Tempesta(嵐)

28日、日曜日からイタリアのほぼ全域でものすごい嵐が荒れ狂っています。

ようやく今日火曜日はほぼ収まりましたが、日・月の二日間に各地に

大きな傷跡を残していきました。

 

 

北部のほうが土砂崩れや雪崩、河川の氾濫というような脅威に晒されたのですが、

こちらラツィオ州では強風と豪雨のせいで大木が倒れる事故が相次ぎ

隣のフロジノーネ県で若いカップルが車に乗ったまま大木の下敷きになって死亡、

ラティーノ県、テラチーナでも同じようにひとりの男性が死亡、

カンパーニャ州のナポリでも歩行中の21歳の男性が木の下敷きになって死亡ということで、

日本大使館からも外出を控えるようにというメールが来ました。

大木以外にも看板などが飛び交う可能性がありますからね。

 

幸い、我が家ではこれという大きな災害はありませんでした。

(まだ、じっくりとは庭巡りをしていないのですが、)

小さめの植木鉢が転がっている程度、

そうそう今日郵便配達の方が来た時には門からの通路に大きな枝が転がっていたとかで

なかなか入ってこられませんでした。

若い女性の配達の方が取り除いてくださったようです。(汗)

 

昨日の午後には何度も停電をしました。

雨戸をみんな閉めているので暗い家の中で電気もつかずテレビも見られないので

Rudyと一緒に早々とベッドへ。

ご存知のようにRudyが一番怖がるのは風の音です。

彼をほぼ一日中抱っこする格好で土曜から今日で4日目、

もちろんゴルフどころではありません。(笑)

 

トリノに住む息子ともチャットで安全を確認しましたので

どうか皆様も我が家に関してはご安心ください。

 

予報では明日一日晴天だとか、久々のラウンドに行ってきます。

木曜にはまた大雨の予報なんですよぉ。 😥

例年は9月後半にこういうことがあるのですが今年は少しずれ込みました。

 

メガネ

ガブリエレコーチが理想の姿だと言って撮ってくれた写真です。

当然いつもこうなるわけではありません。(汗)

こういう姿に近づくように練習を重ねなければならないわけです。

 

でも、今日の話題はメガネ。

数年前に眼科に行っていろんな検査と共に視力も計ってメガネを新調したのですが、

リンク先にも書いたようにそのメガネをかけると怖くて歩けませんでした。

そこでよる運転するときにのみ使っていたのです。

ところが3週間ほど前に夜、高速を飛ばしてPaoloのところへ行った時に

前方の車のテールランプが長い帯状でしかも左下の方に流れるように見えて

メガネを45度ほど傾けると帯が短くなったのでした。

 

これはメガネがあっていないなと思いすぐにメガネ屋さんにコンタクトをとりました。

眼科に戻ろうかとも思いましたがものすごく混み合っている眼科なので

すぐには予約も取れないだろうし、このメガネ屋さんにはかなり高度な検眼の設備が

整っているのでここで調整してもらうことにしました。

やはり、特に右目の乱視がひどくなっていました。

矯正すると両方共1.5まで見えます。

 

今回も2日ほどで出来上がってきました。

フレームは同じものでレンズの交換だけで140ユーロですから今のレートで18000円弱。

早速そのメガネをかけて運転して帰宅し、翌日はそのメガネをかけたままゴルフをしました。

つまり問題なく歩くことができました。ヤッホー

 

以前はメガネをかけると自分の背がいきなり2m以上になったような感覚で

足元が遠くて怖くて歩けなかったのです。

また、グリーンが壁状に立ったように見えたものですが、今回はそんなこともありません。

ブラーボ、メガネ屋さん。!^^

 

ということで、初めてのメガネをかけてのスイング写真でしたぁ。 😆

 

 

Non sono la donna

右肩の痛みと左のふくらはぎのつっぱりがひどくなってきたので

マッサージに行ってきました。

ひところはこのマルコさんというマッサージ師さんのところに週一で

何年も通っていましたが、今はゴルフのおかげで必要がなくなっていたのですが、

もしかしたらそのゴルフのせいで少し筋肉を痛めているのかもしれません。

当然というか痛みを感じ始めた時にはネットでいろいろと調べてみて

該当する記事がないか見てみましたが

ふくらはぎの痛みには血栓や糖尿病に関係することもあるということで

いささか心配していましたがマルコによるとただの筋肉痛ということでした。

1時間の治療後は少しましになったのできっとそういうことなのでしょう。

 

家から約30分の治療所はアウトレットに近いところなので帰りにちょこっとよってみました。

最近は太ったせいか洋服をかう意欲がわきません。

でも、通り道なのだし、なにか面白いものが見つかるかもしれないと思って

立ち寄ったのですが、買ってきたのはアイキャッチ写真に載せた3点のみ。

ゴルフバッグを固定するゴムひもと、車のフロントグラスを拭くための用具。

下着から靴やバッグまでいろんな用品が揃うアウトレットで

こんなものしか買ってこない私は女じゃないですよね?(笑)

Non sono la donna. (私は女じゃない。)

報告(嬉)13/10

ゴルフって本当になんて言うスポーツなんでしょうか。

山あり谷ありが激しくて、でも今回の谷は奥が深すぎ自信喪失を通り越していたところでした。

それが、Gabrielleの1時間のレッスンで蘇るのですから。

(3週間ほど前にコンペをリタイヤした時に30分の指導を受けましたが。)

 

金曜日に友人たちとラウンドした時には97打で上がって自分のハンデよりもマイナス 1!

嬉しい状況で土曜のコンペに望みました。

全く不安がないといえば嘘になるかもしれませんが、その不安よりも嬉しさのほうが大きかったのです。

また、このコンペはシリーズ物で春から何度か参加していてこれまでのスコアで私はカテゴリーとレディースの両方でトップに立っていたのです。

カテゴリーでは2位と7打ほどの僅差。

レディースでは20打も離れていたので悪く行ってもレディースは取れるとマネージャーが言っていました。

あのリタイヤしたコンペもそれだったのです。

もしもリタイヤしていなければもっと差が広がっていて気楽にプレーできたことでしょう。

とはいえ、今の私にはそんなことはどうでも良い。

曲がりなりにもボールが捕まって飛んでくれたらそれで良いのです。(笑)

 

メンバーはよそのクラブの方々3名だったので誰もこのところの私の不調を知りません。

私も黙っておりました。

3ホールでバンカーからの脱出に2打を要し、ペケ。

6ホールでもTショットが左の池にはずみで入り込んで7打目のパットが入らず、ペケ。

7ホール、8ホールもペケ。

左下へ転がるボールが続いて悪夢が蘇りそうになるのを必死でこらえ

コーチの言葉をひとつづゝ思い出し、忠実に再現できるように努めました。

前半を11点で上がりました。

後半20点はほしいところです。

 

後半最初H10のTショットはたかく上がりましたがやや右に曲がってラフへ。

でも、パー5をボギーで上がり、その後のホールもボギー3,

ダブルボギー3,トリプルボギー1,パー1で後半は19点を獲得。

なんとか合計30点といういわゆる私のカテゴリーの合格点内に入りました。

そこでシリーズの方では念願のカテゴリー優勝を果たしました。

また、この日の成績のみでも別に賞が用意されていてなんと1位は

シャルム・エル・シェイクへの1週間の旅行でしたが私はレディース賞で

イタリアのガルダ湖にあるホテルへの招待バウチャー(グリーンフィー込み)をゲット。

カテゴリーの方も同じバウチャーでした。(笑)

 

最近のコンペでは18点だの16点だのとゴルフを始めたばかりの頃よりも悪い成績でしたが

やっと一息つけました。

まだ、いささか右手に曲がってしまうので明日もGbrielleに見てもらうことになっています。

Rudy7歳

今日はRudyの7回目の誕生日。

生まれる前から知り合いのところから分けてもらうことになっていたので誕生日がはっきりと分かっています。

分けてもらうと決めていたのは陽介で、私達はなにも知らなかったのですが、そして当初はまだKenとHanaがいたのでかなり当惑したのですが、今は何よりもの家族の一員です。

