きれいなお皿

  ちょっと綺麗でしょう?このお皿。

今日はParco di Roma(パルコディローマ)というゴルフ場へシニアコンペに行ってきました。

昔は男性は60歳、女性は55歳からこのシニアのサークルに入れたのですが、

ここ数年、参加者の増加を図ってか男性が55歳、女性が50歳で参加できるよいうになり、

昨今の50歳なんてちっともシニアじゃないですよね、まだまだ若々しい。

男性の55歳なんて元気いっぱい!

だから彼らが入ってきて以来我々本物のシニアにはなかなか入賞のチャンスが回ってきません。(笑)

入賞にはこだわらない私ですが、今日は本当に久しぶりに第3カテゴリーの2位に入賞できました。

みなの成績が悪かったからのですが久々にみなから拍手をもらって、

この綺麗なお皿も頂いて正直うれしいです。٩( ᐖ )و

Scirocco

Scirocco=シロッコ

フォルクスワーゲンの車に同じ名のがありますが、今回は関係ありません。

 

シロッコとはサハラ砂漠から吹いて来る南風のことなのです。

ヨーロッパの各地でそれぞれの呼び名があります。

 

サハラの砂がローマにはしっかり届きます。

ひどい時にはローマの空が赤く染まるほど。

 

そして、 地中海を超えてやってくる風は雨を伴うことが多く

一雨降ると。。。

 

色の濃い車は無残な姿に。

これはガーデンテーブル。

バラの葉っぱにも。。。

グルフバッグもプレー時に来ていた濃紺のベストもみんな砂のドット模様。(笑)

 

今は丈夫になった私ですが、もう少し若かった頃

もう少し痩せていた頃にはこのシロッコが来ると呼吸が困難になって

イオン発生器を使っていたほどなのですよ。

 

そうそう、一番気をつけなければならないのは

車でも何でもたくさんの水をかけて洗うこと。

メガネも流水の下でまず砂を流さないとレンズがすりガラスになってしまいます。

それはそれは細かな砂で、砂というより粉と言ったほうが良いかもしれません。

この砂で指輪などを磨くとピッカピカになります。(笑)

贅沢な…

甲州梨の花です。

綺麗でしょう?

十数年前に植えた小さな木が今も元気です。

あまり大きくはなりませんが甘い実をつけてくれます。

今日、草刈りに裏の庭に行ってこんなに綺麗な花がたくさん咲いていてびっくり。

でも、草刈機がすごい勢いで進んで甲州の枝に絡まってポキッ。

あーあ、と思ったけれどこんな事故でもない限り

果物の花は家に飾ることはないでしょうからなんとなく贅沢な気持ちでこの枝を愛でています。

それにしても綺麗な花です。

小さなバラそのものです。^^;

花弁は6枚が普通で中には8枚のも。

すこーし波打っていて私がだいすきな不規則な姿。

シベもたくさんで先っぽの黒いのが白い花びらに映えています。

スマホでもカスタマイズできてiso400と200で撮ってみました。

(上のアップもiso400)

最初オートにしていたらiso800になっていたので白飛びしていました。

白い花なのでバックを黒にと思ってテレビの前に置いてみました。^^;

花園

 

 

もしも、最後の2枚の写真をご覧にならなかったら

どこかの公園か山へ散策に行ったと思われるでしょうね。

 

最後の2枚は我がゴルフ場の8番ホールです。

もちろんここだけじゃなくてゴルフ場全体が今こんな調子です。

 

見る分にはとっても綺麗なのですが…

ボールを探すのに苦労します。

フェアウエイの真ん中でボールを見失うなんてことも!

 

有名なFiuggiのミネラルウオーターの水源が近いので

我がゴルフ場には除草剤も栄養剤も使えません。

自然のままにゴルフを楽しむしか無いのです。^^

 

しかも今、グリーンにたくさんの穴を開けて砂を詰めて芝の育成を図る時期でグリーンが凸凹。

ただでさえ難しいパットが。。。

テクニックより運に頼るような状態です。(笑)

 

でも、今やコンペのシーズンに入り毎週末にはコンペが開かれます。

3月25日と4月8かのコンペではどちらもFarst Lady(あはは大統領の奥さんじゃないのよ)

女性陣の中で一番という賞を頂きました。

4月2日にはカップル(女性同士、男性同士、ミックスいずれでも参加可)で

しかもルイジアナといって、毎回カップルのコンディションの良い方のボールを選んで進めていく形式のコンペで2位に入りました。

 

でも、3月8日と3月29日の遠征ではどちらも18点と15点という情けない成績でした。

こうしてアップダウンの激しい一年を今年も送るのでしょうね。^^;

 

イタリアの山菜

  野生のアスパラです。

山にはもちろんですが、我家の庭にも自生しています。

クリップと比べていただけばお分かりのように

細い細いアスパラ。

でも、お味はスーパーで売ってる大きなのと同じ。

厳密にはもっと凝縮されたお味かな?

 

庭には今、ツバキも開花しはじめました。

白はすぐに汚くなってしまいますねー。

今年はハクモクレンをアップし損ないました。

気がついたら散り始めていて…

 

白いツバキの後ろにちらっと赤が写っています。

赤系のほうが遅いのですね。

 

この白い椿は背の高いプラ鉢に植わっているので昨年から強風に合うたびに転がって、気の毒なことをしました。

花が終わったらもっと安定性の良い鉢に植え替えるか庭におろしましょう。

ただ、庭に下ろしたら2,3年は花が見られないかも?

さて、家の中ではRudyとオット。

まだくっついて寝るところまでは行きませんがどんどん距離は縮まっています。^^

祝復活祭

今日4月1日は今年2018年の復活祭でした。(毎年変わるからね)

何故か復活祭はお天気が悪いことが多いのです。

ま、季節的に(3月下旬から4月中頃)天候は不順なのですが

みなが春めいてきた陽気に誘われて外に出たい時だけに

お天気が悪いとそのがっかり度も倍増します。

今年も天気予報では雨になっていたのですが、幸い好天気になりました。

 

我が家は敬虔なカトリック信者ではないのですが

Paoloも代理店を締めていて暇だし、私は明日コンペがあるので

今日はNOゴルフデーに決めていたのでまたローマへ行ってきました。

 

昼食はあいも変わらず「おかあさん」(笑)

今日こそは食べたものを全部撮影しようと張り切っていたのに

撮れたのは、

ビールと枝豆 デジタルメニュー

この2つのみ。(笑)

後はメニューを選ぶことや、前回きた時にblogにした記事を見てもらったりで

すっかり写真のことは忘れてしまいました。

食べたのは餃子と枝豆で始まり、鮭のたたきとイカの鉄板焼き、そして寿司盛り合わせ。

 

食後にはボルゲーゼ公園地下の駐車場からゴルフカートで町を散策。

いいお天気なのでボルゲーゼ公園は沢山の人出で賑わっていました。

もちろんその他の場所もツーリストや地元の人達でいっぱい。

ボルゲーゼ公園 ジジババセルフィー

フラミニオ広場

フラミニオ広場

アラ・パチス アラ・パチス2

こういう大きくて四角張っていて白っぽい建物はムッソリーニの時代のもの。

彼がいなかったら今でもフォロ・ロマーノに羊飼いたちが居座っていたことでしょう。(笑)

 

こういうことで、ジジババも復活祭の休日をそれなりに楽しんだのでした。