MBT親睦会2018

MBTすなわち My Best Tour (Paoloの旅行会社)の親睦会

 

毎年報告していたつもりですが、昨年の分が見当たりません。

???

この時期にこの親睦会を持つのはやっと観光シーズンが落ち着き、

メンバーたちがやってこれる状況だということ(もちろん何人かは仕事で来られず)

そして、栗の実がまだあるのでデザートにモンブランが食べられること。(笑)

我町Segniは栗で有名なのです。

また、このあたりにはオリーブ畑も多いですが、ちょうど収穫を終えて

そのオイルを絞る時期であること。

こういったことが重なって毎年11月後半に行っています。

 

今年はさらに参加者が増えて50人に達する見込みでしたが急な仕事が入った人や

この時期体調を崩している人たちがいて、お父さんの体調が悪いとそのご家族皆が欠席ということで

ふたを開けてみたら40人で昨年とほぼ同じでした。

 

まずは席に着く前にグランドピノのあるラウンジでアンティパストとシャンペンを。

まだ到着していない人たちを待つにも最適です。

 

昨年は、テーブルセッティングが細長〜いもの(部屋が細長かった)でしたが、

今年は広いサロンだったので幅広く短く、つまり皆が寄り集まっていい感じでした。

30年来の友人から初めてお会いする方々までいろいろです。

我々は、ちょうど結婚式の新郎新婦席のようなところに座らされました。(笑)

そこからお客様方を見たところです。

メニューはすでにクリスマス仕様でした。(笑)

お気づきになりましたか?

赤いすゞの下にHotel La Pace

そして、Segni 25Dicembre 2018

つまり、 2018年12月25日の日付が入っていました。(笑)

 

まずはフェットゥチーネのポルチーニきのこあえ

同じメニューを一昨日頂いた時にはこんないおいしくありませんでした。

にんずうが多いとコックさんたちもより張り切るのかしら?(笑)

続いてグリーンのラビオリにスペック(生ハムの燻製)とルーコラ入り。

美味しかったぁぁぁ

次のお皿を待つ間に時々皆の中に。

私の左側はルイスさんという日本語ペラペラの方。奥さんと二人の息子さんと。

ご長男はうちで事務をしておられ ます。

私の右はうちのウエブマスター、左はガイドさん、とっても陽気な方でした。

おしゃべりをしたり、喫煙家たちは外に一服しに行ったり、

誰かが老夫婦の姿も撮ってくれました。

 (Yukoさん作のベストを着用)

そうこうしているうちにメインディッシュがやって来ました。

毎年恒例になったイノシシのチェザネーゼワイン煮込みです。

チェザネーゼというのはゴルフ場近くで採れるぶどうをつかったワインで、

中部イタリアでは有名です。

赤ワインで煮込むので色はいまいちですがもともとブタよりも脂身の少ないイノシシが

ワインで煮こむうちにさらに余計な油が落ちて、フォークで崩れるほど柔らかくなって

それはそれは美味しいのです。

今年は付け合せも一緒に盛りつけて有り、量も程々で調度良かったです。

付け合せはチコリを茹でてニンニクオイルで炒めたものとポテトのオーブン焼き。

付け合せも最高でした。

そして、お待ちかねのモンブラン!

本当に結婚式のように今年は大きなトルタ仕様になっていました。

Paoloと共同経営者たちがケーキカット。

ベースも生クリームも栗のペースト?も完璧の美味しさでした。

非の打ち所のないという言葉がピッタリのデザートでした。

写真のを全部平らげてさらにおかわりしちゃった。(汗)

でも、Paoloはこちらを。

セミフレッドです。栗とピスタチオ味のソフトアイス。

デザートには再びシャンペンが出ましたが食事中は ⇓ の赤ワイン。

14.5度という奥行きのある赤ワインでした。

12時半から17時過ぎまで全く結婚式の披露宴も顔負けの昼食会でした。

来年の再開を約束して三々五々引き上げて行かれました。

 

参考までに皆さんが例の製油所で購入されたオリーブオイルは400リットル近かったそうです。(笑)