毎年、ケーキまがいのものを彼に問題のない材料で作っていましたが今日は正直思いだしたのが午後になってからなのでありあわせの材料で普段より少しごちそうだと思えるメニューにしました。

人間用のパスタをバターであえてたくさんのハムの切り身を加えたものです。

写真も撮らず誕生日の歌もなく寂しい誕生日になりました。

 

過去の画像です。

 

で、もうすぐまたワクチンを受けに行かなければならないのでRudyのパスポートを見ると共に

他の子たちのもみてみました。

するとオットはすでに11歳。

ジーとエンネは10歳、momoが9歳です。

道理でね、Rudyはオネエたちに頭が上がらないわけです。(笑)

 

 

名医Gabrielle

餅屋はもちやと言いますが、本当にそのとおり。

 

きのう、よくご一緒するMartini兄弟とラウンドしたのですが、

やはり7番アイアンより長いクラブは使い物にならず

彼らは私をよく知っているので信じられないという驚きと共に

なんとかもとのスイングを取り戻させようと力を尽くしてくれたのですが、

そして、一度はGanniさんの「背中をしっかりさせなさい」という言葉で救われたのですが、

今回はその声も虚しくどんどん破局に向かいました。

Gianniさんの弟でほぼシングルプレーヤー(お若い頃はお二人共シングルでした)の

ルチアーノさんが、「我々がガヤガヤ言ったところで助けにはならない。このクラブのコーチにレッスンを受けて見てもらいなさい。」とおっしゃいました。

少し前に私がコンペを途中リタイヤした時に泣きついたGabrielleコーチは私がゴルフを始めた時に付き合ってくれたコーチで若いけれど私のスイングを皆がほめてくれるのは彼のおかげ。

今の私のコーチは遠くのコースにいるし、レッスン以外にもいろいろと忙しい人で真冬にならないと時間がとれないようだし、今回もまたGabrielleに指導してもらう事にしました。

ゴルフを初めて3年はずっとGburielle についてレッスンしていたのですが、次第に友人たちとの掛試合(ビールだけですよ、念の為(笑))に明け暮れ縁あって知り合った今のコーチにつくようになってGabrielleとは5年ほどのブランクがあったわけですが、先日も書いたかと思いますがこの5年の間に彼は随分成長したように思います。

生徒の年齢やゴルフ歴や希望などを瞬時に分析して必要なことをアドバイスしているという気がしました。

今日も私が悩んでいたグリップをすぐに見ぬいて指導してくれました。

そのせいかどうか、アイアンからウッドに移行してもしっかりとボールを捕まえることができ、昨日までのスイングは何だったのか?と思えるようなボールが飛んでいきました。

あとは右肘が後ろに逃げていたのでそれの修正。

両手も少し上げすぎだったので肩のラインぐらいを心がけるようにとのこと。

ウッドを使うときには左手がトップで腕時計を見るようなつもりの角度。

 

1時間、みっちりと指導を受けた後で小雨の中ハーフをひとりで回ってみたのですが、

ドライブが飛んでいきましたぁ。^^

昨日まで左手にチョロっと飛んでいたのが嘘のようです。

怖くて手に持つことさえ避けていたここ数日が嘘のようです。

2打目も5番ウッドをつかった所、しっかりとその役目を果たしてくれました。

ハーフで14打オーバー、つまり自分のハンデちょうどで上がることができました。

 

ドライブが曲がりなりにもそれらしく飛んでいった時には嬉しくて絶叫しそうでした。(笑)

おそらくもう少しコーチについて悪い癖を取り除かなくてはならないでしょうが、昨日までの不安が亡くなっただけでも本当に嬉しいです。

以上途中経過でした。^^

 

*アイキャッチ画像は2013年のもので私の右横はイタリアのゴルフ界の大御所でライダーカップに3回も出場なさったコスタンティーノ・ロッカ氏左横がガブリエッレ。

Fiuggi良いとこ

Fiuggi(フィゥージ、フュージのほうが近いかな?)は人口一万人ほどの小さな町です。

その街の入り口に私の通うゴルフ場があります。

そこで、ローマの他のゴルフ場との決定的な違いはメンバーの多くがFiuggiもしくはその周辺の小さな町の住民だということ。

日本でも同じで小さな町は住民の連帯感が強いですよね?

ゴルフは個人競技なので他のゴルフ場ではラウンドが終わったら「はい、さよなら」という感じですが、Fiuggiは違います。

プレーしない人もやってきてなんだかんだと話に花を咲かせています。

他のゴルフ場では腕の違う(=ハンデの違う)人とはあまりプレーしない傾向がありますが、多くのFiuggini(Fiuggi の人という意味)は下手な人を見ると放っておけないというか、一緒にプレーして教えようとします。

それは良し悪しなのですが、(汗)冷たく見放されるよりは良いですよね?

素人が自分の見解でいろいろと教えてくれるとそれこそ十人十色で昨日聞いたことと全く逆のことを今日聞く事にもなりかねません。(笑)

でも、気持ちは嬉しいですよね。

前置きが長くなりましたが

もしかしたら地獄の下にまだ我々が知らないとんでもない奥底があるのではないかと思えるほど最近の私のゴルフは行き詰っています。

少し前に大々的に復活宣言したもののここ数日はアドレスをとりバックスイングを始めると大きな恐怖感に見まわれ全くスイングができない状況です。

バックスイングをしてトップに来たところで両手の向きがわからなくなってその後のことはまるで頭が空白状態なのです。

当然のことながらボールは思いもよらないとこへ飛んでいくか全く飛ばないで足元に転がるか。。。

なんとか打てるのは7番アイアンからそれより短いクラブのみ。

今までの私のゴルフはこの年の女性としてはそこそこ飛ばす方でその分グリーン周りの小技に欠けるというタイプでした。

パー5を3〜4打でグリーンやその際に寄せるのに、そこからまた3〜4打というのが多かったのです。

それが最近はグリーンまで1〜2打余分に掛かってしまい、その分アプローチが良くなったというパターンで、総合的には総打数はあまり変わらないものの、土曜日のコンペでは突然シャンク(ボールが真右へすっ飛ぶこと)が出始め、止まらなくなりプレーするのが怖くなりました。

シャンクのような動きでは人に当ててしまうこともあるからです。

土・日のコンペはカップルでの競技でしたが、私と組んだAnitaさんはもとよりもうひと組の男性陣も辛抱強く付き合ってくれました。

でも、私の不調は翌日には皆が知るところとなり、日曜の朝は皆が心配して声をかけてくれました。

ここまでなら小さな田舎町では世間が狭くて何事もすぐに知れ渡るから窮屈だなぁと思われるでしょうが、

今日も何人かが実際に練習に付き合ってくれていろいろと教えてくれたり、ビールをごちそうしてためになるような話を聞かせてくれたり、

心底心配してくれてこれはもうありがたいですよね。

冬になれば私のコーチにも時間ができるのでまたレッスンに行って回復できるようにがんばります。

 

 

 

63回目

63年前の今日、きっと私は真っ赤なおさるさんのような顔をして生まれてきたのでしょうね。

実母は母乳が出たのかな?

実父は喜んでくれたのかな?

 

内藤の両親はおはぎを作ってくれたり、着物を縫ってくれたり

いろいろと喜ばせてくれました。

 

今はたくさんの友人たちから日本人もイタリア人もポーランド人までインターネット経由で祝ってくれました。

しあわせものです。

 

そして、ふと目に止まった言葉があったので

私にとっての新しい1年を期してここに書き留めておきましょう。

************************************************

口は人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう
耳は人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう
目は人のよいところを見るために使おう
手足は人を助けるために使おう
心は人の痛みがわかるために使おう

 腰塚勇人(「命の授業」講演家)
*************************