終わっちゃった

17,5 ヨーロッパ 対 USA 10,5

今回はヨーロッパチームの圧勝に終わりました。

特にイタリアのFrancesco Molinari(愛称はキッコ)が

全戦全勝というすごい記録を出しました。

相手がWoosとMIkelsonだったのが私としては残念ですが、キッコは今回のRyder Cupの中核をなす人物でした。

イタリア人ですが、どうかするとイギリスやスコットランドの方々よりもさらに北のタイプで、(笑)物静か、冷静で礼儀正しい

一日に36ホールという体力の限界に挑戦するようなスケジュールの中でもラウンド後のインタビューに丁寧に答えて好感度が更に高まりました。

今回はFleetwoodという若者とのコンビで、今や義兄弟のような感じで、

ハリウッドのHoolywoodの文字をMoliwood(Molinari +Fleewood)

なんて、置き換えた洒落も現れました。(笑)

 

二人共、冷静なプレーでその正確さは驚くべきものでした。

Fleewoodは金髪の長髪をなびかせる美男でもありいやがおうにも惹きつけられます。(笑)

優勝後の記者会見でキッコが「これからも一緒の時間を持たなくちゃね。」みたいなコメントで笑いを取っていました。

 

勝因はいろいろあるでしょうが

逆にUSA側の敗因のほうが分かりやすいかもしれません。

一言で言ってUSAにはスターが多すぎたのです。

キャプテンのフューリックよりもうんとすごい経歴を持つ選手がずらっと並んでいてまとめるのが大変だったようです。

2014年までフューリックも選手として出場していたのですから。

例えばジャック・ニクラウスがキャプテンだったとしたら誰にもなにも言わせないでしょうが昨日まで一緒にプレーしていた人物がキャプテンになったらやはりまとめるのが難しいと思います。

その点、ヨーロッパ陣営にはスターはいてもキャプテンのビヨンがまとめられる範囲だったということでしょうか。

チーム戦の難しいところですね。

実は今日、私もコンペだったので終了後、表彰式までの間にクラブハウスのテレビの前に皆が集まって観戦していましたが、そしてヨーロッパチームの優勝を喜んだのですが、その後の修了式を見逃してまたもやYoutubeで見ることになりました。

短いし、感動的だし、良かったらご覧ください。

私の成績は散々でした。

地獄の4丁目みーつけた。ってとこでしょうか?(汗)

ほぼ7番アイアンとパットのみのプレー、ハァ〜〜〜〜。

Ryder Cup

始まりました!

Ryder Cup 2018!!!

オリンピックのように無償でトッププロゴルファーたちが出身地の名誉にかけて2年毎に戦います。

アメリカチーム対ヨーロッパチーム

世界地図を見てもお分かりのようにヨーロッパ全体とアメリカと同じくらいの大きさですものね。(笑)

しかもアメリカはゴルフ熱の極めて高い所。

もちろんゴルフはヨーロッパが発祥の地。(オランダ説とスコットランド説あり)

どちらもゴルフが命という人たちの集まり。

普段はあくまでも個人戦ですが、Ryder Cupはチーム戦。

だから普段のツアーとはまた違った異常な盛り上がりを見せます。(笑)

日本は参加できないのであまりご存じないかもしれませんね。

きっとオーストラリアや南アフリカのプロたちも参加したがっていることでしょう。

何しろ年間のツアーの成績の良い人たちのみが参加できるのですから当代の一流プロたちを一同に見られるまたとない機会、最強のゴルファーたちの集いなのです。

プロたちにとってはこのライダーカップに出られるということはこの上ない名誉です。

また、ひとチーム12人のうち二人はキャプテンが話題性や過去の成績などを元に選びます。

今年の目玉はなんといってもタイガー・ウッズの復帰です。

2年前はスタッフとして参加していましたが、つい先日(9月24日)ツアー選手権で圧倒的な強さを見せてくれたばかりで、期待が高まります。

そして、今回はイタリア人フランチェスコ・モリナーリも出場します。

スペインのガルシアも健在です。

イギリスとその周辺の人たちが多い中でやはりラテン系が入ると嬉しいです〜(笑)

私はもちろんフランチェスコを応援しますが、実はフィル・ミケルソンのファンなのです。

彼は最多出場記録を更新中ですが、48歳。いつまで出場できるのか?

どんどん若手に移行する中で、ガルシアとミケルソンにがんばってもらいたいです。^^

 

Che cambiamento!

昨日までゴルフをしている時、日陰を探していました。

今日は冷たい風が吹きまくり日向を探していました。

何なんでしょうこの急激な変化(cambiamento)は。

暑さ寒さも彼岸までって言うけれどこんなにきっちり?!

2日前に未だ夏服姿の私を見たゴルフ仲間が

「若いねぇ。まだそんな格好で。」と言っていたけれど、

そして昨夜はとっても美しい中秋の名月を見たけれど、

今朝の寒さは何なのでしょう。

それでもうちのあたりではまだそんなに感じなかったので

昨日と同じ服装、半袖のポロシャツに短パンでゴルフ場に行ったら

車を降りたとたんに寒さに震え上がりました。

春一番というけれど「秋一番」もあるのかな?。

冷たい風が吹きまくり落ち葉が舞い、すっかり秋。

 

昨日も空の青さと透明感にラウンドしながら感銘を受けていましたが

今日は雲もすっかり秋のそれ。

ああ、夏の終わりですね。

いくらあがいてみてもこれから少なくとも5ヶ月は

寂しい季節に甘んじなければならないのですね。

 

はい、涼しくなると蚊の攻撃に備えなくてもいいです。

庭仕事もはかどります。

家事をしても汗をかかずにすみます。

 

ああ、でも私は夏が好き。

暑さではなく日照時間の長い季節が好きなのです。

明るいのが好き、電灯の明かりじゃなくて

おひさまの明かりが好き!

 

 

*アイキャッチ画像はhttps://mono-siri.com/4856様から拝借しました。*

 

たなぼた?

今日は久々にシングルのコンペでFarst lady賞を頂きました。

でも、ハッキリ言ってたなぼたです。

スコアは26。

理想のスコア30~36にはほど遠い。

 

でも、他の女子が私よりも低いスコアだったので私が受賞しました。

 

例えば学校のテストで60点をとってそれがクラスの女子の中で最高得点だったから優勝だと言われてもピンと来ませんよね。

誉められるには80点は欲しいでしょう?

今日の私の受賞は60点以下の出来の悪さで、それこそタナボタでした。

 

まさかと思っていたのでコンペの後、友人とまたラウンドしてました。(汗)

だから受賞式にも不在で後で賞品を頂きました。

いつもながらの地元の食品でした。(笑)

 

Instagram

Facebookが生れた時、すぐにアカウントを作りました。

でも、全く知らない方々からのコンタクトに戸惑い脱会することに。

その脱会がなかなか厄介でネットで調べてようやくできたと思っていたのですが、

どうやら名前は残っていたらしく、友人からなぜ友達になってくれないのかわからなかったと後で聞いたこともあります。

そして時間がたって。。。

Yさんという大切な友人の応援のためにまた再登録することになりました。

そして今日に至っておりますが、日本との時差があり、夜中にいろんなお知らせが入って煩わしいので今はお知らせをカットしておりしかも度重なるアップデート等についていけずごくまれに覗くのみ。

 

Twitterに関しても似たりよったり、blogを運営していた友人がTwitterに絞り込んだこともあり、Facebookとは若干違うイメージもあって試したいと思ってこちらにもすぐに登録。

でも、日々のつぶやきは私のテンポとはいささかズレがありこちらもいまログインするとなるとログイン名やパスワードを探しださなければという状態。

 

そして、Instaguram.

こちらも長野の友人がblogの更新をやめて鞍替えしたのでそれを見るために登録しましたが、やはり私にはなかなかついていけないテンポでアップデートはあるわこちらにも知らない人からのコンタクトがあるわでやはり半ば放置したままです。

ここ数日、インスタントコーヒーやパスタの写真をアップしたらことのほかの反響で(大したことはないのですよ、ただその素早さに驚いています)

この際ですからこの辺の私のアカウント名を皆様にご紹介しておけばもしかしてまた別な角度から見ていただけるかもしれないと思ったのです。

 

FacebookはKeiko Naitoで出てくると思います。

Twitterはイタリアからボンジョルノがログイン名になっています。

そしてInstagramは恥ずかしながらKeikoやそれに近いのはすでに使用済みで

keiko_golfer といたしました。

もしもInstagramをお使いの方、keiko_golfer で検索してください。

こちらもほとんど更新しておりませんがここ数日コーヒーやパスタ、そして今日はお好み焼きをアップしました。(汗)

 

息子と二人

うちの息子をご存じの方も多いですが、きっとどちらかというといい印象を持ってくださっていると思います。

事実、今まで息子に関してマイナスな事は噂すら聞いたことがありません。

でも、典型的な内弁慶なのです。

我々両親に対して許せないと思っていることが最低2つあります。

ひとつは陽介(Yoske)という名をつけたこと。

ごく普通のイタリア人の、誰もが一度聞いただけでわかる名前が欲しかったようです。(汗)

 

もうひとつは中学に上がった年に今の家に引っ越したこと。

中学も変わったしそれまでの友人たちと遠のいてしまったこと。

もちろん新しい学校で新しい友人たちができたものの、しばらくはかなり寂しかったのでしょうね。

毎日のように昔の友達のいるところへ送り迎えはしていたのですが…

 

そういう下地があるからかどうか、何か気に入らないことがあると猛り狂います。

何か一言、彼にとって間違った言葉や態度を取ると大きな声でそれを非難します。

思春期だからとこちらが我慢していたのがいけなかったのでしょうか?

26歳の今もあまり変わりません。

 

でも、普段はとても優しい子なのです。

パスタを作ってくれたり背中をさすってくれたり、自分の友人たちのことをあれこれ話して聞かせてくれたり。

私にだけではなく友人たちにもいつも奉仕、アマゾンのアカウントを持たない友人のために自分の名で品物を取り寄せたけれど家に配達してくれなかったので今日も隣町まで行ったり…

 

そんな難しい息子だから言い争いをしないで一日が過ぎるととても嬉しいです。

今日はそんな平穏な一日でした。

一緒に昼食をとり、たくさんのヴィデオを一緒に見ました。

きっと一般的な息子さんならいい年をして母親とこんなふうには過ごさないでしょう。

もっと距離を置いているんじゃないかと思います。

きっとうちの息子はまだ中身が子供なのでしょうね。

さみしいね

(写真の林檎の木は2Hにあるもので、剪定しないからご覧のような状態です。)

 

いつもは午前中にゴルフの練習にいくのですが、

今日は友人がどうしても午後にというので午後2時からのラウンド。

お昼に息子と一緒にパスタを食べてすぐにでかけました。

でも、パスタを食べ過ぎてしんどいこと。

しかも2時10分前についたのに他の二人はもうすっかり準備が整って私を待っていてくれました。

遅れたわけではないけれどちょっと焦りました。

急いで靴を履き替えてスタート。

追い打ちをかけるように私の電動手押しカートが数日前に壊れてしまって今日は手引のカートで。

2年前までは毎日この手引カートで回っていたのに、電動に慣れてしまうとやはりきついです。

我がゴルフ場は起伏が多く、手ぶらでただ歩くだけでもしんどいです。

そこを10kgあまりのゴルフバッグを乗せたカートを引っ張ると息が切れます。

 

お腹がいっぱいのところに急いでいろいろと準備して電動カートの二人に遅れないように坂道を登るとスイングするにもゼーゼーいいながら。(笑)

そのせいだとは言いたくないのですが、スイングはボロボロ。

前半は「誰がいい成績か」の競争だったのですが、私のスイングがあまりにもひどいので後半はベテランのルチアーノさんがレッスンをつけてくれることになりました。

ラウンドしながらですが、アドレスのチェックからアライメント、スイングに至るまで丁寧に、根気強くつきあってくれました。

もうひとりの友人フルビアさんもいろいろと気を使いながら励ましてくれてとてもありがたかったです。

4年ほど前はよく彼とラウンドしたものでしたがだんだん私には朝のラウンドのほうが都合が良くなって彼とはスレ違いが多くなりました。

でも、右肩を引くなどとても大切なことを教えてくれたのも彼。

これからはもう少し一緒にラウンドするようにしましょうか。

ただ…

終わってビールを飲んで帰宅したら7時半を過ぎていました。

程なく外は夕暮れ、8時過ぎにはすっかり暗くなってしまってさみしい。

あと10日ほどで秋分ですものね。

暑い夏は辛いけれどやっぱり明るい季節が私は好きかな?

スクランブル

スクランブル交差点?

スクランブルエッグ?

いいえ、今日のスクランブルはコンペの形式。

2〜5人でチームを組んでみんながスイングして最良のボールを選んで

またみんながスイングするという繰り返し。

 

プロアマでよく用いられる形式です。

イタリアではなぜかルイジアナと呼ばれるのですが、

日本ではスクランブルだとやっと分かりました。

 

今日のコンペはAntonellaという友人が発足した

「動物愛護のゴルファー達」でいいかな?

とにかくゴルフと同じようにワンにゃんが好きな人たちの集まり。

収益金は捨て犬の保護や去勢などに使われます。

 

私はご存知のようにワンにゃんが大好きですが、

それを表立って「動物愛護家です。」

なんて決して言いたくないのでその会には参加していませんが、

たまたま我がゴルフ場でのコンペには喜んで参加します。

 

今日は二人で人チームの形式でした。

男性同士、女性同士、そして男女混合。

前回のコンペで我がゴルフ場始まって以来の記録を打ち立てた

Alessandraも参加。

もちろん優勝、プラス ドラコンも彼女の手に。

小柄でブルーのポロシャツは主催者のAntonella.

隣のお嬢さんはElena、お父さんがコンペに参加しているのでやって来ました。

とっても明朗快活なお嬢さんで、まだ6,7歳だと思うのですが、

突然マイクを手に「捨て犬を見たら見過ごさないで手を差し伸べましょう。」

というようなコメントをアドリブでやってのけ拍手喝采を浴びていました。

その彼女がお父さんに賞品を手渡している所。

どちらも嬉しいでしょうねぇ。

ちなみにおかあさんもゴルフが上手で少し前はご主人が奥さんに賞品を手渡していました。

私は格子のシャツのVincenzoさんと組んで男女混合での優勝を頂きました。

可愛いブレスレット、そしてワンにゃんのためにビスケットとカリカリも。^^

 

途中、あられ混じりの雷雨に出会い45分ほど中断し、

クラブハウスから一番遠いところにいたのでフェアウエイの真ん中で待たされましたが

その後はまた晴れ間が出て今日も楽しく終了しました。

 

 

久々に花

まずはこのサルスベリ、50cm位の小さいのを10年以上前に買いました。

小さいながらたくさん花をつけていたから買ったのですが、

その後は成長の方に気合を入れて花をつけることを忘れていたようでした。

それがやっと今年はたくさんの花をつけ、一度終わってもまた咲く

という具合で長いこと楽しませてくれています。

 

 

以上の写真はコスモスというバラです。

小さな鉢に植わっていることもあるでしょうがこれまで一度に7輪もの花を同時につけてくれたことはありません。

白いバラは他の色のに比べるとややか弱い気がするのは私だけでしょうか?

このコスモス、何年も花をつけなかったように記憶していますが昨年辺りから繰り返し咲いてくれるようになりました。

小さな鉢と言いましたが鉢の直径は40cmはあるのです。

でも、バラ用の鉢ではないので深さに欠けます。

そしてこのバラの根本にはこぼれ種から増えたビオラが咲いています。

こんもりと何百という花を咲かせるビオラは見応えがありますが

私はこのようにひつとつの株から数輪の花が咲いている姿のほうが自然で好きです。

 

まだ秋バラと言うには早い気がするのですが他にもいくつものバラが咲いています。

うれしい。