Yoske’s day

6月からこのお店で働いていたYoske.

家から車で25分ほどのアウトレットの中にこのお店はあります。そのうち少し涼しくなったら覗きに行こうと思いながら今日になってしまいました。

というのも今日でこのお店とはお別れだからです。3ヶ月の契約期間がすぎるので更新しないことに決めました。

Yoskeの好きな仕事ではありますが、やはり内部は色々とあるようだし、私としては重いものを持ち上げる事が多いのであまり気がすすまなかったし、Yoskeの決断に大賛成。

でも、一度は覗きに行かないとうちの子は自分が見捨てられたと思う子だから。(笑)

大きくて新しくてきれいでショーケースに入っているお菓子類も高級感があって、しかもおいしそうだしこういう環境で働いていたんだと思うとちょっとホッとしました。

もうこれからは白シャツにアイロンがけをしなくてもいいからそれもホッ。^^;

 

そして夜は・・・

コンサート会場へ。

今日はYoskeの久々のコンサートです。特に昨年のあの事故(そう言えば23日にちょうど一年になります。)にあってからまたコンサートができるまでに回復してくれたことが嬉しくて会場のカルピネート・ロマーノという町までやってきました。

Yoskeが生まれて初めてのコンサートを経験したのもこの街です。

初めての時は教会裏の小さな会場でしたが今回はこの街の中心広場、メインの会場で色んなサイトにも紹介されたメジャーなコンサートに出演します。

この街はローマ近辺でも音楽好きで有名です。町中の人ほとんどが何らかの楽器を演奏したり歌ったり、自分ではしなくてもそういう人が家族の中に必ず数人はいる。という感じの街なのです。^^

ANAGNIA  (出演者の紹介あり)      IL PUNTO

早めに着いたので上の写真のようにまだ舞台はガランとしていますが、近づいてみるとた~くさんのギターが並んでいました。

そう言えばコンサートのタイトルは La Notte della Chitarra つまり「ギターの夕べ」。

「今までとは違ってお母さんたちに受ける内容だと思うよ」と息子は言っていました。つまりヘビメタじゃないんだと。^^

でも、幾つかのグループが出演するのだと思っていたら大勢のグループがずっと演奏するというスタイルでした。

何故か息子は打ち合わせにも駆り出されていて・・・

 

ブルーのスーツ姿はこの街の市長さん。市長の挨拶があるくらいの街を挙げてのコンサートでした。

前座には一人のカナダ人の青年がビートルズとビージーズの余り有名じゃない曲をとても上手にギターを弾きながら歌っていました。

私の陣取った場所が悪くて写真の真ん中上の照明のせいでうまく撮れませんでしたが、この時歌っているお二人かなりのご年配でしょう?後ろでギターを弾いている人たちも3世代にわたるという雰囲気でした。

彼らが主にイタリアの歌を、Yoskeと若いお嬢さん二人が英語の曲を担当していました。

 

ビデオも音声が悪くて・・・残念。気合を入れてYoskeのソロはすべて収録したというのに。上記サイトでVOCEとあるのが歌い手を言う意味です。直訳すれば「声」

パープル・レインに始まりサティクファクション、私がタイトルを知らない曲を2曲、そしてボーン・トゥ・ビー・ワイルド。

歌わない時はギターの演奏。  

そしてコーラスにも何度も参加と一番働かされていました。(笑)

キーボードのお嬢さんは偶然にも私のゴルフ仲間のお嬢さん。

終わってから二人のツーショットをという私のリクエストに答えてくれました。

広場は沢山の人達で埋め尽くされていました。2時間余のコンサート、殆どの人達が立ち見です。(写真はゴルフ仲間からいただきました。)

ということで、仕事とコンサートの終了となんとなく一区切りついた感のある我が家です。

 

 

 

 

“Yoske’s day” への18件の返信

  1. 陽介君コンサート成功おめでとう♪
    一番好きな事に復帰できて何より!
    お仕事姿もいいな~~~
    次のお仕事は何になるのか親戚のおばさんとしては心配だけれど若いんだからいろんな経験して自分磨きができ素敵なイタリアーノになってゆくのが楽しみです。
    ガンバ!!!

    1. Yukoさん、ありがとう
      今までは他のジャンルの音楽でで舞台に立つことを拒んでいましたが少し成長したということでしょうか。

      >次のお仕事は何になるのか
      きっとご心配かけると思っていましたが私にも本人にもまだわかりません。またお店は違ってもバーテンダーとして働くと思いますが、今は大学への復帰を第一の目標にしているようです。このことを本文で書いておけば心配も少しは軽減したのにね。ごめんなさい。

  2. もう1年?つい最近ハラハラ・ドキドキ・気を揉んだと思ってたのに…年寄りには時は無情に早く過ぎていくのね…
    でもあれだけのケガなのに1年でもうこんなに見た目は完治してるように見えるなんて、若いんだね~

    徐々にPaoloさんに似てきた?
    あはは、お互い(-_-;)と思うかな?

    区切りのいい時に一番楽しいこと、よかったわね。
    これからよしっ!て気になるかな。
    パワーを充電できたかしら?

    そうね、Yukoさんが言うようにいろんなことをやってみるうちに仕事にも人にもいい出会いがあるんじゃないかな?
    「勝手に陽介応援団」のおばさんたちが応援してるよ!

  3. まみるさん、ありがとう

    背中に補強機材を入れての生活なので「完治」という言葉は生涯使えないかもしれないけれど、そして一部のスポーツを制限されてはいるけれど日常の生活に困ったことはないので完全復帰と言ってもいいでしょうね。
    まだ背中の傷跡はくっきり、そして画面からも分かるように背中が曲がっているけれど・・・

    本当に時の経つのは早いよね。
    私の髪もかなり伸びました。(笑)

    >パワーを充電できたかしら?
    Facebookなどでも昨夜のコンサート、いい評価を得ているようで戦勝感を味わっていると言ったら大げさだと叱られるかな、息子に。(笑)

    「勝手に陽介応援団」ありがたいです本当に、これからも宜しく。

  4. 1年経ったのね。
    がんばったね 陽介くん!!

    もう1年だけれど まだ1年 命の瀬戸際までの怪我だったことを思えば まだまだ~~~~~
    ここまで回復したことを ただただ感謝だね

    コンサートの雄姿 良いわねぇ
    Keikoさんたちの何よりの宝 陽介くん
    >一度は覗きに行かないとうちの子は自分が見捨てられたと思う子だから
    素敵な親子関係!! 事情は違うと言っても 我が家の親子関係とは ずいぶん隔たりがあるなぁ と改めて反省
    とは・・・・ あはは ちょっと遅すぎたわ(笑)

    1. hitomiさん、ありがとう
      息子自身はあの時「死」なんて微塵も意識しなかったようだけれどこっちは気が気じゃありませんでした。

      >ここまで回復したことを ただただ感謝だね
      仰る通りです、

      息子も干渉されたくない割にこういうところがあるのはイタリアの他の家庭がそうだからかもしれませんね。
      日本では成人したら余り親とはかかわらないで当たり前ですがこちらはいつまでもベッタリしていますから。

      ただ自分の都合の良いときだけなんですよ。(笑)

  5. keikoさん、こんにちは〜
    楽しそうなコンサートですね〜
    陽介君のアルバイト先なんか綺麗でおされ〜なお店ですね。
    いちねんまえ?すみません、わたし最近お邪魔しだしたばかりでよくわかんないのですが、何か大変なことがあったのでしょうか?(すみません、別に言いたくなければ無視してくださいね^^;)
    家の次男もギターを弾くのですが
    演奏聞いたことなんてありません!息子さんと仲良くて羨ましいです、長男なんて滅多に連絡ないしこっちからすると
    露骨に迷惑がられます^^;)
    親のことなんて忘れて自分で大きくなったとでもおもってるんですかね〜ってすみません、自分のことばかりで、、
    話変わりますがローマの市長さんて綺麗な女性らしいですね〜評判はどうなんでしょうか?

    1. 1年目にバイクの事故で大怪我をしたんです。

      >演奏聞いたことなんてありません!
      家では練習なさらないの?

