イチョウ

ローマには銀杏の木が殆ど無いのです。

植物に詳しいイタリア人の友人がEURを通りかかった時に「ここにだけあるのよ。」と、その昔教えてくれたことがありました。

だから、ずっとイチョウはこちらでは見られないものと思っていましたが、なんと!!!

木曜日にカステル・ガンドルフォという法王様の別荘のある街のゴルフ場へ行った時に出会ったのです。

これでは分かりにくいかも?

これならはっきりですね。

これまでも、同じゴルフ場で何度もプレーしていたのに全く気が付きませんでした。

そして、最初の写真の左上の方を見てください。

少し白っぽいところがあるでしょう?

ラウンド中なので、しかも雨の中のラウンドで写真を撮るのが精一杯だったんですが、ふと(あれはギンナンかもしれない!)という思いがこみ上げてきてどうしようもなく、他のメンバーが進んでいくのを目で追いながらも足は後戻りしてギンナンの方へ。

ギンナンが落ちているところを未だかつて見たことはなかったのですが、銀杏の木のしたに落ちているのだからと思って、ぶどうのような格好の実を拾って手で潰してみるとまさしく見覚えのあるギンナンが出てきたのでした。

正確には見覚えのあるのは更に殻をとった中の実なのですが、殻付きでもそれとわかり時間があればたくさん拾って帰りたかったけれどラウンド中でそれもできずやっと3つだけ持ち帰りました。

だって、ギンナンは臭いことで有名ですもんね。

外側の実ごと持ち帰ってはきっと臭いだろうと思ってその場で3つだけ掃除してポケットに。

茶碗蒸しに一人一個ずつ?

でも、Paoloや陽介にギンナンの味がわかるかな?

この種を植えたらイチョウが育つかな?

いろんな思いが交錯中です。(笑)

1985年、ローマに恋をして住み着いてしまった私。でも人の生活はどこでも同じ。 泣き笑いはどんな言葉を話していても同じ。だったら楽しく生きたいね。

8 Comments

  1. まみる
    18/12/2017

    まさにギンナンね!
    中学高校は御堂筋沿いにあったのでイチョウはなじみ深いです。
    それと通用門に大木があって、戦争でも焼けなかったという伝説の木でね。
    イチョウは火に強いんだって。
    イタリアは黄葉なのにイチョウが少ないなんてね。

    3粒、心して食べてね(笑)
    たくさん食べすぎたらいけないものだし、3粒でよかった?いや…もう少し欲しかったよね~
    1粒は植えてみる?

    返信
  2. Keiko
    18/12/2017

    あらぁ、御堂筋沿いの学校だなんて、帰り道まっすぐ帰れないよね?(笑)

    >イチョウは火に強いんだって。
    らしいね、だからよく神社なんかに植わってるとテレビで聞いたわ。

    ひと粒では発芽率がどうかなぁと思うから今回は皆植えてみようかな?
    食べるのは来年まで我慢して、来年はあのゴルフ場にビニール袋持参するわ。^^;

    返信
  3. 加藤
    19/12/2017

    Keikoさんのご家族は舌が日本通ですから、焼いて塩を振ったら大喜びしそうな気がします。
    けど、3粒焼くのってかえって大変?^^;
    ギンナンとかクルミとかクリとか、美味しいいものはとかく食べにくい。
    困ったことです。
    ギンナンがなるためには木の雌雄の区別とかハードルがありますが、紅葉を楽しむためにでも3本あったら素敵ですね。

    返信
    1. Keiko
      19/12/2017

      子供の頃はあまり好きじゃありませんでしたが、大人になって百合根とともに大好きになりました。

      >3粒焼くのってかえって大変?
      だと思います。(笑)

      >ギンナンがなるためには木の雌雄の区別
      だから一本の樹の下にしか落ちてなかったのですね。

      返信
  4. hitomi
    19/12/2017

    結婚したばかりで住んでいた団地には 銀杏の街路樹がありました。
    秋にはとてもきれいでしたけれど そのおびただしい落ち葉には
    とっても困りました。
    片付けきれないし 道端にたまってすべるしで~~~~~

    銀杏 おいしいよね。 夫は これをつまみに一杯  大好きみたい。

    返信
    1. Keiko
      19/12/2017

      はいはい、イチョウの葉は滑りますよね。

      おつまみに、いいなぁ
      やっぱり銀杏には日本酒があいそうですね。^^

      返信
  5. 加藤
    24/12/2017

    Buon Natale!

    イチョウからは離れますがこちらに^^;

    返信
    1. Keiko
      24/12/2017

      Grazie,
      Buon Natale anche a te.

      返信

加藤 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください