シニアコンペ始まりました

AGIS(Associazione Golfisti Italiana Segnores)=イタリアシニアゴルフ協会

のコンペが始まりました。

年寄りの協会なので真夏と真冬にはコンペはありません。(笑)

ローマのゴルフ場をほとんどすべて回れるので毎年この協会に参加しています。

2,3年はしょっちゅう入賞していたのですが、ここ2年ほどはほとんど入賞することもなく、ほとんどコンペのあとの食事が目当てみたいな私です。(とほほ。。。)

 

今日は4人共女性でみな気心のしれた仲で、上がったりしたつもりはなかったのですがプレーの方は全く情けない結果で、ゴルフの難しさを再確認した次第です。

 

でも、成績はともかく雨続きだった2月3月を経て今日は風が強かったものの日差しは春のもので私は半袖でプレーしました。

私の隣の方はまだ正式にこの協会には参加していないのですが今日は友達の枠で参加、しっかりと入賞なさいました。

右端の赤いセーターの方はオランダ人でとっても気さくで礼儀正しい素敵な方で、今日はカテゴリーの2位に入賞なさいました。

その間の方は白血病を克服して今やゴルフを楽しんでいるこれまた素晴らしい方。

こんな方々との一日、自分のプレーは恥ずかしいの一語につきますが素敵な一日でした。

夕食もとっても美味しかったし大満足(これではいけないのでしょうが…(笑)

安心な接続

いつもおじゃましている都さんのサイトで触発されて

安心な接続で皆様にこのサイトをご覧頂きたいと思いました。

(都さん事後報告ですがリンクはらせていただきました。)

 

都さんは私の知る限り2つのサイトを運営なさっています。

しかも同じWordpressを使っているにもかかわらず

都さんのサイトはもう彼女の色にすっかり染まっているというか

彼女らしい繊細でいて暖かな雰囲気が見るだけで伝わってきます。

つまり、細かくカスタマイズして個性を出しておられるのです。

で、最新記事ではSSLを導入して安全な接続化を図られました。

 

私もぉ、とすぐに思ったのですが、

私は多くのサイトを作りすぎたために都さんのように完璧にアドレスを変更するには途方もない時間がかかりそうなのでとりあえず(いつもこれだ。。。。)

SSLは導入しました。

どういうことかというと、みなさんがこのサイトや他の私のサイトを見てくださっている時

FirefoxとChromeの画面ですが、こんなふうにアドレスの前に丸の中に i と表示されていますよね?

これはまぁ普通の表示というか可もなく不可もないサイトというGoogleさんの評価です。

でも、アドレスの前に S をつけると。。。。

ご覧のようにFirefoxではグリーンの鍵が現れてChromeではSecureと表示されて「安全な接続」だと保証していただきました。

ですから、みなさまも一度だけこのサイトをご覧になった時にアドレスの前にhttps://と挿入してサイトを更新していただければ、そして新しく表示されたのををブックマークにしていただければいつも安全な接続でご覧いただけます。

もちろんインターネットエクスプローラーでも同じです。

ま、私のサイトでは商品の売買もなければメルアドの記入も絶対必要ではないし危険な接続であってもみな様になんの被害も起こりませんが、まぁ、「安全」と言われればそれに越したことはないですよね。

ということでお手数ですが一度だけ、アドレスを入れなおしてくださいませ。

このblogだけでなく掲示板や他の私のサイトでも同じです。

それぞれのサイトで一度だけhttps://をアドレスの前につけて更新してください。

よろしくぅ。

 

追伸、SSLに関する細かい説明は省きましたが皆さん

都さんのサイトで勉強してくださいましたよね?

(他力本願)

4つ足仲間のこの一週間

 

Gを念の為にまた検査に連れて行きました。

エコーで再チェック、異常無し!