      頼りのないのはいい便りって言いますよね、うちも息子がアムスに住んでいた頃はそんな感じでしたよ、チャットだけで。

      ローマの市長さん、評判いいんじゃないでしょうか。
      まだ正直言って男尊女卑なところがあるから結構きついでしょうねぇ。

  6. あの大事故からもう一年が過ぎようとしてるのですね。
    早いものですね。

    Yosukeくん、すっかり立派な男性になられて、前にお会いした時と雰囲気が変わってて驚きました。

    若いのだから、自分のしたいことをして悔いを残さないようにね。
    私は男の子はその経験が自分の肥やしになると信じています。
    でも、ママンはいつも心配してるってことだけは忘れないように^^
    とよけいなお世話かな^^;

    Keikoさんも、頼もしいナイトが二人もいて安心ね。

    1. >前にお会いした時と雰囲気が変わってて驚きました。
      そうですか、きっと髪型のせいだと思います。
      たしか日本へ行った時は髪が伸びていてもう少し優しい雰囲気でしたよね、髭もなかったし。(笑)

      私も若い時にすべて順調に運んで何処かで壁にぶつかって立ち直れないよりは若い頃から苦労、紆余曲折したほうがいいんじゃないかと思っています。
      見ている方はハラハラですが。^^;

      私も内藤なのでうちは3人ナイト?なんちゃって。(笑)

  7. んまっ、楽しそうですこと!
    そしてイタリア人のツーショットは近い!
    日本人だったら取れない距離感ですよね。
    今度会ったらツーショットをお願いしてみようかしら(うそうそ)

    1. 何年住んでいてもなれないことがあるものです。
      距離感はまさにその1つ。
      話をするときにも顔を覗き込まれるような近さで思わず後ずさりしてしまうことがあります。(笑)

  8. カルピネート・ロマーノ
    Googleで見ると素敵な街ですね^^ この街のの方々が殆ど見に来られたような雰囲気ですね^^ Yoskeさんたった1年でよくここまで完治されて本当に良かった。やはり母の覚悟の髪切りでしたね^^母としては何かにすがってでも治してもらいたい、やはりKeikoさんは大和撫子。願いが通じて本当に良かった(パチパチパチ) 生かされた命Yoskeさんなりに人生感が変わったのでは…^^ 本当に嬉しいです。

    実は私も今の夏、あることが有って二番目の娘と音信不通状態になり可愛い孫と会えません。時々LINEの壁紙で”ここに連れて行ってもらって元気してるんだ~”と安心してる自分達です。早く状態が良くなりますよう 神様仏様に祈るばかりです… お互い子供ってずぅ~と心配ですね…クスン

    1. >この街の方々が殆ど見に来られたような雰囲気ですね^^
      そうなんですよ。私は舞台のそばにへばりついていたのでよくわからなかったのですが、友人からの写真でびっくり。
      コンサート後もおしゃべりに興じる人々の間をぬって駐車場へ向かうのに苦労しました。

      お宅でもですか、残念ですね。
      きっと時が解決してくれることでしょう。
      それまではお互い祈り続けましょう。

  9. こうして、Yosuke君が元気に働いている姿や
    歌を歌っている姿を見れるのは
    とっても幸せなことですね。

    Keikoさん、良かったね。
    Yosuke君の歌、わたしもまた聞きたいなぁ~(^^♪

    1. 都さん、ありがとう
      同じ母親として喜んでくださっているのがわかります。

      >Yoske君の歌、わたしもまた聞きたいなぁ~(^^♪
      あはは・・・またカラオケ行きましょうね。

  10. 今日で一年なのね。そうなんだ~、もう一年とも思うし、まだ一年とも思えるわ。
    凄いね~若さって。こうして大きな音楽会で活躍している姿を見ると、あんなに辛い思いをしたり、気を揉んだことが、遠い昔か、まるで無かったことのように思えるもの。
    とは言え、親としては背中い負担がかかるような無理はして欲しくないよね。

    それにしてもYoske君、ますます大人っぽくなったね。
    またYoske君の歌声を聴きたいわ❤

    keikoさん、嬉しいね~、我が子が音楽に関わって、こんなに素敵に活躍出来るて♬

  11. 青花さん、ありがとう
    過ぎてみれば早かった気がするけれど、昨年の今から数ヶ月はもう二度と体験したくないわぁ。

    まだ、障害が目に見えるからね、やっぱり心配です。
    例えば人混みで背中に何らかの衝撃を与えられたり転んだりしたらと思うと・・・でもだからといってどこにも行かないわけにもねぇ。

    はい、音楽を好きになってくれたことは活躍云々抜きでとってもうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。