可愛い巨人たち

この写真、細っこい方の巨人が所望したものです。

今日のコンペはこの二人の巨人たちとのラウンドでした。

縦も横も大きい方はAndrea君26歳、大学を出てすぐに就職が決まったという

今のイタリアでは奇跡に近い幸運な男子。

大学時代はゴルフから遠ざかってひたすら勉学に励んだ結果でしょうか。

ゴルフを再会して3週間目だとか。でも、小さい時に始めた子はどこか違います。

 

細っこい方の巨人は

(巨人というのはただ背が高いだけではなくゴルフの水準も含めての表現です)

元セリアAのサッカー選手の息子さんLeonardo君、19歳。

この子がとても性格がよくておばあちゃんみたいな私のことを励ましてくれて…

あ、Andreaくんもとっても良い性格です。念の為。

 

最近はプレーの時間の関係で4人ではなく3人でのフライトが多いのです。

それでも渋滞することはありますが、我々のチームはスムーズに進んでいきました。

でも、前が詰まっていたら待つしかありません。

 

こちらでは前半と後半の間に食事をとることはなくコンペはそのまま続きます。

でも、トイレ休憩やコーヒータイムを取ることはあるので、

良きばぁばとしては待ち時間に彼らに飲み物やおやつをごちそうしました。

ちなみに、それぞれに介添えがついていて私を含めて合計5人。

15ユーロの出費になりましたが感じの良い若者たちに私がしてあげられるのはこれくらい。^^;

 

1ホールはXで始まった(ステーブルフォードではボギー以上はXになります)私も徐々に馴染んで前半はひとつのパーも出てそこそこの成績でした。

後半はレッドブルを飲んだにもかかわらず(笑)あまり振るわず、今日は入賞を逃しました。

それでもとっても後味の良い日になったのはこの二人の巨人たちのおかげです。

 

それにしても黒いですねぇ私達。(笑)

 

今日はもうひとつ嬉しいことがあったのですよ。

玉子焼きと一緒に写っているのは生シイタケのグリルにしょうが醤油。

ゴルフ仲間で以前 ”エノキダケ” を持ってきてくれた人が今回は生のしいたけを持ってきてくれました。

彼はあちこち仕事で出かけるし、日本食にも造詣が深いので時々こういうサプライズをしてくれます。

 

帰宅してすぐに調理して彼に写真を送ったら驚いていました。

だってまだ夕食には程遠い時間。

でも、私はゴルフから帰ったらすぐにいつも冷えたビールと共に何かを食べたいし

(だって昼食抜きでラウンドしているからね)今日はもちろんこのしいたけ。

ああ、美味しかったぁ。(満足)

 

 

フランチェスコ・モリナーリ

会ったこともない方ですが、昨日The Openを制したプロゴルファーです。

日本ではモリナリと表記されていますがイタリア語ではモリナーリ。

有名なサンブーカというお酒の製造をなさっている家庭に生まれた方です。

日本での知名度がどの程度かと検索したら結構記事が見つかりました。

https://news.golfdigest.co.jp/news/etofcl/pga/article/75753/1/とか

https://news.golfdigest.co.jp/news/pga/article/75738/1/を見ていただければと思います。

 

と、ここまで割と冷静に書いてきましたが、

イタリア人初のメジャー優勝なんですよ!!!!

嬉しいじゃありませんか!

 

優勝したことは知っていましたが昨日は私自信もコンペに出ていたりしてLiveは見逃したので、今日ダイジェスト番組を見ました。

奇しくもタイガー・ウッズと一緒に回ることになり、おそらく緊張感がましたことでしょう。

でもイタリア人にしてはおとなしいタイプであまり表情に出さず、黙々と作業をこなしたという感じです。

 

彼の元コーチにレッスンを受けたことがあるのですが、その方もおとなしいタイプでした。

イタリア人と一口に言ってもローマ以南と以北ではかなり印象が違ってきます。

ま、そんなことは良いとしてこれでイタリアのゴルフ熱はさらに高まることまちがいなし。

2022年にはイタリアでライダーカップが開催されることにもなっているし…

 

でも、両手を上げて歓迎できないのは自分の子供をプロゴルファーにしようとする親御さんたちの教育ぶり。

ゴルフさえうまかったらほかはどうでも良いという感じで、

私が週末に二日間参加した国内戦にはかなり小さな子どもたちも参加していましたが

多くの子どもたちがカウントをごまかしたり、人が見ていないところでボールを動かしたり、

うまくプレーできなかったらボールを蹴飛ばしたり(それが人に当たりそうになったことも)

クラブを地面に叩きつけたり…

罵詈雑言を吐き散らしたり(女の子でも)泣きべそをかいたり(男の子でも)、

そんな子が大きくなって大きな大会に出たらどういうことになるのでしょうかねぇ。

それよりももしも挫折して他の道にすすむことになった時にどんな対応ができるのでしょうか?

コーチも親たちも、まずはまっとうな人間になるように教育しなければと思うのですが。

 

話し変わって、私の成績は初日は良かったのですが、二日目はさっぱり、

上に書いたような女の子と同行させられて自分のプレーに集中できずに終わりました。

更にボールが松の木に枝に止まってしまって一打の罰を払って

ボールを審査員に落としてもらうというおまけまで。(笑)

花束もらった

ズッキーニの花

お隣のエリオさんからこんな素敵な花束を頂きました。

 

エヘヘヘ ズッキーニの花

よく見たら下には小さなズッキーニも

こんなに綺麗に開いたズッキーニの花のフライを

ローマのヒルトンホテルのレストランで頂いたら

これだけで何千円。(笑)

しかもこの花の他に新鮮なたまごも頂いて

ところどころ草も刈って頂いて良い隣人に恵まれました。

花は新鮮なうちにといくつかを早速小さく切って炒めていただきました。

定番はこの花の中にアンチョビとモッツァレッラチーズを入れて

天ぷらの衣をつけて揚げたものなのですが、モッツァレッラチーズがなかったので。

 

その後、ゴルフに行ったら

だぁれもいなくて貸切状態。

所々でピッチの練習などしながらこうして花の撮影をしたり

私が8ホールの途中に来た頃、やっと3ホールに人影が。

こんなゴルフ場日本にはないでしょうねぇ。

全く幸運です。

 

フットゴルフ

うちのゴルフ場にもフットゴルフが入ってきました。

一時的なもので常設ではないそうですが、

後半INのフェアウエイに大きな穴がたくさん開いています。

それを薄い金属のフタで覆っただけなので

なんだか危なかしいがしますが、まだ誰も落ちたことはありません。^^;

先日、前半のOUTを我々が利用し、INの方ではフットボールのコンペが開催されていました。

フェアウエイにこんな大きなものが転がってきて変な感じです。

競技者は4人のはず(服装やルールはサッカーのそれではなくゴルフに類似)なので

このチームには一人の見学者がいるのでしょう。

気になっていた穴の中を覗いてみました。

ゴルフのホールは真ん中の白い部分の大きさ。

もしも、この大きさの穴なら結構ホール・イン・ワンが出そうですね。(笑)

 

このコンペのために我々は1〜9ホールを2回回るということになり、

我々の方はコンペではありませんでしたが

うちのコースは前半のほうが距離が長いのでいささか疲れました。

 

でも、中程でベビーボスに出会って、みんなほっこり。^^