もう、信じてもいいですよね。

本当にGの胆石は姿を消したと。

 

エンネとジーは双子だからか今でもこうして仲良くしています。

 

momoも元気でRudyが外に行くとすぐにこうしてすり寄ってきます。

我が家で一番のおしゃべりさんです。

Rudy

Rudyの頭にスカンクのおもちゃが乗っているのよ。(笑)

両手に挟んでいるのもプロシュットのおもちゃ。

どちらも噛むと音が出るRudyのお気に入り。

 

この1週間

あっという間に1週間が過ぎました。

まず、19日は父の日でした。

キリストのお父様、聖ジュゼッペに捧げられた日が父の日になっています。

また、イタリアにはオノマスティコと言って自分と同じ名前の聖人の日を誕生日と同じように祝う習慣があるのです。

Paoloには伝統的にローマ人がそうであるように3つの名前があって3つめの名前がジュゼッペなのです。

だから父の日とオノマスティコとダブルのお祝い。

そこで雨のなかローマへ行ってきました。

プレゼントは手作りの料理とオメガ3(魚油)のカプセルと柄の長いスプーン(どこにも見つけられなかったそうで)

この3日ほど前にも夕食を持って行ってきたけれど、今回は昼食時に事務所を訪ねました。

夜は疲れているので昼の方がいいというリクエストにおこたえしました。(笑)

事務所から徒歩3分のところに「Okaasan」という和食レストランがあるので最近はなにかあるといつもそこに行きます。

おかあさんなのに漢字では「家」というのがロゴになっています。???

今回は月曜に昼食時なので予約無しで余裕でした。

今回は回転すしコーナーに。ここならすぐに食べられてPaoloもすぐに事務所に戻れるからね。

寿し板さんは中国人。

スタッフにはいろんな国の方が、もちろん左は日本の方。

写真のアップは許可を得ていますがお名前は伏せておきましょう。

私は彼女のファンです。

右の方はロシア人、でも写真を撮りたいと言ったら周囲をそそくさと片付け始めて日本人みたいでした。(笑)

板さんがうなぎみたいなものを切っているので聞いたらまさしくうなぎ!

これは回転すしコーナーには回ってきませんから特別注文、美味しかったぁ。

何十年ぶりかしらうなぎを食べたのは。ひとつ頬張った時に写真を撮ることを思い出しました。(笑)

食後のコーヒーは別の店で。

サン・ジュゼッペの日に食べるお菓子、揚げたミニ・シュークリームのある店へ。

お菓子だけじゃなくてご覧のように焼きたてのパンや切り売りピッツァも豊富。

店内の雰囲気も良く、軽い昼食にはうってつけのお店でした。

もちろん今回はすでにお腹がいっぱいなので例のお菓子とコーヒーで退散しました。

 

まだこの一週間の報告があるのですが長くなったのでまた明日。

 

楽しくない話

昨夜、床についてから

 

もしも今私が心臓発作かなんかで死んじゃったら…

 

Paoloはローマのアパートにいることが多いし

息子も今トリノに行っていて、もしもトリノでいい仕事が見つかったら

あっちに居を移すつもりでいるようだし、

そうなると私、四足仲間と一緒にこの家で一人でいることが多くなり、

私は死んじゃったらそれでいいけれど、

ニャンズは台所に出入り口があるし、

その気になればネズミでもキャッチして生き延びることもできるでしょうが

Rudyはどうなるの?

多分最初の何時間かはトイレのことを我慢して苦しむだろうし、

そのうちにお腹も空いてくるでしょう。

 

家族とは電話やWhatsAppで頻繁に交信しているけれど

気がついたら2日くらい音信不通なんて言うのも珍しくはないし、

もちろん何事もなければそれで良いのだけれど

何より私自信がそっとしておいてくれる方を好むのだけれど

何故か昨夜はこのまま死んじゃうんじゃないかと思って不安でした。

これが老いるということなのでしょうか?

カムバック

長い間、

本当に長い間行方不明状態だった昔のblogが戻ってきたんですよぉ。

昨年の2月に問題が起こって、更に1年前に管理画面に入れなくなった時に

ものすごい時間と労力を要したので新しいblogをつくってその場をしのいだのですが、

やはり、古いblogには愛着があったし、データベースはちゃんと残っていたので

その気になればもっと早く問題を解決できたのでしょうが、

こういう作業は本当にデリケートで時間も周囲の状況も整わないとなかなかうまく行きません。

何より本人の気持ちが乗らないと、ということかもしれませんね。(笑)

 

今、息子はTorinoにいるし、Rudyやニャンズが邪魔をしてくれますがなんとか問題を解決できました。

もちろん、それはサーバーのlolipopの手助けがあってのことですが。

何故か2006年分が抜けているのですが

そして、古い記事にはイメージも抜けているし段落もなくて読みづらいのですが、

とりあえず昔に書いたものをなんとか読むことができる

なによりみなさまから頂いたコメントも残ってることが嬉しいです。

 

ということで、長い間ジーが間を持たせてくれていましたが(笑)

古いblogが戻ってきたお知らせでした。

メンタルなスポーツ

どんなことでもメンタルな面は関与してくるし大切でしょうが、

スポーツの中でも特にゴルフはメンタル面に左右されることの多いスポーツです。

 

木曜日、女性のお祭りの日 カステル・ガンドルフォというゴルフ場で

女性のお祭りのコンペが開かれたので参加してきました。

ショットガンというみなが一斉に開始する形のコンペでした。

しかも参加者が多いので各ホールからふたくみずつ出発という賑わいぶり。

3ホールから出発した友人と私、何故かもう二人の姿が見えません(普通は4人でラウンドします)。

そこで、後で出発する人たちに「私達二人っきりなんだけどぉ。」と言ったのですが、誰も「それではわたしがいっしょにいきましょう。」とは言ってくれないのでスタートの合図があったので二人で出発しました。

そのホールは危うく?(笑)パーで上がりそうないい出来で(結果は5センチほどパットがずれてボギーになりましたが)なれないゴルフ場にしては良い滑り出しだなぁと満足していたら、審査員が回ってきたのでこれ幸いに事情を説明したらすぐに後ろの組からひとりを回してくれました。

これで正規の形になった(二人っきりでラウンドすると談合したと思われる可能性があり、しかも同じゴルフクラブからの参加となればなおのこと)のは良いのですが、全く知らない人が突然参加したことで、私の調子はすっかり狂ってしまいました。

その人が友人とラウンドしたかっただろうと思うと気の毒だし、とっても上手そうな人だったのでこちらもうまくプレーしないといけないだろうなぁなんて余計な心配が頭をもたげ、結果Xが3つも続いてしまいました。

その方はすぐに我々と馴染んでくれて心配していたようなことはなかったのですが時すでに遅し、負のループから抜け出すことができずに18ホールを終えました。

私のコーチも主催者に加わっていたコンペだったのに残念です。

 

翌日、Fiuggiに戻って練習場でスイングしていると超ベテラン(第1カテゴリーのメンバー)がやってきたので練習後に一緒にラウンドするように頼んだらOKが出たので着いて行きました。

彼はもうひとりの友人と待ち合わせていたので3人で回りましたが途中で話がメンタルな面にさしかかり、なんと!そのベテランはメンタル面の勉強のためにニーチェなども読んでいるというではありませんか!

怒られるかもしれませんが彼の人を見るとニーチェとはどうにもつながらないタイプの方なのですよぉ。^^

彼はベテランにもかかわらず、ほぼ毎日練習場で50球ほどの練習をしてからラウンドする正統派ですが、まさかメンタル面の強化のためにニーチェ(他にもいろいろと読んでいるようです)まで読んでいるとは。。。

みんなそれなりに努力しているのだなぁと改めて感心しました。

そして努力をしない人が自分のプレーの出来の悪いのをゴルフ場のコンディションや天候や道具類のせいにするのだなぁと思います。

 

 

 

 

 

コチョウラン

 

なんだかどちらもボケてますがご容赦ください。

嬉しいことにつぼみが落ちることなく全て開いてくれました。

あと2つのつぼみも大丈夫でしょう。

 

もしかして昨年も書いたかもしれませんが

コチョウランを栽培するコツは根っこに光を当てることです。

そのためにはほぼ透明のカップを使うと良いようです。

特に日本の家屋では光線が弱いでしょうからね。

 

