さてゴルフ

きれいな海、美味しい食べ物・・・一体何しにきたんだか忘れそうになるけれど(笑)
毎晩ゴルフのミーテイングがあるのですよ。

ホテルのロビーの一角に我々の招待元Acigolfのコーナーがあって、そこに掲示板が常設されていてこの写真は最終日のことですが、こんな感じで「何時にミーテイングがあります」。というお知らせが載っています。

毎回実際の開始時間は30分遅れでしたが。^^;

 

これは3日間、ホテルからゴルフ場までの送迎バスの時刻表。

自分のスタート時間に見合うバスに乗れとのこと。始発は6時半!きついですよねぇ。朝食もお弁当です。昼食はもちろんホテルに帰れないので全員お弁当です。

私はことバスに関してはとてもラッキーで3日間とも11時20分スタートだったので9時半のバスに乗り、着いたら少し練習場で練習をしてゆっくりコーヒーを飲んだ頃スタート。ラウンドが終了したらビールを飲んで少しお喋りをすると迎えが来るという塩梅でした。

ブルーノさんと奥さんのマウリツィアさんもミーテイングに参加。

ゴルフ以外はいつも一緒だったマウリツィアさんに帰国後あえないのがちょっとさみしい。

この大会には審判員が4人も参加していてコース上のちょっと訳ありな場所の説明や解決策も指導してくださいました。

スコアに審判員の携帯の番号を記入してあるというのは初めてです。何かわからないことがあったらすぐに電話で問い合わせることができるわけで、とても親切な取り計らいです。ゴルフにはたくさんのルールがあってすべてを覚えきれないし、時々どうしたら良いのかわからないような場面に出くわすこともあるのです。

また、それぞれのコースにだけに設けられている規則(ローカルルール)などもあり、そういったことの説明が毎晩ありました。

でも、イタリア人たちの参加するミーテイングは大変です。口々に話し始めて司会者の声が聞こえなかったりするくらい。何年住んでいてもこのあたりには馴染めません。

この写真は最終日なのですが、向かって左からスポンサーのひとつSEATの重役、次にAciGolfの責任者、続いてローマから参加の審判員お二人。

 

IBIZAには今のところゴルフ場は一つだけ、その名も「Golf IBIZA」

18ホールと9ホールがありクラブハウスもとっても可愛いし、更衣室もとても清潔で小奇麗でした。

コースはフェアウエイが狭いので難しい印象ですが、実際には距離があまりないのでパー5で女性でも3打目でグリーンオンできるところがいくつかあってまぁまぁのスコアがまとまります。

距離はあまりでないけれどまっすぐ飛ばせる女性には最適なコースかもしれません。

でも、ゴロゴロ石でできた川や起伏の激しいところなので途中で大きな段差があったりいくつか難しいホールがありました。

そういうところに出くわすと幾つものフライトが溜まっていました。(笑)

競技会二日目にはそういうところに審判員が出張っていてボール探しなども手伝ってくれて滞りがなかったのは流石です。

パッティンググリーンはものすごく早くて驚かされました。コース上のグリーンはそうでもなく最初の数ホールは皆がかなりのショートに終わりました。

練習場ではボールも無料配給してくださり感謝です。

これは始めてみました。カートにナビが装着されているのです。これでコース内で迷うことがないだけでなく、コースのどこでも残りの距離がひと目でわかります。イタリアではまだ見たことがありません。

海からもほど近いところにゴルフ場はあります。

 

これは初日、コースの下見時のメンバーです。ポケットにボールやらティーペッグやらが入っていてボコボコしていておかしいでしょう?(笑)

コースにヤシの木やソテツがあってさすがは南国。

ここは曲者のホールの1つ。ボールが上がらなければ無残に戻ってきてしまいます。

 

大きな池には水鳥たちがたくさん。海が近いのでかもめもいました。その鳥の羽毛がちょうど白くてゴルフボールに見えてしまってボールを探すのに手間取りました。(笑)

修復中のところが数カ所ありましたが全体にとても手入れの行き届いた素晴らしいコースです。これまでは少数の観光客相手ということでカートも10台しかなかったのを今回の大会用に25台に増やしたということで今後の発展が期待されます。

下見ラウンド後にくつろぐブルーノさん。

初日のメンバー、すっかり友達に。

主催者側の責任者マッシモさんとツーショット。

気になる?競技会の結果は初日同点8位、二日目は同点13位に終わりました。

優勝者3名は来年のロードス島で行われる競技会への参加資格を得られました。

表彰式のあといつものようにバイキングで食事でしたが、終わりごろにこんなケーキが。

あ、ボケボケ(汗)会場内をワゴンに乗せて見せて回るのを追いかけて写したもので・・・

こちらは止まった時に写したので。^^

こんな大きなケーキが2つも用意されていて、しかもバタークリームのケーキだったのでとても食べきれるものではありませんでした・・・と思います。

そしてこの夜はIBIZAの町へ繰り出すことになっています。その顛末は次回にね。

 

 

 

デザート編

まだ食べ物のお話。

まずこれが標準的な私の朝食。

お豆はこの日だけ試してみました。

パンコーナーには沢山の種類のパンが並んでいてトーストもできるようになっています。並ぶのが嫌いな私は焼いたことはありませんでしたが。^^;

 

果物も豊富で皆美味しい。

そう言えば私がまだ子供の頃初めて日本にバレンシアオレンジが入ってきてその美味しさといったら! その本場にいるんですものね美味しいはずですよね。

こうしてまるごとのとすでに皮を剥いて食べやすくしたのとがありました。

ヨーグルトやコーンフレークスのたぐいも数え切れないほど並んでいましたが自分に興味がないから撮影しなかった。(ブロッガー失格。)

 

朝・昼・晩、必ず並んでいたのがこういうハムやチーズ類。

別の場所にベーコンや卵を調理した暖かいのが並んでいます。

種類は少ないけれどジェラートも食べ放題❢

すぐ横に温めたチョコレートがあってそれをジェラートやフルーツにかけて食べることができるのよぉ。^^

イタリア人たちは朝、こういうのを食べますが、これを撮ったのは夜だったっけかなぁ?

とにかく甘いもの好きさん達には目の毒ですよぉ。(笑)

 

あれ?最後の二枚、デザートじゃなくて前菜みたいですねぇ。

悔しい、今まで気が付かなかった。あまり可愛くできているからてっきりデザートだと思って甘いものが苦手な私は近寄りもしなかったわぁ。

これってキャビア?じゃなくても魚の子よねぇ?ああくやしい、今頃気づくなんて!

唯一食べたデザートがこれ。

松の実入りのチョコのスポンジケーキの上に苺が丸ごと。

そこに暖かいチョコレートをたっぷりかけて~  (ブルーノさんが3人分用意してくれましたぁ)

ああ、まさに至福のときを過ごしました。^^

食べたぁ

セルベーサとスペイン語では言うそうです。
このビール、一体何リットル飲んだかなぁ一週間で。すべてセルフサービスなので自分でPUBにあるようなディスペンサーのコックを開けてビールを注ぐのですがこれがなかなか難しくて私がやると泡ばっか。

同行したブルーノさんの仕事と相成りました。(汗)

 

見づらいでしょうがタコのサラダです。エビ、イカ、タコがだーいすきな私には天国でしたぁ。

ムール貝はパエリアにも必ず入っていたし時々こうして蒸し煮のようなのがでていました。酒蒸しすると美味しいよねぇ。

 

この小魚、片口イワシの赤ちゃんみたいな感じ。素揚げだったかな?私はエビに夢中でこの写真は友人のお皿。少し味見させていただきました。美味しかった。

そのエビのグリルを一体何尾食べたのかお皿が見えないくらいとって少し恥ずかしいかなと思っていたら翌日一緒にラウンドした人が私の3倍位の山盛りのエビの写真を見せてくれてちょっと悔しかった。(笑)

一週間で一度だけだったけれどこのエビのグリルの日は部屋にその香りが漂ってきたのでいつもは8時過ぎに夕食を取るのにエビがなくならないうちにと思ってレストランの開店直後の7時に食べに行きました。

友人にも連絡して早く来てもらって、友人は自分がお皿に取ったエビも私に分けてくれて私のエビキチは内輪では有名になっています。(笑)

プラス、こんなエビも食べたのよぉ。

パイナップルが一緒に盛り付けてあって美味しかったぁ。

 

殻ごとでも食べられる柔らかさ。ま、ゆっくりと殻を取って食べましたが。^^
揚げ物は確かコロッケのような?

この日はもうエビだけでお腹がいっぱい。でもレストラン内に用意されていた料理の写真を撮ったので見てくださいねー。

パエリア、あ これは少し食べました。ほぼ毎日用意されていましたがさすが本場だけあって毎回美味しかったです。エビとムール貝は毎回入っていましたが他の材料は日毎に異なっていました。お米の調理加減が絶妙で殆どの日本人に抵抗ないでしょう。

 

添え野菜

コーン以外はちょっと説明が難しい。(笑)

皮付きポテトのオーブン焼き。

にんにくの茎だと思います。友人の奥さんには不評でした。きっとイタリアでは見ないからでしょう。

小エビと一緒に調理してあったので私は食べましたが。^^

これは何かわからないのでウエイターさんにイタリア語で聞いたら答えられなくてすぐにマネージャーが飛んできて「かぼちゃでございます。」とのこと。

食べてみたらかぼちゃじゃなくてさつまいもでした。しっとりホクホク美味しかったぁ。

以上副菜、添野菜たちです。他にもいくつかありました。

 

サラダ用の素材がたくさん並んでいます。

 

先程のと同じエビがいつもはこんな感じでサラダコーナに用意されています。

 

こちらもサラダ用の材料。タコとイカとムール貝、たまりませんわぁ。(笑)

旅先で野菜がたっぷり取れるのはうれしいですよねぇ。生も煮野菜もふんだんでした。

 

こちらはいろんなソース類。そう言えばぜんぜん使わなかったなぁ。みな美味しかったから。でも少し位味見すればよかったなぁ。

他にも

手羽先❢我々に大好評のメニューでした。翌日パエリアの中に入っていたことも。^^

鮭の料理、我々は食べませんでしたが。

まだまだ撮影できてないのがいっぱい。だって食べることに夢中になってしまって・・・

ゴルフのない日は朝・昼・晩こんな料理をたーくさん食べていたのですっかり太りました。

 

 

 

 

 

たらいま~

幸運にもIBIZAからローマへの便が2時間半遅れとなり、それも前日からそうと分かっていたので4時起きが6時半起きとなり、朝食もホテルのレストランが通常よりも早く開けてくれたので、しっかり朝食もとってホテルをあとにしました。

チェックインに手間取りましたが、そして上空が少し荒れていたので私より前に座っていた方々はスナックのサービスも受けられないままにローマに到着。

私は喉がカラカラだったのでクッキーと一緒にガス入りの水を頂けて幸運でした。

3日目以降の事、後先になりますが写真がたくさんあるのでスマホからの投稿を諦めたのでまたこれから投稿します。

とりあえず無事帰宅したご報告。

Cala Verde

滞在しているのはCala verdeというホテル。

三ツ星と言うことですがシーツを毎日交換してくれて四つ星並み。

今回は白鳥ではなく

これらが出迎えてくれました。

はい、すべてゴルフ用品です。^^

何よりもホテルに着いたら一度しか会ったことがない主催者側の責任者が私の名を呼んで出迎えてくれたことに驚きました。

と、こう書いて今(そうか、私唯一の日本人だものな)と思いましたが、とにかくとても嬉しかったので…

イタリア自動車協会がAlpitourという大きな旅行会社と協賛しているイベントで、ここの滞在中は三食昼寝付きの接待で、昨日から今までに支払ったのは部屋で使うwi fiの20ユーロと、砂浜用の大型バスタオルの借り賃20ユーロ(これは最終日に戻ってきます。私がバスタオルを持ち去らない限り、笑)のみ。

後は食後のお酒類などもすべてフリー。何も考えないで好きなものを自宅にいる感覚で得ることができるのはありがたいです。

本当のリラックスってこういうのじゃないかなぁ。

夕食後9時半からプールサイドでショーが始まりました。

他愛もないコミックですが、少なくともスペイン語イタリア語フランス語英語とドイツ語でやってのける強者どもです。

彼等は昼間はツーリストのためにインフォメーションを与えたりガイドとして同行したり空港に迎えに来てくれたりと八面六臂の活躍ぶりです。

さて、リラックスも今日まで。

明日はコースの下見ラウンド。

あさってから二日間のコンペ。

イタリア中から集まった強豪達の中で私はどこまでやれるのかすでに気負けしています。

 

今日の昼食は同系列の隣のホテルCala Biancaのレストランに行きました。

前日から予約が必要だという事やBiancaの方がワンランク上だと思ってた(これはあくまで私の思い込みで全く同じランクでした。)のに期待はずれ。うちのホテルの方が数倍品揃えが良いです。

ミネラルウォーターだってうちのホテルでは冷やしたのをくれるのにここは室温。

ま、パエリアが美味しかったので許せますが二度と行きません。というか明日からの3日間はラウンドなので昼食も取らないでしょうが。

美味しかったパエリアを撮り忘れ。

IBIZA

先のミニバカンスからまだ10日しか経っていないのに今日24日、IBIZAというスペインの島に来ました。

6月初旬にイタリア自動車協会の主催したコンペで優勝したご褒美です。

これもどうしようか迷いに迷った挙句家族が背中を押してくれたので参加しました。

私はよく知らなかっったのですがIBIZAは知る人ぞ知るリゾート地で一時は時代をリードする音楽の発信地だったそうで中心部にはたくさんのディスコ(最近はこう呼ばないそうですが)があり、今でも有名なディスクジョッキーが集まるお祭りなどがあるそうですが、私達の主たる目的はゴルフですから中心からはバスで40分ほど北の田舎にいます。

うちのゴルフ場からはBrunoさんが奥さんを伴って参加しておられます。

奥様とは初対面でしたがとても感じの良い方ですぐに仲良くなりました。

今回も朝の4時に家を出るという時間帯でしたが、その分昨日の午後はしっかり海水浴ができました。(嬉)

また数日ここからの発信が続きますよぉ。

甘エビィィィ

海水浴は出来なくてもバカンスの楽しみは他にも有ります。

そう!美味しいものを食べる事!

Paoloとぶらぶら歩いていたら新鮮な魚介類の並ぶお店が目に入り、早速覗いてみたら奥はターボラカルダ。

つまり社員食堂のような作りで煮魚、フリットゥーラなどの出来合いのものやカットしたフルーツなどがズラリと並んでいます。

でも、私は入り口の甘エビに釘付け。

”これ、生で食べさせてくれるの?”

”はい、もちろん。”

”やったぁ”

振り向くと生牡蠣もレモンと共に出番待ち、すでにPaoloが手を伸ばしていました。

注文すればパスタも作ってくれるし高級感だけはないものの材料は新鮮だしとっても美味しくて最高の夕食でした。

これはシーフードサラダとなんとちりめんじゃこ!

小魚とイカのフリットゥーラ

正式な名は知らないけれど大きな海老をナスで包んでオーブンレンジで焼いたもの、とってもデリケートなお味でした。Paoloと一人前を半分こにしたけれど次回は二人分取らなくちゃ。

こちらはサケのマリネとカタクチイワシのフライをマリネにしたもの。イタリア風南蛮漬け?

これらをビールで一気に頂きました。どれがアンティパストだのメインディッシュだの関係なくどっとテーブルに並んでいるのですから。

 

おなかは満足度100%

しかもちっとももたれないというかまだ何か食べられるような軽さ。

少し夜の町を散策してジェラート屋さんに足を停めました。

ジェラートの上にPaoloはバーボンウイスキー、私はアマーロというやはり食後酒をかけて頂きました。こういうのをaffogato(溺れた)と呼びます。

こうしていささか残念な始まりのバカンス初日は尻上がりに終わりました。(嬉)

四つ星ホテル

イタリア国内で四つ星ホテルに泊まることはあまりありません。

辺ぴなところが好きな私達だからそんないいホテルが無かったり一日中遊び呆けるのでホテルにはほとんど居ないからそんな所にお金もかけたくないし。。。

でも、今回はロケーションで即決してしまって四つ星ホテルに当たりました。

部屋に入ったらご覧の白鳥と冷蔵庫にはミネラルウォーターとスプマンテが待っていてくれて嬉しかったです。

あと気付いたのはお掃除が行き届いていたこと。特にバスルーム、こちらの水は石灰分が多いので水滴がこびりついていることが多いのですがどこにも見当たらずにピッカピカ。

家でも気を付けていればバスルームをこんな風に保てるのだと反省。

 

さて、もう少しこのホテルの事を紹介するとすれば目の前にPonzaやVentoteneという島々が見え、ホテルのプライベートビーチが半分は砂浜もう半分は岩場になってるので好みに合わせてくつろげるわけです。

泳ぐことが好きな我々は延々と歩かなくてもすぐに泳げるし海から出ても足に砂がまとわりつかない岩場が大好き。自然の岩場だと昇り降りが大変だけどここは途中まで階段もあるしね。まだ泳いでいないので何とも言えないけれどまぁ、こんなところ。

子供のいるような人達には砂浜が断然いいでしょうし両方をかねそなえたところなんてそうそうあるとは思えません。

しかも街の中心にあって夕食場所なども歩いていけるしそれでいて車の音など全く聞こえずただただ波の打ち返す音だけ。

ま、真夏に来ていたらもっと海からも歓声が聞こえてきたかも知れないけれど、いやいやホテルの真ん前は岩場だからきっとそうでもないでしょう。ラケット遊びやビーチバレーだってできないしね(笑)

というわけでもう来年も予約しようかと言っているほど気に入りました。

では、一部の方に心配頂いていたPaoloの今朝の姿を。

“四つ星ホテル” の続きを読む

Che ho fatto di male

Che ho fatto di male?

= 私が何か悪いことした?

Paoloと一緒のバカンスなんて少なくとも2001年以来の事だと云うのにこの天気!

Terracinaという海辺の町の海に迫り出した素敵なホテルにやって来たのに迎えてくれた海はご覧のとおり怒り狂ってる。

すっかり枯れて芝生のなくなってしまったFiuggiのゴルフ場には恵みの雨、でもぉ。。。

ま、明日からはほぼ晴れの予報だし、誰もいない海も捨てたもんじゃないかな?

歓迎用のスプマンテ、私がひとりで飲み干した。😊

何もしたくない日

時々体調に関わりなく?何もしたくない日があります。

何も手につかないというのではなく掃除を始めるのだけれど上辺だけ、気を取り直して庭の掃除を始めてもやっぱり同じ。

洗濯も手洗いのセーターを一枚洗ったらもううんざり。

体調が悪ければそれを口実にするけれど特にどこも痛くはないし、睡眠も十分とったつもり。

何も口実がないのにそソファに寝っ転がってスマホで遊んでるだけの自分が恥ずかしいし、これではいけないと思うのだけれどエンジンが掛からない。

美味しいものでも食べて気分転換?

それが今日に限って絶食しようと決めたのよねぇ。

友人から送られてきたポーランドでのラウンド中の写真を見てゲゲゲのゲっ

こんなに太いとは思っていなかった。

こんな日はゴルフに行けばよかったのにそれさえももうひと押しの力が出なくて・・・

あーあ、開き直ってお昼寝でもするか。