Fiuggi良いとこ

Fiuggi(フィゥージ、フュージのほうが近いかな?)は人口一万人ほどの小さな町です。

その街の入り口に私の通うゴルフ場があります。

そこで、ローマの他のゴルフ場との決定的な違いはメンバーの多くがFiuggiもしくはその周辺の小さな町の住民だということ。

日本でも同じで小さな町は住民の連帯感が強いですよね?

ゴルフは個人競技なので他のゴルフ場ではラウンドが終わったら「はい、さよなら」という感じですが、Fiuggiは違います。

プレーしない人もやってきてなんだかんだと話に花を咲かせています。

他のゴルフ場では腕の違う(=ハンデの違う)人とはあまりプレーしない傾向がありますが、多くのFiuggini(Fiuggi の人という意味)は下手な人を見ると放っておけないというか、一緒にプレーして教えようとします。

それは良し悪しなのですが、(汗)冷たく見放されるよりは良いですよね?

素人が自分の見解でいろいろと教えてくれるとそれこそ十人十色で昨日聞いたことと全く逆のことを今日聞く事にもなりかねません。(笑)

でも、気持ちは嬉しいですよね。

前置きが長くなりましたが

もしかしたら地獄の下にまだ我々が知らないとんでもない奥底があるのではないかと思えるほど最近の私のゴルフは行き詰っています。

少し前に大々的に復活宣言したもののここ数日はアドレスをとりバックスイングを始めると大きな恐怖感に見まわれ全くスイングができない状況です。

バックスイングをしてトップに来たところで両手の向きがわからなくなってその後のことはまるで頭が空白状態なのです。

当然のことながらボールは思いもよらないとこへ飛んでいくか全く飛ばないで足元に転がるか。。。

なんとか打てるのは7番アイアンからそれより短いクラブのみ。

今までの私のゴルフはこの年の女性としてはそこそこ飛ばす方でその分グリーン周りの小技に欠けるというタイプでした。

パー5を3〜4打でグリーンやその際に寄せるのに、そこからまた3〜4打というのが多かったのです。

それが最近はグリーンまで1〜2打余分に掛かってしまい、その分アプローチが良くなったというパターンで、総合的には総打数はあまり変わらないものの、土曜日のコンペでは突然シャンク(ボールが真右へすっ飛ぶこと)が出始め、止まらなくなりプレーするのが怖くなりました。

シャンクのような動きでは人に当ててしまうこともあるからです。

土・日のコンペはカップルでの競技でしたが、私と組んだAnitaさんはもとよりもうひと組の男性陣も辛抱強く付き合ってくれました。

でも、私の不調は翌日には皆が知るところとなり、日曜の朝は皆が心配して声をかけてくれました。

ここまでなら小さな田舎町では世間が狭くて何事もすぐに知れ渡るから窮屈だなぁと思われるでしょうが、

今日も何人かが実際に練習に付き合ってくれていろいろと教えてくれたり、ビールをごちそうしてためになるような話を聞かせてくれたり、

心底心配してくれてこれはもうありがたいですよね。

冬になれば私のコーチにも時間ができるのでまたレッスンに行って回復できるようにがんばります。

 

 

 

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

8 Comments

  1. 青花
    09/10/2018

    Keikoさん
    ほんとFiuggiは素敵だと思います。
    Fiuggi、GolfはKeikoさんの人生の何分の一かを、豊かに素晴らしいものにしてくれたと思います。
    FiuggiでのKeikoさんはとても居心地が良さそうだったし^^

    さて、ゴルフの不調だけど、Keikoさん体調はいかが?疲れてない?
    私も3、4年前に凄いスランプになり、当たらない飛ばない、変な方向に行くし、おまけにシャフトを2回も折ってしまたの。
    回復までに1年以上かかったよ><
    今思えば、かなりリズムがおかしくなってて、自分で焦って、あーでもないこーでもないと悩んだら、ますます硬直してしまって。。。
    今思えば、リズムが悪くなったのを力でカバーしようとして力ばかり入ってしまって。。。
    焦るから早打ちになり、ボールの行方が気になり、顔は上がるわ。。。って感じでした。
    昨日、練習い行ったら、始めは当たっていたのに、途中から急激に当たらなくなり、焦った~(汗。汗)
    で、しばし休憩してゆっくりしたリズムで八割の力で打ったら、少しマシになりだしました。
    つまり、以前の不調を短縮バージョンで再現したような感じでした。
    ここのところ、季節の変わり目で、すぐに横になって寝てしまうような感じなのよ。
    で、Keikoさん、気がつかないうちに疲れているのでは?って思った次第。

    返信
    1. Keiko
      09/10/2018

      青花さん、ありがとう
      長くやってるとスランプに出会うよね。
      私はこんなひどいのは初めてだけどみんな乗り越えているのね。

      >回復までに1年以上かかったよ><
      わぁ、覚悟しなくちゃ。

      >今思えば、リズムが悪くなったのを力でカバーしようとして力ばかり入ってしまって。。。
      ウンウン、思い当たります。
      焦らず、スイングもゆったりと、ですね。

