Gに胆石

数カ月前からジーが家のあちこちに粗相をするようになっていたのですが、

何故か私には精神的なことのように思えてふだんよりもコミュニケーションを

多くとるようにこころがけていました。

 

Rudyの獣医さんでの検診の際にジーのことを話したのですが、

獣医さんは特に指示をくださったわけではなく

「そういうねこもいるから仕方ないよね。」みたいな感触でした。

それでも、「時々尿がピンクいろなんです。」と言ったら

「もしかしたら膀胱炎が疑われるね。」ということだったので

数日前にまたかなりピンク色の尿を見つけたのでジーを獣医さんのところへ連れて行きました。

今はそういう検査にはエコグラフィーを使うそうでたまたまその日には専門の方がいなかったので

今朝、再度連れて行ってきました。

予め、朝食抜きでということだったので私も他の猫たちも

今朝は朝食を昼ごろとることになりました。

 

エコグラフィーはまるで自分が妊娠した時のような画面です。(笑)

検査を始めてすぐに獣医さんが「胆石ですね、かなり大きな。」とおっしゃいました。

可哀想にそのせいで気持ちが悪くてあちこちに粗相をしていたのです。

もっと早くに検査を受けさせていれば 小さなうちに早く治療できたでしょうに。

今は手術する範囲の一歩手前だそうです。

一ヶ月間投薬してみて変化がなければ手術ということになるようですが、

できれば薬でなんとか回復に向かってくれることを祈るばかりです。

Gに胆石」への7件のフィードバック

  1. かわいそうに…
    痛かったのかも。
    言葉で伝えられないから余計不憫よね…

    長男も胆石、ときどき痛いらしい。
    会社の人たちに話してるので疝痛があれば救急車で運んで胆石だと言ってほしいと。
    なんだかね、ちゃんと治してほしいけどね…(-_-;)

    ジーはKeikoさんがついてるから安心だわ。

    1. 特に元気がないとかそういう素振りも何もなかったからね。

      ご長男、なにか治療なさっているのかな?
      結構薬で小さくなって自然に出て行ったというような話も聞くけど、
      母親としては気がかりよね。

  2. そうだったの
    動物は痛いの 気持ち悪いの って言えないからね
    可愛そうだったね。良くなると良いね
    今 親戚のワンコが具合が悪くて 暮れからずっと気がかりなの
    膵臓のようだと。いろいろ検査や点滴 飼い主も気が気じゃないようで。
    人も動物も具合が悪いのは嫌だよね。

    1. >人も動物も具合が悪いのは嫌だよね。
      本当に、ちょっとのことですごく気になります。
      やんちゃでもいいから元気でいて欲しいです。

  3. あらら・・・
    わかってもらえないのも大変だし、わかってあげられないのも辛いですね。
    ジーちゃんはちゃんとお薬飲める子かな?
    気楽に飲んでくれるとこちらも楽なのですけどね。
    ゲージの中で睨んだような顔をしていますが、今はどうですか、少し落ち着きましたか?

    1. お薬が。。。
      最初の4日間は痛み止めが入って合計3種類、
      その後は2種類に減って10日間、この2種類目は抗生物質らしいです。
      で、肝心な胆石の治療のは30日間投与なんですが、これがチューブに入った美味しそうな匂いのものなのに嫌がって残すんです。
      普段はカリカリなんですが、お薬が混ざりやすいようにとムース状のをあげているんですがチューブ状のは混ざりにくくて。。。
      さっきも生ハムにこすりつけてやっと食べさせることができました。
      でも、他の猫たちもいるからね難しいです。

  4. G可哀そうだったね。
    気が付いてあげて良かった。
    いつもオットの次に近づいて来てくれているかわいい子♪
    早く元気になりますように!

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。