初レッスン

夏場はコーチも忙しいし、私もいろんなコンペがあるので

コーチレッスンは勢い冬場になってしまいます。

昨日、今年初めてのレッスンに行ってきました。

場所はローマ アックアサンタというローマで一番格式が高いコースです。

(遠方はアッピア旧街道です。)

そこでラウンドするにはメンバーの紹介がいるし料金も私などが遊べるところではありません。

年に2回ほどシニアのコンペで行くことがあるだけです。

でも、練習場は特にコーチとのレッスンは10ユーロとボール代のみで済むので私にも大丈夫。(笑)

 

暮れには割といいスコアだったので、コーチにも電話で「いい調子なんです。」

と言っていたのに年が明けてからは散々。

もちろん調子が良くてもレッスンは受けるつもりでいたのですが。

 

Fiuggiで毎日のように一緒にラウンドしているシルビオさんも一緒にレッスンを受けることになりました。

シルビオさんの予約が10時、私がその後の10時45分。

コーチも我々も早めに着いたので10分ほど早めに開始しました。

シルビオさんが熱心なこともありますが、彼のレッスンは10時50分余りまで続きました。

しかも私のレッスン中にも彼が質問に来たり、コーチが彼の方へ見に行ったり。

私のレッスンは予定の11時半きっかりに終わり。

何故かいつも私はこういう境遇に甘んじることになっています。

おとなしい日本人はこういう時に損をするのですよね。

 

コーチはビデオをとって解析してくれます。

自分の欠点を目の当たりに魅せられてはなんとも言えません。

どうもバックスイングで右に寄り過ぎなようです。

スエーではないのですが、アドレス時に比べると体の幅の半分くらい右に移動しています。

コーチはそれでもいいのだと言います。

ただし、インパクトですっかり左に移動できれば、という条件付きで。

 

シルビオさんがレッスンしている間も黙々とボールを打ち、

自分のレッスン時と合わせると150球ぐらいは打ったでしょうか。

1時間半スイングを続けるというのは疲れるものです。

普段のラウンドで100球前後打ってもそのうちの35〜40ぐらいはパターなので力もいらないし。。。

しかも普段のラウンドは100球を4時間以上かけて打つわけで

休息なく1時間半打ち続けるのは本当にしんどいです。

というか、自分がすっかり疲れていることに気がついたのは次の場所

アルキディクラウディオという我々にふさわしいゴルフ場に着いてからです。

 

でも、そこのレストランで軽い食事をしてビールの小瓶を飲んだら元気が出てきました。(笑)

その後、9ホールとピッチ・アンド・パットと言って

ごくごく短い9ホールを回って帰ってきました。

コーチのアドバイスを忘れる前に実践で体に覚えこませたかったのです。

 

8から31日までうちのゴルフ場は閉鎖中。

家でも練習しないといけませんねぇ。

 

 

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

4 Comments

  1. Toshi
    12/01/2018

    芝の青さにまず目が行きました。
    日本ではもう茶色くなって緑の色をつけてるところが多いです。

    ゴルフ場でプロにレッスンが受けられるなんて恵まれた環境ですね。

    体重移動難しいですよねぇ。
    以前は私もテイクバックで体重を右に乗せて切り返しから左に移動するのをやっていましたが、右足が悪いのでどうもうまく移動できなくて下からクラブが入ったりすることが多かったので、今は筒の中で回転するイメージに変えたらミスが少なくなりました。

    私も冬は練習で筋肉を使うようにしています。
    昨日も3時間打ち放題1200円に行ってきました。

    ゴルフって本当に難しい。
    同じように打ってるつもりでも何故か毎回微妙に違うんですもの。

    今年の目標は「結果を求めず基本に忠実に」です。
    これが難しい。
    お互いに元気でゴルフを楽しみましょうね♫
    長々とゴメンナサイ。

    返信
    1. Keiko
      12/01/2018

      日本でゴルフをした時に本当にグリーン以外はまっ茶なのに驚きました。
      こちらは夏に茶色になります。芝や雨期の違いでしょうか。

      >筒の中で回転するイメージ
      それですね。これから私も心がけます。
      まっすぐなら自然にそうなるのに前傾しているので勘違いしてしまうんですよね。
      コーチには前傾角度も深すぎないようにと言われました。

      「結果を求めず基本に忠実に」
      肝に銘じたいですね。こういうアドバイスありがたいです。

      返信
  2. 加藤
    12/01/2018

    私はアッピア街道に目が!
    ローマ帝国の遺跡、いーなー♪
    イタリア人の中に入るとまずその会話に口を挟むことが日本人には難しいくらいのすごい勢いで皆さんが喋る、と確か誰かが言っていた気がします。
    特に女子トークなんて、待っていたら一言も喋れないかもしれないので自分でどんどん突っ込んでいかないといけない・・・どこかでそんな記事を読んだ記憶があります。
    シルビオさんもその点では生粋のイタリア人気質、ということでしょうか、彼らにとってはフツーのことなのでしょうね?

    返信
    1. Keiko
      12/01/2018

      2000年以上前の遺跡を見ながらラウンドできる国ってイタリアだけでしょうねぇ。

      本当に息継ぎをすると会話から弾かれてしまうような時があります。(笑)
      シルビオさんはイタリア人にしてはとってもおとなしい方なんですけれどその彼にしてこうですからね。
      とにかくゴルフはマスキリストなスポーツなんだと思います。
      全世紀まで女性立入禁止のところがあったらしいですし
      コース途中にトイレもないゴルフ場が未だにたくさんあります。

      だからコーチもシルビオさんびいきなのかと。。。
      冗談交じりに思っていることを言ったらシルビオさん反省していました。(笑)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください