ミニ・ライダーカップ

ライダーカップなんて大げさだけど、2つの都市とかゴルフ場とかの交換試合になると最近は皆こう呼ぶみたい。

ここ数年、ポーランドの一部とイタリアのラツィオ州近辺の交換試合が行われています。3年前だったかその彼らがうちのゴルフ場に来たときに夕食会が私の誕生日と重なったので延々とお祝いの歌を歌ってもらったことがありました。

でも、私はなかなか夏場は家を空けられなくて相手方のポーランドへ行ったことはありません。

夏はPaoloが超忙しいし、水撒きのこともあるし遠出はできないものと諦めていたのですが、今年はPaoloはほとんどローマにいるし、息子が家にいるからワン・ニャンのめんどうも水撒きも任していってこようと決めました。

ただ決めたのは、否 決めなければならなかったのは3ヶ月ほど前。その頃息子は毎日家にいたので決めたけれど今はアウトレット内のBarで働くようになり、時間も朝の8時30分になじまったり午後4時に始まると帰りが夜の12時になったりと不規則です。

しかも白いシャツの制服を毎日洗ってアイロンかけて・・・

夜中に帰った彼にそんなことができるとは思えないし、今更キャンセルもできないし楽しみなはずのポーランド行きがなんとなく億劫になっています。

ま、私がいなければなんとかするのでしょうが・・・

とりあえず植木鉢はあまり陽の射さないところに一箇所にまとめてと思っています。

26日には出発なのにまだ何も準備をしていません。とにかく予定は8日間。これからまた準備機関も含めるとしばらくblogの更新ができないかもしれないので予告です。(汗)

近況報告

またblogの更新を怠ってしまいました。

今回は遡る形での近況報告、こうすると少しずつ思い出しそうだから。(きゃは)

まず今日は友人たちとビールとパスタを賭けて(いけないことかも?(笑)ラウンド。

男性対女性という組み合わせで我々女性は負けてしまったのですが、そこで女性に支払わせるようではイタリア男の名が廃る?(そんなことどうでもいい人も多いのですが)ということですっかりごちそうになりました。^^

で、食後もなんとなくその場を離れがたくてもうハーフ回りました。

この暑いのに、4人ともしっかり熟年なのに1ラウンドハーフも回るなんて正気の沙汰じゃないかもね。でも、心身ともに疲れを知らず楽しく楽しく過ごしました。

でも・・・

当初私の腕はこんな状態だったのです。

日曜のコンペで5ホールにある橋の上を通ったときにチクっ!

その痛みからすぐにハチに刺されたとわかったのですぐに虫刺され後の薬を塗りましたがいささか強いハチだったようでみるみる腫れていきました。

翌日つまり昨日は肘から下がご覧のように腫れてしまって何も握れないし、腕を下げると痛みが酷くて何もできませんでした。これ幸いに?(笑)一日中ベッドでゴロゴロ。でもこの年になるとあまり寝ていると背中が痛くなって・・・若い頃は風をひいたらまる二日とか寝続けたものでしたが。(笑)

で、夕方友人からの誘いのチャットが入ったときに一抹の不安はあるもののOKしたのでした。でも、それが良かったのか薬が効いたのかおそらくゴルフのおかげだと思うのですが、ラウンド終了時にはしっかり指も握れるようになり腫れもかなりひきました。

余談ですが、上の写真を見たときに驚いたのは腫れの酷さではなく腫れていない方の腕のみすぼらしさでした。すっかりおばあちゃんの腕ですよねー。がっかり。(笑)

更に遡ると土・日には2日に渡って開催されたうちのゴルフ場でいちばん重要なコンペに参加しました。

昨年はハンデに制限があって3日間のラウンドでしたが、参加できない方々からの要請のせいか今年は制限なく参加できるようになっていました。でも、この暑さでまる二日と言うのはいささか厳しいようで二日目には参加者が10名ほど減っていました。

ゴルフはいまだに男尊女卑の世界で、男性はカテゴリーごとに表彰されるのですfが、女性は十把一からげ。ハンデ2の方と36の方と一緒に回りストロークプレーだったので池ぽちゃしようが、OBになろうが最後までホールアウトしなければならず107打も叩いてしまいました。

結局女性で4位に終わり入賞はできず。来年もまだチャレンジする元気があるのかどうか???

でもね、二日目の18ホール、大勢の見守る中でしっかりパーがとれたのですよ。パー4の3打目のアプローチがピン横50センチぐらいに決まってワンパットであがりました。たくさんの拍手に迎えられてきっとあの瞬間はこれからも一生忘れないと思うなぁ。(嬉)

最後に可愛い写真を。