      返信
  2. hitomi
    09/10/2018

    ゴルフをしないわたしだから トンチンカンなコメントだったらごめんなさいね
    ゴルフをするようになってからのKeikoさんと その以前のKeikoさんと比べたら 断然 ゴルフを始めてからのKeikoさんの方が元気だし さらに魅力も倍増だし それはきっとこのFiuggiのゴルフ場とそこに集う人々と 亡くなったお母さんの思いとが Keikoさんに与えてくれた力なんでしょうね。

    何日か前 TVのスポーツ番組で プロゴルファーの石川 遼さんのことを取り上げていました
    若くして華々しくデビューした石川 遼さんだけれど 大きな挫折も味わって 一打を打つのに恐怖を感じることがしばしあると そんな話でした。
    ただひたすら自分の癖を克服すべく練習に打ち込み イメージトレーニングをし 涙ぐましい努力を重ねていました
    納得いくまで 向き合う   頑張ってね 素敵な仲間もたくさんいるのだし。

    返信
    1. Keiko
      09/10/2018

      hitomiさん、
      私もいつもゴルフに出会えてよかったと思っています。
      でも、ゴルフって精神的にかなりきついスポーツです。
      私のようにあまり競争心のないものでさえ、自分自身に納得できなくて悩んでしまいます。

      石川遼さん、大好きです。
      力はあるのだから頑張り続けて欲しいです。
      プロでもそういうことがあるのだから私なんかがスランプになるのも当然ね。

      >納得いくまで 向き合う   頑張ってね 素敵な仲間もたくさんいるのだし。
      はい、がんばります。
      Fiuggiのみんなだけじゃなくhitomiさんたちも応援してくれているんだものね。

      返信
  3. 加藤
    09/10/2018

    Fiuggi良いとこ一度はおいで?
    行きたいですぅ♪
    私は隣の人もよく知らないような生活をしていますからね、マンションは表札も無くて名前すらわかりません^^;

    一度覚えてしまったゴルフは初心に戻って・・・ってわけにはいかないのでしょうね。
    タイガー・ウッズも戻ってきそうで来なかった時があったし。
    バイクでコケてもまた乗る人がいるのと同じように、ゴルフでコケてもまだまだやり続けるのでしょう(^^)
    感動復活ストーリーなど見せていただきますよ、遠慮なくドラマを作ってください、ハンカチ握って待ってます。

    返信
    1. Keiko
      09/10/2018

      Fiuggiのマンションに住んでいる人たちは加藤さんと変わりないかもしれませんが、(笑)
      特にゴルフ仲間がこうなんでしょうねぇ。
      それに私はあまり自己主張がなくてどなたのご意見もありがたく聞いてしまうので。

      初心に戻るしかないのだとはわかっているのですが。。。
      そして初心に戻ったつもりでハーフスイングしているのですが、ラウンド中につい欲が出るのですよね。(汗)

      私のレベルでこうですからプロの悩みはどんなにか奥深いことでしょう。
      でも乗り越えられれば90歳でのエイジシュートも夢ではないと思うのでがんばります。

      返信
  4. Toshi
    09/10/2018

    家庭的なゴルフ場ステキですね。
    日本には数え切れないほどゴルフ場がありますが、どこもいつも満員です。
    2025年問題とか言われてて、その頃には団塊の世代の人たちがゴルフを辞める年齢になりゴルフの危機が来ると言われています。

    Keikoさんのスランプは考えすぎてドツボにはまってるのかなという気がします。
    頭や理屈で先に考えてしまって、体が硬くなるのかも・・・。
    もちろん、理論は知っておかなくちゃいけませんが反射神経で動くスポーツと違って体より脳が先行してしまうとなかなかうまく打てないこと多いです。
    それを取り返そうとまた考えすぎて失敗するというのが私の以前のパターンでした。

    もっと頭も体も力を抜いて筋肉に仕事をさせてあげてください。
    と言ってる私は最近筋力も落ちて飛距離も落ちてきました^^;
    今は、100ヤード以下とアプローチパットの精度を上げる練習がほとんどです。

    これから涼しくなれば、またよくなってくると思います。
    焦らず楽しんで頑張ってね。

    長ったらしくてごめんね。

    返信
    1. Keiko
      09/10/2018

      >頭や理屈で先に考えてしまって、体が硬くなるのかも・・・。
      そうかもしれません。
      どうもまだグリップがしっくり来なくて、トップに行くまでにこねているのでしょうねぇ素直に降りてこないんですよ。
      それがTopでわかるものだからその時点でどうして良いかわからずわからないままに降ろすのでとんでもないことになってしまいます。

      >今は、100ヤード以下とアプローチパットの精度を上げる練習がほとんどです。
      私もそれに徹しています、それ以外に稼げるところがないもので。(汗)

      >長ったらしくてごめんね。
      いえいえ、もっといろいろ聞かせてください。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください