Bra bra bra…

Bra bra bra…

ぶつぶつぶつ…といったところかな?

まぁ、早い話がぼやきですわ。(笑)

意味のない話を延々とする人にも使いますが、

今日の私が何をぼやいているかといえばゴルフのこと。^^;

 

いつも言ってるようにゴルフは厄介なスポーツです。

ま、他のスポーツをあまり知らない私には他と比較できませんが

いろんなスポーツを経験した方々もゴルフは厄介だと言っています。

 

何が厄介かといえば、こんなにも難しいので

頭のかながゴルフのことで一杯になってしまうのですよね。

どこにいても何をやっていてもゴルフのことが気になってしまいます。

 

また、他のスポーツには辞めどきがはっきりわかるものが多いと思います。

体力が無くなったから=年が相応しなくなったから

単に飽きたから=頂上にたどりついてしまった?

経済力が続かないから、(船やモータースポーツなど?)

 

ゴルフの場合、上のどれにも当てはまらないのです。

いくつになっても、体力がなくてもそれなりにプレーはできる。

絶対に頂上にはたどり着かない。

お金はかかるけれど、それなりに自制すればなんとかなる、
特にイタリアの場合ジムに通うのとそんなに変わらない。

だからズルズルといつまでもやってしまうのです。

 

でも、スランプに陥ると本当に厄介です。

特効薬がないのです。

おそらくどんなスポーツでもそうなのでしょうが、

私はゴルフしか知らないからゴルフの場合で話を勧めますが、

何時間コーチレッスンを受けても全く改善されなかったり、

そうかと思うと友人の一声ですっかり回復したりして

何なの?!いったい。ということになるのです。

 

もちろんコーチはプロなので大きな視野から改善を図ってくれるのでしょうが、

こちらの身になればすぐに効果のある方が嬉しいのです。(汗)

 

とにかく私の得意とするところはドライブなので

不調なときにはこのドライブが左右に曲がったり

正確には初めてから5年ほどはいつもスライスだったのが

2年ほど前からイタリアではガンチョと呼ぶのですが、

極端な左へのショット、フックかな?が多くなりました。

 

まっすぐ飛んでくれたらたいていボギーオンするのですが、

左右の木の下や深いラフに入ってしまうと

まず、一打は救済に消えてしまい、距離不足で

グリーンまでもう一打必要になってしまうことが多く、

つまり一度ミスショットをすると二打余計に打ってしまう感じです。

OBや水廻りは言わずもがな。

 

で、何が言いたいかといえばボヤキなのではっきりしないのですが、(汗)

今日、何年ぶりかでご一緒したピーノさん、小柄な方ですが、

とても正確なしかも力強いプレーをなさる方で

プレーそのものも早くて、ご一緒したらこちらのペースも上がって

良いスコアが出たので大好きな方なのです。^^

 

その方とたまたま13ホールからご一緒させて頂いて

17ホールに来た時に

「左腕、ずっとのばしたままのほうがいいんじゃない?」とのこと。

 

そういえば数年前には私の左腕がプロのように真っ直ぐだと

ほめてもらったこともあったのにいつの間にかトップで折れ曲がっていたのです。

ひどい時には肩は回っていないのに、腕を曲げてヘッドを上げていたような???

 

で、17番ホールのティーショット

不調なときなのでドライブは使わずW3でしたがしっかりと飛んでいきました。

ピーノさんが ホレ見ろ って感じで見ていました。(笑)

 

2打目も方向が少し悪かったですがそこそこ飛んでいき、

難しいホール(パー4)なのでボギーで嬉しい!

と思ったらボールはホールの内側を通ってまた外へ。

Wボギーに終わりましたが内容は納得できるものでした。

パットの不運は嘆いても仕方がないので。(笑)

 

ピーノさんと別れてから練習場で50球打ってみましたが

方向性が格段に良くなりました。

飛距離も伸びました。(練習場では。(汗)

 

もちろんその他に、下半身の不動だとか肩をしっかり回すとか

スイングのリズムを崩さないとか、ヘッドアップしないとか

気をつけることはいっぱいありますが、

この左腕のこと、忘れないようにしたいと思います。

 

伸ばすと言ってもピンと張るのではなく

アドレス時の左腕の状態を守るということです。

こうすると一定以上クラブが上がらないのでオーバースイングにもならないし

打ち下ろした時に右腕で押している感じもします。

いつも右腕が邪魔だと思っていましたが

そして実際右手をグリップに添えるだけにして

ほとんど左腕一本でスイングしたりしていたのですが、

あるものは使いこなせたほうが良いですよね。(笑)

 

覚書に付きあわせてしまってごめんなさい。