で、水は1周間に一回ほどたっぷりと。

あとは霧吹きで十分。

 

このコチョウランはスーパーで買った安物だけれど

もう何年も毎年咲いてくれています。

何年かつぼみはできるのに開花せずに落ちていたけれど

友人からコツを教わってそれ以来またこうして

楽しませてくれています。

年中家の中でいいし、手間のかからない欄です。

メルマガ

私は2003年の10月31日以来メールマガジンというのを発行しています。

「まぐまぐ」「メルマ」から出しています。

なぁんて今更言うこともないわよね。

ここに来てくださる方はみなさんすでに登録してくださっていることで

すでにご存知なのでしょうから。

 

メルマガを書いているせいか、同じようなジャンルの他の方が書いたものを読む気がしません。

それは影響を受けたくないし、腹も立てたくないからです。

自分のレベルで自分が面白いと思えることを書いていきたいから。

背伸びもしたくないし、もちろん真似もしたくない

つまらない記事に文句も付けたくないから。(笑)

だからメルマガで読むのは全く関係ないジャンルの方々の記事ばかり。

 

でも、少し前にヨーロッパに住む日本人の記事を読む機会があり、

(それはまぐまぐからのニュースで紹介されていたので)

そこで、ライター募集を知り応募してみました。

マンネリ化している自分からのちょっと脱皮かな?

今現在イタリアからの発行者がいないこともあってか

審査に合格したので(大した審査じゃないと思います)

これから1ヶ月半に一回ほどの割でそちらでも記事を書くことになりました。

 

「出たっきり邦人」欧州篇というものです。

これまで自分のメルマガやこのblogで紹介した話題と重なることでしょうが

コピーは許されていないので全て新たに書いていきます。

 

本日。初回分が配送されました。

「イタリアからボンジョルノ」も使えないので

新しいタイトルは「ローマの田舎町から」

いつまで続くかわかりませんが、ぼちぼちやりますわ〜。

 

新しいメガネ

先日ローマへPaoloの誕生日を祝うために行く時に高速に乗ったらTelepass(自動支払い)が効きませんでした。

1990年から使っているもので、

一度バッテリーが切れて使えなかったことがありましたが今回はどうしたわけか???

 

あの夜、息子と私、別々の車に乗っていて(一台はPaoloの車で私の車が故障した時に貸してくれていたものです)夜なのでお互いに見えないからスマホのWhatsAppというアプリで頻繁に交信しながら走っていたのですが、我々は運転中なのでボイスレコードを使っていましたがそこにPaoloからのメッセージが入ってきてそれを読むために老眼鏡を取り出し、使用後は胸元にぶら下げていたのです。

で、夜道でこういうもの(Telepass)が作動しない場合、係員を呼び出すわけですが車のドアを開けるためにシートベルトを外した勢いでメガネがすっ飛んでいまいました。

すぐに車の下などを探しましたがいかんせん真っ暗、若干の明かりも助けにはなりませんでした。

支払いを済ませた後に少し前進して探そうと思ったのですが後ろから車も来ているので

早々にその場を立ち去りました。

 

長年使っていた愛着のある老眼鏡、最近はスーパーなどでも安価な出来合いの老眼鏡が手に入るので我が家には各部屋にそういうメガネがあるのですが私は乱視がひどいのでやはりきちんと合わせたメガネに比べると出来合いのものではどこか霞んで見えるのです。

何年使っていたかは忘れましたが額縁が少し傷んできていたのでこれ幸いに新しいのを作ったら

今朝、出来上がってきました。

前のとほとんど同じフレームです。

前のが赤枠だったのが今回はゴールド。

シルバーエイジを超えてゴールドエイジまで使えるように?(笑)

 

今回新たに視力を計ったら右目は1.5左が0.8

右目の視力には担当者が驚いていました。年の割によく見えるって。(笑)

とにかく私の場合乱視が問題なのです。

夜、星空を見上げると星が4つも5つも固まって見えるのですから。

綺麗ですが、正常じゃないでしょう?(笑)

 

今度は大事に使いたいと思います。(汗)