラウンドよりはここでひとりで練習するほうが気に入っています。

もちろん本番での練習も必要なのは分かっていますが。

そしてしっかり体に刻み込んでしまうまではつい本番では今までどおりのスイングになってしまうのですが…

友人たちには1年後の私を楽しみにしていてくれと言ってあります。(笑)

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

11 Comments

  1. Toshi
    01/12/2018

    この夕暮れの写真の赤いのは夕陽が当たっているのかしら、とてもきれいですね。

    ピッチショットの練習がゴルフ場の芝から打てるなんて最高ですね〜。
    ちょっとしたライや芝目の違いに対応できるから格段に腕が上がるものね。
    それにしても毎日練習ができる体力に驚きです。
    本当に1年後が楽しみですね。
    やっぱり練習場のマットの上からだと、本番では生かせないことも多いのでガッカリすることも多いです。

    そうそう、今年の3月に89というスコアが一度ありました。
    主人に言われるまでスッカリ忘れてたし、どこのゴルフ場だったかも覚えていません^^;

    主人が先日2回目のホールインワンを達成して、今保険屋さんに申請中です。
    二度ある事は三度ある?
    たぶんもうないでしょう。素人のはマグレだからね(笑)

    返信
    1. Keiko
      01/12/2018

      何よりもご主人のホールインワン、おめでとう!!!
      保険やさん、そうね日本では大変ですものねホールインワンやっちゃうと。^^;
      こちらでは公式コンペ中に出るとゴルフ協会から祝いの品が届きます。
      でも、皆におごるという習慣はありません。

      本当に恵まれた環境なのに生かし切っていない気がして
      日本の皆様の分まで練習しなくちゃと思っているところです。
      また数日らい坐骨神経痛に悩まされていますかホカロンでしのいでます。(汗)

      返信
      1. 青花
        02/12/2018

        Toshiさん
        80台って羨ましい。どこでのスコアかも覚えてないの?
        ってことは、きっといつも素敵なスコアなのね^^v

        返信
        1. Toshi
          02/12/2018

          青花さん
          そうだと嬉しいのだけどね。
          私何度も行ってるコースでも「どこそこのゴルフ場の何番ホール」
          とか言われても「どんなんだったっけ」って調子なの。
          すべって手首や肩を壊してから筋力もなくなって、
          飛距離も出ないしスコアが悪くても悔しくもないんだからダメよね。
          半分リハビリのつもりで楽しんでいます(笑)

          返信
          1. Keiko
            03/12/2018

            あ、私も何度も行ってるコースでも全然覚えられません。(汗)
            >スコアが悪くても悔しくもないんだからダメよね。
            私は子供の頃とっても体が弱かったのでいわゆる競争心がわかないというか、はなっからダメと思っているのでそのあたり今でも尾を引いてます。
            転ぶのが怖いから全力では知らないというタイプ。(汗)
            スイングも甘いと注意されます。

            返信
  2. 加藤
    01/12/2018

    あら、イタリアでもHUAWEIを使っている人多いですか?
    カメラはライカだから人気なのかしらん。
    こんなに美しい夕暮れが撮れるなら良いものなのでしょうねぇ、中国恐るべし。

    アスリートがよく言っているような気がします。
    練習は裏切らない、って。
    来年のシーズンには凄いことになっているかもしれませんね(^^)

    返信
    1. Keiko
      01/12/2018

      私の前のスマホもHUAWEIでした。
      画像も綺麗でしたが、こんなinfoは出ませんでした。(笑)

      >練習は裏切らない、
      はい、肝に銘じておきます。

      返信
  3. 青花
    02/12/2018

    “小さな天国”いいね~
    一人で黙々と練習できるのって凄いと思います。
    私は一人だとすぐに飽きてしまうの><

    ショートゲーム大事よね、アプローチのミスが減れば、どれだけスコアがまとまることか。。。
    Keikoさん、来年は爆発だね^^

    夕陽、手前の山だけ赤く染まってるのね。

    返信
    1. Keiko
      03/12/2018

      >一人で黙々と練習
      えへへ…私って根暗だから。(笑)
      最初の頃いつもいっしょにラウンドする人を誘ったのですが、
      他人がいるとその人のことが気になって
      退屈していないかなぁとか、、、
      疲れたんじゃないかなぁとか、で集中できないのよね。
      練習はひとりが良いわ。^^

      >夕陽、手前の山だけ赤く染まってるのね。
      ね、面白い写真でしょう?

      返信
      1. Toshi
        04/12/2018

        私も練習は1人のほうがいいわ(夫は別だけど)
        まぁ、周りに女性でゴルフをする人がいないからいいんだけど、
        休憩したいんじゃないかとか考えたりして集中できないしね。
        ゴルフ場での芝の上からの練習ができるんだったら、
        もっと頑張って練習したいと思うでしょう。

        返信
        1. Keiko
          04/12/2018

          私が一緒に練習したのは男性でしたが、^^;
          男女の別なくやはり誰かがいると気を使いますよね。

          芝の上からだと足場も真っ平らじゃないので実践に近い感覚で練習できます。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください